スポンサーリンク

香港の南蓮園池は金閣寺のパクリ?いえ、金閣寺が唐をパクったんです

南蓮園池にある金閣寺のような建築

南蓮園池にある金閣寺のような建築

どうも〜、ゴダです。

今回は香港にある唐代をモチーフにした仏教施設「南蓮園池」をご紹介します。

結論、唐代の庭園や建築は日本みたいでカッコよかった!

いや、日本が唐代を真似しているのか!(遣唐使の頃ですね〜)

というわけで「南蓮園池」はなかなかオススメですよ。

スポンサーリンク

南蓮園池の簡単な紹介

南蓮園池の簡単な紹介

南蓮園池の簡単な紹介

冒頭にも書きましたが、南蓮園池は唐代をモデルにした仏教施設です。

なかには庭園、寺院、お土産屋さん、レストランなどが入っており、参拝だけじゃなくて観光にも向いています。

2003年から建設を開始し、2006年11日に一般オープンとなりました。

総工費は2.45億香港ドル(約34.66億円)で、うち1.77億香港ドル(約25億円)は政府より支払われました。

見てのとおり建築は日本と見間違えるほどですが、これは決して日本を真似しているわけではありません。

中国が唐の時代(618年 – 907年)にこうした建築様式が日本に伝わり、日本がそのまま自国文化にしたまでです。

というかむしろ建築だけでなく、和服を始めとする様々な文化が唐の影響を色濃く受けています。

というわけで「南蓮園池」は日本人にとってものすごく馴染み深い場所なんです。

スポンサーリンク

南蓮園池への行き方(アクセス方法)

鑽石山鳳德道60號

南蓮園池の最寄駅はMTR鑽石山駅です。

徒歩3分もかからないですので、本当に気軽に行くことができます。

道には標識が立っている

道には標識が立っている

駅はC出口から出ましょう。

プラザ・ハリウッド(荷里活廣場)というショッピンセンターを抜けると南蓮園池はすぐそこです。

南蓮園池の入口

南蓮園池の入口

画像のように、大通り沿いにメインエントランスがあります。

遠くからでもすぐに分かりますので安心してください。

MTR彩虹駅からの道

MTR彩虹駅からの道

なお、MTR彩虹駅からも歩いて行くことができます。(徒歩17分ほど)

ちょっと距離がありますが、彩虹の方が都合がいいという人は彩虹から行くのもアリです。

ちなみに彩虹駅から行くと、途中から南蓮園池の塀が見えてきます。

この塀沿いに歩いて行けば先ほどのメインエントランスに着くことができますよ。

南蓮園池・訪問レポート!

というわけで早速南蓮園池の訪問レポートです。

南蓮園池のメインエントランス

南蓮園池のメインエントランス

これだけしっかりした施設ですが、入場料は無料です。

この点もかなり気軽に訪問できるポイントですよね。

庭園がきれい

庭園がきれい

この日は天気が悪かったですが、それでも唐代庭園がものすごく綺麗でした。

背景に細長い高層ビルがあるのは、なかなか香港らしい風景ですよね。

なんの花だろう?

なんの花だろう?

ピンク色のお花も咲いていました。

入場料無料なのに、庭園全体が綺麗に手入れされてます。

香港の混沌とした感じは嫌いじゃないですが、この整理された様子を見ると心が和みます。

南蓮園池にある金閣寺のような建築

南蓮園池にある金閣寺のような建築

池の中央には金閣寺のような建築がありました。

これは「圓滿閣」という建物で、南蓮園池の見所の一つです。

多くの観光客がここで並んで写真を撮ってました!

三年前の私

三年前の私

パソコンにある昔の写真を探っていたら、3年前にも同じ場所で写真を撮っていました。笑

お土産屋さん

お土産屋さん

南蓮園池内にある建物はどれも「日本かよ!」と思わされるようなものばかりです。

そうか・・・これほどまでに日本は唐の影響を受けていたのか・・・。

これなんて完全に日本の旅館みたいですよね・・・。笑

南蓮園池のお寺

南蓮園池のお寺

では、優雅な日本庭園唐代の庭園を見終わったら、さっそくお寺に入って行くことにしましょう。

ここもバックに香港の高層ビルがあり、とてもユニークな風景となっています。

松?

松?

敷地内には松もたくさん栽培されていました。

松も唐代によく植えられたものだったのでしょうか。

お寺の入口を抜けると本堂がある

お寺の入口を抜けると本堂がある

さらに奥に行くと、上の写真のような本堂に着きました。

中は撮影禁止でしたが、大仏さんがまつられていました。

信者らしき人もいたので、訪問する際は静かによろしくお願いしますね。

南蓮園池内レストランのメニュー表

南蓮園池内レストランのメニュー表

南蓮園池内にはレストランもありました。

ただ、上のメニューをご覧いただくと分かると思いますが、

価格は決して安くはありませんでした。

それでも香港人の友達に聞くと味は悪くないようで、

観光客だけでなく地元の人にもわりと人気みたいです。

もしお金を持っていてお腹が空いていたら(笑)、

ここのレストランで食事をするのも悪くないかもしれないですね。

南蓮園池訪問レポートのまとめ

個人的にここはかなりオススメです。

唐代の建築を見られるだけでなく、入場料が無料というのも魅力的。

また、香港の秋葉原・シャムスイポー(深水埗)からも近い位置にあり、

YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)に宿泊していたらなお行きやすいです。

いずれにせよ香港はそこまで大きくないので、どこからでもスッと行けるんですけどね。笑

というわけで騒がしい香港の雰囲気に疲れたら、ぜひ南蓮園池に寄ってみてください。

落ち着いた庭園と線香の香りが、あなたも心も落ち着かせてくれるはずです。

では、今回はここまで!

Keep traveling!!

関連記事:香港旅行の予算・費用を徹底解説。ツアー、飛行機、ホテルの相場は?

関連記事:香港のwifi事情。無料ワイファイの場所やレンタルルーターの価格

関連記事:香港国際空港から市内の行き方(アクセス)。バス、MTR、タクシー

関連記事:香港オクトパスカードを空港で購入、チャージ、有効期限、払い戻し

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー