当ブログ読者からよくいただく台湾移住の質問と回答(6つ)

当ブログ読者からよくいただく台湾移住の質問と回答(6つ)

当ブログ読者からよくいただく台湾移住の質問と回答(6つ)

どうも〜、ゴダです。

最近台湾移住に関する相談のメールをよくいただきます。

まあこういうブログを書いてるから当然なんですけどね(笑)

でもメールをいただくということはブログで解決できてない疑問がまだあるということですよね。

だからこのままではいけないと思い、今回は読者さんからよくいただく質問とその回答をまとめました。

台湾移住の参考にしていただければ嬉しいです(^ ^)

スポンサーリンク

読者からよくいただく質問集

質問①:中国語ができなくても台湾就職できますか?

わたしの回答:

できることはできますが日本語講師くらいしか選択肢がないです。

また、仮に運良く仕事が見つかったとしても途中で言葉の壁にぶちあたり結局は留学がしたくなります。

だからできれば就職する前に1年程度の語学留学をした方がいいでしょう。

これは台湾の法律で規定されている月収47,971元がもらえる外国人雇用を狙っている人からよくいただく質問です。

そして私はこの質問には「まずは1年くらい中国語留学をしましょう」と答えています。

というのも、わたしはこれまで中国語力が足りなくて最終的に仕事を辞めて語学留学を始めたり、仕事をしながら語学学校に通って苦労している人を何人か見てきたから。

Webのスキルのような手に職があるなら中国語ができなくてもなんとかなりますが、普通の文系人間なら中国語は絶対にできた方がいいです。

だって文系職って基本はコミュニケーション力で勝負しますからね・・・。

言葉が通じないのにコミュニケーションもクソもないじゃないですか・・・。

質問②:移住前にできるだけ中国語力を上げたいのですが、勉強法や気をつけることはありますか?

わたしの回答:

まずは正確な発音を身につけることに集中しましょう。そのためにはネイティブのサポートが必要なため、できれば台湾人講師の授業を週1回は受けましょう。

単語や文法の暗記は授業外でもできるので、ネイティブとの授業の際はずっと中国語で会話している状態が理想です。暗記は自宅で行い、授業中は全て会話と矯正に時間を費やしましょう。

中国語は発音の正確性が求められる言語です。

英語はカタカナ読みでもたま〜に通じますが中国語でそれをやると全く通じません。

間違ってもカタカナ読みのままで自習を進めないようにしましょう。

変な癖がついてしまったら発音矯正するのに苦労しますよ。

また教材のCDやYouTubeでネイティブの発音に触れるのはいい方法ですが、それでも舌の位置や口の形をマスターしきれないと思います。

だから最終的にはやっぱりネイティブの先生(または中国語が上手な日本人)にお願いし、発音をしっかり身につけるべきです。

日本人はカタカナで外国語を表記するのが好きですし、義務教育の英語の授業でも発音をないがしろにしてきました。

しかし、海外に出ると「発音ってめっちゃ重要やん!むしろ発音さえキレイだったら単語だけでも会話できるんじゃね?」ということに気づきます。

だからまずはネイティブの先生と一緒に発音をマスターしましょう。

ではその次はどうすればいいか?

単語や文法は授業外の時間に自分で暗記し、授業のときに実際に使うことを心がけましょう。

そして発音や使い方が間違ってたらその都度訂正してもらうようにする。

つまり、暗記のような一人でできることは一人でし、発音矯正や疑問点の質問のようなネイティブがいないとできないことは授業の際に集中して行う。

これが日本で中国語のクラスを受ける際の、効果的な上達法です。

参考記事:台湾華語(中国語)の勉強に最適な教材4選。オススメの教科書はコレ!

参考記事:【台湾師範大学のプロ講師が教える】オンライン台湾華語教室生徒募集中
→宣伝になってしまいますが、私もオンライン台湾華語学校を運営しています。台湾師範大学のプロ講師のサポートで、中国語力のアップを保証します。

質問③:台湾での生活費っていくらかかるんですか?ネットにある情報が全部違うので混乱しています。

わたしの回答:

これは人によって生活水準が違うので様々な情報があふれているのでしょう。

また、台湾はここ10年でかなり物価が上がっており、中には何年も前の情報もあるため、めっちゃ低い物価が載っている記事もありますね。笑

現在は、一人で質素に生活するなら、台北だと3万元、その他の都市だと2万5千元あれば十分です。

こればかりは人によって収入・住んでる場所・お金の使い方が違うのでなんとも言えませんが、参考までにわたしの生活費を公開しておきますw

<ゴダの生活費(1ヶ月)>

家賃:7000元(嫁と半分半分。全体の家賃は14000元。)

光熱費:500元(嫁と半分半分。)

通信費:800元(スマホ)

食費:5000元(自炊中心)

雑費:2000元(書籍、交際費など)

合計:15300元(日本円で約56000円)

※新北市永和区在住/嫁と二人暮らし/酒・タバコなし

わたしは嫁と二人暮らししているので皆様の参考になるかは分かりません。

でも一人暮らしでもこれにプラス5000〜7000元くらいに収まるのではないでしょうか?(合計で20000元〜22000元くらい)

ちなみにわたしの生活はかなり質素ですが、仕事と語学と海外生活が趣味なので、こんなんでも生きてて普通に楽しいです。

しかも物欲もほぼないしお金を使うところが本当にないw(時々ガジェットは欲しいですが)

好きなことを仕事にしてるとストレス発散する必要がないので、自然と生活費が下がっていきます。

質問④:中国語留学後にそのまま台湾で就職しようと考えていますが、いい仕事はちゃんと見つかるのでしょうか?

わたしの回答:

台湾にはブラック企業が多く、いい仕事が見つかるとは限りません。

ただ、台湾は年齢制限や職歴制限がほぼなく転職しやすい社会なので、普段から勉強したり人脈を強化していると、いつか必ずチャンスがやってきます。

だから一回の就職で全てが決まると考えずに、ステップアップしていくものだと捉えましょう。

日本だとまだまだ一箇所で長く仕事をするのが一般的ですが、台湾は違います。

台湾では経験やスキルを磨いてどんどんステップアップしていくのが普通です。

だから最初の就職で全てが決まると考えずに、スキルを磨いたり人脈を広げながらチャンスをうかがいましょう。

具体的には、スキルを身につけるための勉強をしながら常に104などの転職サイトをチェックし、台湾人の友達も増やす(=人脈を増やす)といった具合です。

実際わたしが働いていた台湾企業にもそういう日本人がたくさんいましたよ。

わたしの前の会社は法定給与(47,971元)が保証されてて残業代までもらえるホワイト企業だったんですが、ブラック企業から転職してきた日本人がたくさんといて、みんな転職に成功している感じでした。

つまり、「ブラック企業に入ってしまったら台湾移住が台無しになる!」と考えずに、「ブラック企業に入ってもOK。とりあえずはビザをもらいつつ台湾に住み、常に転職の機会をうかがう」くらいでちょうどいいです。

そういうつもりで生きてると、数年以内にいい会社に入れると思います。

質問⑤:台湾でいい仕事が見つかったとしても老後の生活が心配です。台湾で年金に加入できますか?

わたしの回答:

できます。

外国人でも永住者になれば台湾の年金に加入することができます。

また、永住者じゃなくても、日本の年金に加入し続けるという選択肢はあります。

台湾で5年働けば永住許可がもらえ、外国人でも台湾の年金に加入できるようになります。

だから長期で台湾に住む予定の人はこれを狙うのもアリでしょう。

また台湾に住んでいても日本の年金を払い続けることはできます。

だから特に永住権するつもりのない人は日本の年金でオッケーですね!

それから、中には自分で資産運用の勉強をしている人もいます。

「資産運用」というとリスクのある取引を思い浮かべる人も多いでしょうが、実際はリスク少な目で堅実に価値が上がっていく金融商品もあるんです。

例えば最近でいうとウェルスナビが人気ですよね。

これは過去のデータを利用してAI(人工知能)があなたの資産を運用してくれるもので、人間に比べて判断ミスが少ないと言われています。

ただ、短期で結果が出るようなものではなく、5年、10年、15年単位で投資していくものなので、かなり永住者向きです。(もちろん、永住者じゃなくても長期投資の意義は大いにありますが)

かくゆうわたしもウェルスナビで投資をしています!

ウェルスナビの人工知能によると、460万円が70%の確率で30年後に898万円になるのだとか。

興味がある方は一度ホームページをのぞいてみてください、オススメです(^ ^)

ウェルスナビ

質問⑥:台湾人と結婚し、台湾に住むことになりました。家庭に入るためまずは家事や中国語の学習に専念したいですが、片手間でできるバイトや副業はありますでしょうか?

わたしの回答:

あります。

個人的には、個人間での日本語教師かアフィリエイトがオススメです。

日本語学校に就職するとフルタイムで働く必要がありますが、個人間で日本語を教えるのであれば週1時間からでも可能です。

特にオススメはネット上での授業。

今はPreplyなどのサイトで日本語を勉強したい外国人が探せるので便利です。

あとアフィリエイトも便利ですが、やっぱり知識と経験がないと大変です。

稼げるようになるまでに半年以上はかかるので、すぐに儲けたい人にはオススメできないんですよね。

それでもアフィリエイトは収益が累積されていくので、頑張れば頑張ったぶんだけ後から楽になります。(二次曲線的な)

だから1年目はそこまで儲からなくても、数年後には毎月30万円が入ってくることも全然あり得ます。

長期スパンで考えれる人はアフィリエイトもありですよ。

本気でアフィリエイトをやるならワードプレスで始めよう

本気でアフィリエイトをやるならワードプレスというブログソフトで始めましょう。

わたしはワードプレスを使う前と後ではアクセスの伸びが2倍くらい違ってます。

なお、ワードプレスでアフィリエイトを始めるならまずはサーバーを契約しなければなりません。

ロリポップ!でサーバーを契約するならスタンダードプランで年間6000円です。ドメインと合わせても1万円は超えないでしょう。

また、wpXレンタルサーバーでサーバーを契約するなら初年度17000円、次年度から12000円です。やや高いけど日本最高の安定感です。

なお、デイリーで500〜1000PVくらいいけばこのくらいの金額はすぐに稼げます。うまい人なら3ヶ月くらいで達成できちゃいますよ。

スポンサーリンク

最後に

移住となると生活費の計算から老後のことまで様々なことを考えないといけません。

つまり超ロングスパンでの人生設計が必要というわけです。

うまく47971元もらえる仕事が見つかれば当面の生活は安定しますが、

でも台湾のサラリーマンは、

基本的に長時間労働だし、

いつクビになるか分からないし、

そもそも会社や部門がなくなるかもしれないし、

てゆうか冷静に考えて47,971元なんて日本円でたったの18万円だし、

そんなにいい身分でもないかと。

というわけで個人的には、

最初は47,971元の仕事にありついて台湾での生活の基盤を整えつつ、

仕事しながら語学力やプログラミングなどのスキルを磨き、

密かに副業をやって小遣いを稼ぎ、

最後は起業!(もしくは投資家?)

というのが一番いいパターンかと思います。

コチラから直接ご相談いただけます。↓↓

参考記事:【保存版】台湾移住11の方法 & 移住に必要な予算まとめ

参考記事:【保存版】台湾で仕事探しする方法・台湾就職で知っておきたい9の事

参考記事:台湾移住に失敗するタイプとは?台湾就職のデメリット6選

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー

コメント

  1. 伊藤 より:

    私も永和区の居酒屋深夜食堂の近くに住んでいますよ。

    • ブロガーゴダ より:

      伊藤さま

      留学生ですか?お仕事ですか?
      この辺は交通の便がいいですよね(^ ^)

  2. 伊藤 より:

    嫁が台湾人でこちらに住んでいます。
    ゴダさんは永和区のどちらでお住まいですか?

    • ブロガーゴダ より:

      伊藤さん

      あ、同じですね。私の嫁も台湾人です。
      今は頂溪に住んでいますよ!でももうすぐ引っ越すんですけどね(^ ^)