スポンサーリンク

海外で日本語教師になるには?香港の日本語学校に突撃インタビュー!

大和日語教室

こんにちは、ゴダです。

4月末に5泊6日の香港旅行をしてきました。

今回の旅行ではたくさんの香港人の友達と会ったのですが、中でも特に印象的だったのはエヴァ(Ava)という友人です。

彼女は数ヶ月前モンコックに「大和日語教室」という日本語教室を設立し、早くも60名以上の生徒がいると聞いていました。

それで今回は「これは訪問しなければならない!」という謎のブロガー魂に火がついてしまったため、エヴァの日本語学校を突撃訪問してまいりました。

※「大和日語教室」の詳細は当記事の一番下にあります。

この文章を読んでほしい人

→海外で日本語教師がしたい人

→香港の生活に興味がある人

スポンサーリンク

エヴァの日本語教室を突撃訪問!

モンコック(旺角)

モンコック(旺角)

エヴァが開いた日本語学校「大和日語教室」は地図中の矢印が示す「モンコック(旺角)」という場所にあります。

これは東京でいうと新宿とか渋谷みたいな場所ですので、ものすごく好立地であることが分かります。

ジェイソンくんと訪問

ジェイソンくんと訪問

香港人の友人・ジェイソンくんと一緒に訪問しました。

モンコックのとあるビルの一角に、エヴァの日本語学校はありました。

エヴァ先生

エヴァ先生

ーお久しぶりです、エヴァさん。そして、日本語学校うまくいってるみたいですねぇ! 

はい、開設からもう2ヶ月が経ちました。

ーもう60名くらい生徒さんがいるんですよね?すっごいですね!

すごいかは分かりませんが、なんとか頑張ってます!

こんな感じで最初は他愛もない話をしていた私たち。

せっかくだから日本語教師の仕事についていろいろ質問をしてみました。

スポンサーリンク

日本語教師の仕事についてエヴァ先生に質問

日本語学校を始めた理由

ーなんで日本語教室を開設しようと思ったんですか?
わたしはこれまでずっと日本語を使って仕事してきました。そして、日本語ができると香港では仕事を見つけやすいことを身をもって感じたため、香港人の日本語力を高めることができたらと思い、日本語学校を始めました。

この仕事の楽しいところ

ー日本語を教えるってどうですか?楽しいですか?
もちろん楽しいですよ!特に、日本語と広東語の文法の違いについて考えて、うまく生徒に解説できたときは達成感があります。例えば、「ここで書く」と「ここに書く」の広東語訳はすごい似てるんだけど、普段こういうことってあまり考えないから、こういう微妙な文法の問題について考えてる時はすごく楽しいし、生徒にうまく理解してもらえた時はやりがいを感じますね。

この仕事の辛いところ・大変なところ

ーこの仕事をやってて辛いと感じることってあります?
もちろんあります。例えばずっと頑張ってきた生徒が日本語検定に受からなかったときはすごく残念ですね。仕事してるといろいろ辛いことがあるけど、多分これが一番辛いことじゃないかな。自分の教え方が間違ってたんじゃないかと反省するし。

日本語教師になるには?条件は?

ー日本語教師になるにはどんなことに気をつけるべきですか?必要な素質や条件ってありますか? 
常に生徒の気持ちになって考えることが大切だと思います。普段から「生徒が何につまずいているか」「どうして難しいと思っているのか」について考えてないと、質問されたときにうまく回答できないです。
ーうわー、これは本当に同意です。僕も中国語を教えているので勉強になります。
それと「なんでこんな簡単なこと分からないんだろう?」という考え方をしちゃったら教える方もそこで進歩が止まっちゃうと思います。生徒がぶつかっている問題について理解しようとする姿勢が必要です。

どんな日本人教師を採用したいか

ー日本人教師を採用するとしたら、どういう人に来てほしいですか?また、どんな日本人が香港の環境に合ってると思いますか?
今は日本人の募集はしていないんですけど、採用するとしたら香港人の性格を理解していて、学生のミスを指摘できる人に来てもらいたいですね。
ー「香港人の性格」とは?
香港人はどっちかっていうと友達みたいに気軽に話せる先生を好む傾向にあります。また、練習ばかりじゃなくてフリートークが多い授業の方が好きな人が多いですね。だから香港人のこういう性格を理解して授業を進められる先生の方が向いてますね。
ー「学生のミスを指摘できる」とは?
生徒の文法ミスをあまり指摘しない日本人教師って多いんですよ。「通じればそれでいい」みたいな感じで会話が進んじゃうと、生徒はずっと間違った文法のままでいっちゃうんですよね。先生である以上、ミスの度に指摘するべきだと思います。
ーそうなんですか。
はい。もちろん香港人の日本語教師にもそういう人はいるんですけどね。
モンコックでお食事

モンコックでお食事

突撃訪問した後はモンコックでお食事をしました。

エヴァ先生によると、生徒さんは日本旅行がきっかけで日本を好きになり、日本語を勉強し始めた人が多いんだとか。

日本から遠く離れた香港の地にこんなにもたくさんの日本語学習者がいる。

驚きつつも嬉しく感じたゴダなのでした。

日本語教師になるには?

日本語教師になるには特に資格は必要ないようです。

ですので面接にさえ受かれば、誰でも日本語教師になることができます。

しかし中には以下の条件を提示している求人もあります。

①日本語教師養成講座420時間コース 修了者
②日本語教育検定試験 合格者
③大学日本語教育課程、主・副専攻修了者

これらは日本語教育の専門知識を有していることを証明できる資格です。

法律的には資格がなくても日本語教師になることはできます。

でも、実際は資格保有を条件に掲げている求人は多いんです。

一般的にはヒューマンアカデミーなどの通信教育を受けて、これらの資格を取る人が多いようですね。

「大和日語教室」詳細

Tel/Whatsapp:96884963

Facebook:Yamato日語教室

Instagram:yamato_jap

所在地:九龍太子道西160號 華邦商業中心9樓02室

ホームページ:https://www.yamatojap.com