スポンサーリンク

ブログ200記事達成!アクセス(PV)&アフィリエイト収入の報告と、ブログに対する考え方の変化

Goda Labo,200 articles

Goda Labo,200 articles

当記事でちょうど200記事になる。

人によっては200記事なんて半年程度で到達できるかもしれないが、

わたしはなんと1年9ヶ月もかかってしまった(笑)

これだけ時間がかかった理由は、

①ネタがそんなにないから

②書くのが遅いから

③1記事1記事を丁寧に書いてるから

④過去記事を削除してるから

に他ならないが、

それにしてもかなりゆっくりなスピードだと思う。

それでも200記事を更新して以下のことを達成することができた。

①安定して毎日2500PV〜3000PV

②家賃とスマホ代と飲み代を払えるくらいのアフィリ月収

自分としては楽しみながらこれだけの収入が得られてるんだから、

時間対効果は低いかもしれないけどわりと満足している。

(時給に換算すると500円もいかないので良い子はマネしちゃダメ!笑)

と、これだけだとただの自慢話になってしまうので、

200記事に到達するまでに工夫したことをまとめたい。

スポンサーリンク

意識して自分の生活に変化をつけるようにした

100記事をこえるとブログのネタを探すのが大変になってくる。

だからそのうちメシのことくらいしか書くことがなくなってきて、

だんだんグルメブログみたいになってしまう(笑)

わたしは別にグルメブログを否定しているわけではないが、

できるならオリジナリティのあるブログにしたい。

では、どうすればブログのネタが見つかるのか?

その答えは簡単で、自分の生活に変化をつければいいのだ。

だが、だからといって大それたことをやる必要もない。

新しいものを買ってみるとか、

いつもと違う場所に旅行してみるとか、

転職サイトに登録してみるとか、

そういうちょっとした変化で全然オッケー。

実際わたしも今年は全然大したことはやらなかったけど、

身の回りに起きたことを日記形式でつづってきた。

<参考記事>

【深夜のゲイバー・乱交状態】台北西門町の「HUNT」に潜入!

日本一のスラム「大阪西成あいりん地区」潜入ルポ。治安や格安ホテルも紹介

中国で働く人にインタビュー!中国現地企業への転職・就職について

海外で日本語教師になるには?香港の日本語学校に突撃インタビュー!

これらはいずれも、普段と違うことをしてみて、それを記録したにすぎない。

それでもオリジナリティは十分出るし、面白いといってくれる読者さんも出てくる。

だからネタとしてはこの程度で全然オッケー。

でも、ブログに特色を出そうとして、他人をディスったり下品なマネをするのはオススメできない。

自分からネタを作りにいく彼らの姿勢にはもちろん賛成。

だけど人を傷つけたり低俗なことをやらなくても人気ブログは作れると思う・・・。

スポンサーリンク

マネタイズは記事公開後しばらく経ってからするようにした

世の中にはアフィリエイトの才能に恵まれた人がいる。

つまり、「売りたい」という商品がまずあって、その宣伝文を書き、ちゃんと収益にできる人のことだ。

実はわたしも不器用ながらそのような記事を書いたことが何度かあるが、結果的に全く収益にならなかった(笑)

それもそのはずで、わたしの場合は最初に商品ありきだと文章に心がこもらないから。

また、実際に購入したことがない商品について書くなんてもってのほか。

文章に全然心がこもらず、宣伝文として全く魅力がなくなってしまう。

結果、モノが全然売れないのだ。

だから途中でわたしは作戦を変えた。

つまり、まずはしっかりと書けるテーマで文章を書き、

後日その記事で紹介できそうな商品の広告があれば貼るというスタイルに変更したのだ。

これを心がけるようになってから、記事中で紹介した商品がちょっとずつ売れるようになってきた。

やはり実体験を盛り込むと魅力が伝わるし、読者さんに使ってみたいと思ってもらえるのだろう。

この「まずはちゃんと文章を書いて、後から紹介できそうな広告を探す」という方法は、一見遠回りだが結果的に一番の近道になる。

現状でなかなか売り上げが伸びていない人はぜひこの方法を試してみてほしい。

アクセスと収入のことを少しだけ忘れるようにした

今回は収入やアクセスを上げるための記事なので、

「アクセスと収入のことを忘れろ」というのは記事のテーマとやや矛盾するかもしれない。

でも思い出してほしい。

この記事の冒頭にも書いたが、わたしのブログ収入は時給500円もいかないくらい。

これはわたしに才能がないわけではなく一般的なブロガーならこんなものなのだ。

つまり、ブログで稼ぐことはそんなに簡単なことではなく、

収入やアクセス以外の楽しみがないと、だんだんブログ運営が辛くなってきてしまう。

だからアクセスや収益以外の楽しみはマジで重要。

そして、収入やアクセス以外の楽しみというのは確実に存在するのだ。

私の場合、例えば以下のようなものがアクセスや収益以外の楽しみと言える。

①仕事の依頼がくる

ブログをやっていると、ときどき企業から取材やレビューの依頼がくることがある。

「取材」というと堅苦しいが、実際はその会社の商品を体験して感想文を書いているだけだ。

だから企業の取材や商品レビューはやっていてけっこう楽しい。

具体的には、過去に以下のような記事を書いている。

台湾旅行の交通費・入場料を最大60%OFFできる「北北基好玩卡(北北基おもしろカード)」

【理想的な英語学習サイトVoiceTube】新しいandroidアプリのレビュー

経験豊富なネイティブ講師多数。オンライン英会話「Mainichi Eikaiwa」のレビュー

これらは全て企業からお金を出してもらい、体験させてもらったサービスだ。

無料でサービスを受けて、その上ブログのネタになる。

なんて最高なんだろうと思う。

もちろん、ブログをやってなかったらこれらの企画は実現しなかった。

こうした企画はブログ運営のささやかな楽しみの一つだと言える。

②人との出会いがある

ブログを通して読者さんから連絡をいただくこともある。

こうした出会いはもちろん記事にはしないんだけど、毎月ブログ経由でなんかしらの出会いがある。

人との出会いはお金に変えられない価値があるので、個人的には最も楽しみにしていることの一つだ。

でもやっぱり収入があった方が数倍楽しい

とはいえ最終的にはやっぱり収入とアクセスは欲しい。

だから上の二つはモチベーションを高めるスパイスにすぎない。

もちろん、完全に趣味でブログをやってる人は別だけど、

収益も増やしていかないと最終的にはブログは長くは続かないだろう。

最後に 〜なんのためにブログ書いてるの?〜

どんな仕事をやっていてもそうなんだけど、

何年か続けていると、

「俺はなんのためにこの仕事をやっているんだろう?」

と思うことがある。

これは安定した仕事をしていても、稼げる仕事をしていても同じだ。

だからこそ世の中には安定した職を捨てて危ない道を渡ったり、

チャレンジ性の高い仕事を選ぶ人がいるのだろう。

そして、ブログもこれと全く同じで、

運営しているうちに

「自分はなんでこれをやってるんだろう?」

と思うことがある。

しかし、そんな時に金以外のモチベーションがあると細く長く続けられる。

そして、細く長く続けられる人だけが、最終的に頭一つ抜けることができるのだ。

アフィリエイトを始めよう

①アフィリエイト国内最大手。選べる広告の数が多く、どんな分野のブログを書いてても広告が見つかります。:A8.net

②業界でも2番手、3番手の規模を誇る。A8.netになかった広告が見つかるかもしれません。:バリューコマース

ワードプレスでブログを始めよう

①初心者向けのワードプレスブログ運営ならココ:ロリポップレンタルサーバー

②高性能のサーバーで安定感のあるブログ運営をするならココ:wpXレンタルサーバー

関連記事:アフィリエイト月収1万円達成!ブログ100記事と収益の関係はない

関連記事:ブログ月10万PV達成!世間で言われるアクセスアップ法って本当?

関連記事:文章力を磨くおすすめ本5冊。ブログや記事の書き方の基本・コツ