スポンサーリンク

台湾向けアフィリエイトの方法。現地ASP登録やサイト設計について

台湾向けアフィリエイトの方法。現地ASP登録やサイト設計について

台湾向けアフィリエイトの方法。現地ASP登録やサイト設計について

どうも〜、台湾在住のゴダです。

ここでは台湾向けアフィリエイトの方法を解説しています。

具体的には、

  • 必要な中国語力
  • サイト設計
  • キーワードの選定方法
  • 台湾のアフィリエイトASP

についてまとめました。

どうぞ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

台湾向けアフィリエイトに必要な「中国語力」

結論からいうと、台湾向けアフィリエイトで必要な中国語力はビジネスレベル以上です。

というか語学力は高ければ高い方がいいので、本当はネイティブレベルあったほうがいいです。

文法や単語のミスがあると読者からの信頼度が一気に下がります。

文法ミスが目立つとGoogleからの評価も落ち、スパム認定される可能性があります。

(機械翻訳はもってのほかです!)

また、購買意欲をかきたてる高度な文章を書く必要もあります。

だから、あなたが台湾で育った半分ネイティブみたいな日本人でないかぎり、最後は台湾人に推敲してもらうべきです。

なお、最初から台湾人ライターを雇うのもアリです。

まあ、ライターを雇ってもキーワード選定やサイト設計は自分でする必要があるんですけどね・・・。

いずれせよ、それなりに中国語(最低でもビジネスレベルは)ができないとキツイんです。

スポンサーリンク

台湾向けアフィリエイトに必要な「サイト設計」5つ

設計①:日本語と中国語ごちゃ混ぜの記事を書かない

1つの記事に日本語と外国語訳を記載したり、1つのサイトに日本語と外国語の記事を掲載するのはやめましょう。

外国語が得意な人は外国語でもブログを書きたいので、1つの記事に外国語訳を記載しがちです。

でもそれはSEO的に不利なようなんですよね。

外国語で記事を書きたい場合は、別サイトに分けたほうがいいです。

設計②:日本語サイトの海外版を作る場合は、サブディレクトリで新サイトを作る

「サブディレクトリ」とは、ドメインを分割して作ったサブURLのことを言います。

具体的には、

メインドメイン → https://abc.com/

サブディレクトリ → https://abc.com/tw

のように、元のドメインの語尾に文字を追加することで、元のドメインと分けてもう一つサイトを作ることができます。

サブディレクトリの設定はやや面倒ですが、この方法を採用するとSEO的に不利になることはないようです。

つまり、元のサイトは日本の検索結果に表示され、サブディレクトリのサイトは外国の検索結果に表示されるようになるということです。

実際、いろんな企業のサイトを見ていると、外国語サイトをサブディレクトリで作ってる企業が多いです。

※サブディレクトリの作り方はコチラ → 複数サイト運用方法(サブディレクトリ型)

設計③:日本語サイトがない場合は、国コード別のドメインを取得する(必須ではない)

上で述べたように、最初に日本語サイトがあって、その翻訳バージョンとして中国語サイトを開設する場合は、サブディレクトリで分けるのがオススメです。

<例>

メインドメイン → https://abc.com/

サブディレクトリ → https://abc.com/tw

ただし、最初から日本語サイトがなく、いきなり中国語サイトを開設する場合は、国コード別のドメインを取得することをオススメします。

<例>

国コード別のドメイン → https://abn.tw/

「国コード別のドメイン」とは、日本だったら「.jp」、台湾だったら「.tw」のようなドメインを指します。

SEO的には国コード別ドメインを取得したほうが検索結果に表示されやすくなるようです。

設計④:メタタグの書き換え

headタグ内の「html lang=”ja”」を「html lang=”zh-Hant-TW”」とします。

また、対応する日本語サイトがある場合は、同じくheadタグに以下を追加します。

<link rel=”alternate” href=”中国語ページのURL” hreflang=”zh-Hant-TW” />
<link rel=”alternate” href=”対応する日本語ページのURL” hreflang=”ja”/>

※大陸や香港向けのサイトを構築したい場合:【網頁教學】HTML5的lang要設成zh-TW或zh-Hant?

設計⑤:サーチコンソールの地域を「台湾」にする

皆さんは「グーグルサーチコンソール」というサイトをご存知ですか?

これは運用サイトをグーグルに登録することができるSEO対策用のサイトです。

このサイト上でグーグルで検索表示される地域を「台湾」に設定し、中国語の検索結果に表示されるようにします。

地域を台湾に変更しておく

地域を台湾に変更しておく

「検索トラフィック」→「インターナショナルターゲティング」→「国」と進み、「ターゲットユーザーの地域」を台湾に変更します。

台湾向けアフィリエイトに必要な「キーワード選定方法」

皆さんは普段どうやってキーワードを選定していますか?

キーワードの選定方法はたくさんありますが、私は「キーワードプランナー」を使っています。

一つのワードを入力すると検索ボリュームと関連ワードが表示されるから気に入ってるんですよね。

というわけでここでは「キーワードプランナー」の台湾向けの設定方法をお教えします。

キーワードプランナーの操作①:画面を開く

キーワードプランナーの最初の画面

キーワードプランナーの最初の画面

まず、キーワードプランナーの画面を開きます。

最初は青枠の部分が「地域:日本 言語:日本」となっているので、ここを変更します。

キーワードプランナーの操作②:地域を変更する

「地域:日本」をクリックすると、日本地図が表示される

「地域:日本」をクリックすると、日本地図が表示される

「地域:日本」をクリックすると、青色で塗られた日本地図がポップアップで表示されます。

これは「現在、日本で検索されているワードを調べる設定になってますよ」という意味です。

「台湾」と入力し、「台湾」を選択する

「台湾」と入力し、「台湾」を選択する

「ターゲットにする地域を入力してください」と書かれた検索欄があります。

そこに「台湾」と入力し「台湾」を選択してください。

他にも似たようなワードが出てきますが、一番上の「台湾」を選んでおけばOKです。

「日本」の横にある「×」をクリックし、「保存」を押す

「日本」の横にある「×」をクリックし、「保存」を押す

次に「日本」の横にある「×」をクリックし、「保存」を押して完成です。

これで無事に地域が台湾に変更されました。

キーワードプランナーの操作③:言語を変更する

言語を変更しよう!

言語を変更しよう!

最後に「言語:日本語」を「言語:中国語(繁体)」に変更します。

方法はものすごく簡単で、「言語:日本語」をクリックし、候補の中から「中国語(繁体)」を選ぶだけです。

言語を「中国語(繁体)」にすることができた

言語を「中国語(繁体)」にすることができた

このとおり地域も言語も台湾仕様にすることができました。

あとは中国語を「キーワード候補」に入力し、調べていくだけです。

台湾のアフィリエイトASP

さて、これで下準備はほぼ完了しました。

最後に台湾のアフィリエイトASPに登録して、広告を取得できるようにしましょう!

台湾のアフィリエイトASP①:グーグルアドセンス

日本でもおなじみのアドセンスは、もちろん台湾向けの中国語サイトにも貼ることができます。

厳密にはアドセンスはASPではないですが、広告収益を受け取ることができるので、ここで紹介させていただきました。

台湾のアフィリエイトASP②:聯盟網

台湾のアフィリエイトASP②:聯盟網

台湾のアフィリエイトASP②:聯盟網

聯盟網のトップページ

聯盟網の無料登録ページ

2019年3月時点で412の商品があり、審査後に広告リンクを貼ることができます。

Paypalの決済システムを使用してるため、収益は海外の口座へも振り込まれます。

わたしも実際に登録してポチポチいじってみました!

取り扱ってる商品は台湾で利用できるものばかりで、中国語サイトにぴったりの内容ばかりでした。

具体的には、

・某クレジットカード

→カードを作って300元の買い物をすると420元のフィー

・某コスメ系EC

→購入額の5.5%

・某ホテル予約サイト

→宿泊額の2.8%

・某マッチング/出会いサイト

→登録で95元

・某オンライン英語学習サイト

→登録で350元

みたいな感じでした。

無料で登録できるので、皆さんもぜひ確認してみてくださいね。

台湾のアフィリエイトASP③:iChannels(通路王)

台湾のアフィリエイトASP③:iChannels(通路王)

台湾のアフィリエイトASP③:iChannels(通路王)

iChannels(通路王)のトップページ

iChannels(通路王)の無料登録ページ

iChannels(通路王)は物販系に強いアフィリエイトASPです。

洋服、布団、靴などをはじめとし、ドローンやスマホなんかも扱っています。

逆に、英会話、出会い系、クレカみたいなサービス系アフィリは強くない印象です。

(パッと見ありませんでした。)

こちらも登録無料なので是非気軽に登録してみてください。

台湾のアフィリエイトASP④:PChome 分紅網

台湾のアフィリエイトASP④:PChome 分紅網

台湾のアフィリエイトASP④:PChome 分紅網

PChomeのトップページ

PChome 分紅網の無料登録ページ

PChomeは日本でいう楽天やアマゾンのような会社です。

パソコン機器や日用品を気軽に買うことができ、1日ほどで届けてくれます。

台湾ではPChomeが強すぎて、アマゾンがあまり浸透していません。

というわけで、台湾ではアマゾンアソシエイトの代わりにPChome 分紅網を利用することになります。

PChome 分紅網に登録することで、ほとんどの商品をサイトで売ることができるようになりますよ。

台湾のアフィリエイトASP⑤:博客來

台湾のアフィリエイトASP⑤:博客來

台湾のアフィリエイトASP⑤:博客來

博客來のトップページ

博客來の無料登録ページ

博客來はもともと書籍の販売からスタートしたECサイトです。

現在は本以外に日用品も多く取り扱っています。

アフィリエイターの収益は、売り上げの2〜4%ほどとなっています。

台湾のアフィリエイトASP⑥:Yahoo!奇摩

台湾のアフィリエイトASP⑥:Yahoo!奇摩

台湾のアフィリエイトASP⑥:Yahoo!奇摩

Yahoo!奇摩のトップページ

Yahoo!奇摩の無料登録ページ

台湾Yahoo!が運営するショッピングモールのアフィリエイトになります。

有名サイトなので取り扱える商品は非常に多いです。

ただし台湾人の身分証明書の提出が求められます。

つまり、日本人は登録できないというわけです。

台湾のアフィリエイトASP⑦:遠旭

台湾のアフィリエイトASP⑦:遠旭

台湾のアフィリエイトASP⑦:遠旭

遠旭のトップページ

遠旭の無料登録ページ

日本企業の商品を多く取り扱っているASP。

日本に関する記事を書く人にとっては利用しやすいASPかもしれません。

ただ、サイトのデザインがちょっとダサいです。笑

番外編/香港:chineseAN.com(中岸廣告聯盟)

台湾のアフィリエイトASP⑧:chineseAN.com(中岸廣告聯盟)

番外編・香港:chineseAN.com(中岸廣告聯盟)

chineseAN.comのトップページ

chineseAN.comの無料登録ページ

こちらは香港のASP会社になります。

「あれ?台湾と関係なくね?」と感じるでしょうが、繁体字中国語は香港でも使われています。

繁体字中国語のサイトは香港人にも読まれる可能性があるので、香港人向けの記事には香港の広告も貼っておくと、収益が発生するかもしれません。

「台湾向けアフィリエイトの方法」まとめ

①必要な中国語力

中国語ビジネスレベルあっても、必ず台湾人に推敲してもらおう。

または、最初から台湾人ライターを雇うのも手だろう。

②サイト設計

ドメインやサーチコンソールの設定は最初にしっかり済ませておこう。

③キーワードの選定方法

キーワードプランナーの地域と言語を台湾仕様に変えておこう。

④台湾のアフィリエイトASP

会社数・案件数ともに少ないが、逆に言えばそれだけライバルも少ないということ。

しっかりやれば稼げるような気がするので、わたしも頑張ります・・・!