★☆オンライン台湾中国語/25分480円から☆★
Profile(自我介紹)Contact(聯絡我)

エアビー(Airbnb)で沖縄滞在を満喫!気になる値段や設備は?

エアビー(Airbnb)で沖縄滞在を満喫!気になる値段や設備は?

エアビー(Airbnb)で沖縄滞在を満喫!気になる値段や設備は?

どうも〜、ゴダ(@oogoda1)です!

沖縄旅行から帰ってきました。

今回はエアビーを利用して一軒家を借りたのですが、これがものすごく良かったんです。

何が良かったかというと、とにかく自由度が高かったこと!

さらに値段や設備についても言うこと無しでした。

とはいえエアビーで素敵な物件に出会うためには知っておかないといけないことがあります。

というわけで今回は沖縄で素敵なエアビー物件に出会う方法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

はじめに:エアビー(Airbnb)とは?

エアビー(Airbnb)は民泊斡旋サイトです。

簡単にいうと使わなくなった家や部屋を貸したい人と旅行者をつなぐサイトになります。

そして、使い方はいたってシンプルです。

エアビー公式サイトにて泊まりたい宿の条件を検索するだけ。

エアビー(Airbnb)の公式サイト

エアビー(Airbnb)の公式サイト

(初めての人はアカウントの登録が必要となります)

Airbnbのオススメに出てきた物件

Airbnbのオススメに出てきた物件

現地人が住んでいるようなローカルアパートから、超ユニークなツリーハウス、変な形をした家まで、本当に様々な物件に泊まることができます。

このように、今までのホテル予約サイトにはなかったようなローカルでユニークな物件があるのがAirbnbの最大の特徴と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

エアビーを利用して宿泊した沖縄の物件の紹介

1泊の値段:9000円(人数不問で1泊の料金)

駐車場:無料

部屋:2部屋

築年数:1年

沖縄の片田舎にたたずむ平屋の物件を借りてみました。

なんといっても驚いたのがその価格。

1泊9000円というと普通に聞こえますが何人で泊まっても9000円って意味ですからね。

この物件の宿泊は2人までと規定されていたのでどんなに安くても1人4500円までですが。

それでもAirbnbは人数ではなく泊数で計算するシステムなので複数人で泊まると安くなるんです。

物件の内部も最高でした。

築年数は1年でほぼ新築みたいな状態です。

トイレもお風呂もキッチンもピッカピカ。

洗濯機まで付いていたので服を洗うこともできます。

そして更に最高だったのが部屋から見える景色です。

やんばるの山々に囲まれた環境にあり遠くには沖縄北部の美しい海が見えます。

朝、小鳥のさえずりと共に目を覚まし海を見ながら飲むコーヒーは別格でした。

またこれは物件と関係ないですが車でちょっと走ったところにビーチもありました。

このようにエアビーだと擬似移住体験ができてしまいます。

ぜひ自分だけの素晴らしい物件を見つけたいものですね。

 

スポンサーリンク

エアビー利用で沖縄に宿泊した私が思う「エアビーの魅力」

上記を踏まえ、エアビーの利点を簡潔にまとめます。

 

魅力①:ローカルでユニークな物件を見つけられる

ここまで何度も書いてきましたが、エアビーを使えばローカルでユニークな物件が簡単に見つかります。

それもそのはずで、企業だけでなく個人もオーナーとして登録しているので物件が特徴的なのは当然でしょう。

 

魅力②:大家さんがいない物件もあり、自由度が高い

ホテルと違いエアビーはオーナーや大家さんが全然別の場所に住んでいることがあります。

私が宿泊した物件はまさにそれで管理会社が車で20分ほどの場所にありました。

物件のすぐそばにオーナーがいないからと言ってやりたい放題していいわけではありません。

それでもまるで自分の家のように物件を扱えるのはなかなか気持ちがいいものです。

ちなみに、オーナーと別の物件を探すには検索時にちょっとした設定をする必要があります。

 

条件を絞る際に「部屋タイプ」という項目があるはずです。

そして、そこをクリックすると以下の4つの部屋タイプが表示されます。

・まるまる貸切

・個室

・ホテル客室

・シェアルーム

コツは一番下のシェアルーム以外にチェックを入れて検索することです。

そしてその後は物件の写真や説明欄をじっくりと読むこと。

物件の写真を見て、私のように一戸建てであればオーナーは間違いなく遠い場所にいるはずです。

また「個室」はちょっと注意が必要です。

なぜなら大家さんの一軒家の中の個室をあてがわれる可能性もあるからです。

そうなると自由度は高くないので避ける必要が出てきます。

 

魅力③:料金が人数計算ではなく日数計算

エアビーの料金は人数ではなく日数で計算されます。

つまり、大人数になればなるほど1人あたりの料金は安くなるということです。

しかし、実際はベットの数が限られているので大人数で宿泊してもベッドで寝られない人が出てきます。

条件欄に人数を入力できるようになっているので色々いじってみてくださいね。

 

エアビー利用で沖縄に宿泊した私が思う「エアビーのデメリット」

エアビーにはデメリットも存在します。

簡潔にまとめると以下の通りです。

・掃除が行き届いてないことがある
→個人が管理している物件や海外の物件だとこういうことがあります。

・部屋への入り方が複雑な時がある
→前もってメールなどでしっかり把握しておく必要があります。

・外国語ができないとキツイことがある
→海外の物件だとオーナーさんと外国語でやりとりすることになります。

・オーナーとトラブルになることもある
→女性1人での利用は避けてください。

まだまだエアビーのデメリットはあるかもしれません。

しかし物件を選ぶ際にレビューをしっかり見ておけば大体の問題は避けることができます。

また、オーナーがAirbnbに登録した日数が浅くレビューがない物件は避けた方がいいでしょう。

▼関連記事

airbnb(エアビー)で私が体験した驚きのトラブルと対策一覧
ここではairbnb利用時に起こりうる宿泊先のトラブルとその対策をまとめました。私の体験も織り交ぜて書いておりますので、面白おかしく読みながら参考にしていただけます。

 

最後に:日本のエアビーは大体サービスがいい

エアビーの利用が少し不安な人もいることでしょう。

しかし私の経験上、日本のエアビーはサービスがいいです。

さすがそこは日本クオリティといったところでしょう。

部屋やトイレが汚かったこともないし対応や時間もしっかりしてるところばかりでした。

とはいえ各物件のページに書いてあるレビューは絶対に確認した方がいいです。

それによりちょっとしたミスマッチを避けることができます。

ちょっと確認するだけでAirbnbでしか体験できない特別な物件に出会えるはずです。

▼関連記事

airbnb(エアビー)で私が体験した驚きのトラブルと対策一覧
ここではairbnb利用時に起こりうる宿泊先のトラブルとその対策をまとめました。私の体験も織り交ぜて書いておりますので、面白おかしく読みながら参考にしていただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました