ゴダのプロフィールはこちら(自我介紹)

ルクセンブルク観光は日帰り可能?旅行日数はどのくらいが理想?

ルクセンブルク観光は日帰り可能?旅行日数はどのくらいが理想?

ルクセンブルク観光は日帰り可能?旅行日数はどのくらいが理想?

 

どうも〜、ゴダです。

 

先日、ヨーロッパの小さな国「ルクセンブルク」に行ってきました。

 

ルクセンブルクは美しい国です。

 

治安も良く、とても観光しやすいと思います。

 

しかし小さい国なので、滞在日数が決めにくいんですよね。

 

というわけで今回は以下2つについてまとめました。

 

  • 日帰り観光は可能か?
  • 滞在日数はどのくらいが理想?
  • ルクセンブルクの主要な観光地

 

ルクセンブルク旅行の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

ルクセンブルクは日帰り観光できる?

ルクセンブルク首都近郊を観光するなら、中央駅前のバスロータリーから乗れるバスがオススメ

ルクセンブルク首都近郊を観光するなら、中央駅前のバスロータリーから乗れるバスがオススメ

 

結論から書くと、首都だけ見るなら日帰り可能、地方も見たいなら日帰り不可能となります。

 

ルクセンブルクは近隣諸国から近く、鉄道で簡単に入国することができます。

 

(私はフランスのストラスブールから鉄道で2時間半程度でした)

 

また、面積は神奈川県ほどであり、観光地が凝縮されています。

 

だから

 

「朝入国して、首都をぐるっと見て、夕方に帰る」

 

ということも可能は可能です。

 

以下に周辺都市からの鉄道移動時間をまとめました。

 

<周辺都市からルクセンブルク中央駅までの鉄道移動時間>

フランスのストラスブールから:2時間半

フランスのパリから:2時間20分

ベルギーのブリュッセルから:3時間20分

ドイツのフランクフルトから:4時間半

 

フランクフルトでギリギリ日帰り可能か不可能かといったところですね。

 

ただし、首都と郊外の両方を見たいなら、日帰り旅行は完全に不可能となります。

 

郊外にも観光地(お城など)はある

郊外にも観光地(お城など)はある

 

首都(赤丸)から郊外のヴィアンダン城(赤丸)までは約50km。

 

神奈川でいうと相模原から横須賀くらいの距離になります。

 

このとおり、ルクセンブルクの首都から郊外は気軽に移動できる距離ではありません。

 

また、日帰り旅行なんてもってのほかです。

 

首都と郊外の両方を旅行したい場合は、最低でも1泊はした方がいいでしょう。

 

結論

首都だけ見るなら日帰り可能、地方も見たいなら日帰り不可能。

 

スポンサーリンク

ルクセンブルクの滞在日数はどのくらいが理想?

郊外観光は中央駅から電車で移動すると便利

郊外観光は中央駅から電車で移動すると便利

 

これはもう本当に人によって様々です。

 

私はゆっくり滞在したかったので、首都の中心に2泊3日しました。

 

結果、2日目の午後には首都にある全ての観光地を見終わってしまいました。

 

とはいえ交通についてしっかり調べたわけではないので、郊外は行けませんでした。笑

 

ただ、2泊3日にしたおかげでショッピングやグルメはかなり楽しめましたよ。

 

胃袋は1つだけですからね。

 

どうやっても1日3食+アルファくらいしか食べられないですから。

 

 

結論

首都だけ見るなら日帰りまたは1泊が妥当。

郊外も見たいなら1〜2泊はほしい。

私は首都のみで2泊3日も時間をとり、かなり時間を持て余してしまった。笑

 

スポンサーリンク

ルクセンブルクの主要な観光地

最後に、ルクセンブルクの主要な観光地についてまとめました。

 

首都と郊外に分けてまとめたので、これを参考に滞在日数を決めていただければと思います。

 

ルクセンブルクの首都にある観光地。日帰り〜1泊旅行におすすめ!

①ルクセンブルク大公宮

大公宮

大公宮

 

大公宮はルクセンブルク王家が住む宮殿です。

 

元々は市庁舎として機能していましたが、1890年からは王家の居住地となりました。

 

意外にもバーやお土産屋さんが立ち並ぶエリアに隣接し、繁華街に位置しています。

 

食事やショッピングのついでに寄ることもでき、とてもアクセスのいい場所になります。

 

ルクセンブルク大公宮

所在地:17 Rue du Marché-aux-Herbes

中央駅から:徒歩20分前後、またはバス

見学:不可

 

②アドルフ橋

アドルフ橋

アドルフ橋

 

アドルフ橋は新市街と旧市街を結ぶ橋です。

 

新市街と旧市街の間には谷があり、この谷が天然の要塞の役目を果たしています。

 

谷には緑があふれ、渓流が流れており、洋風の綺麗な家がいくつも立ち並んでいます。

 

無職旅さんも言っていましたが、まるで箱庭のような景色で、見ていて飽きませんでした。

 

アドルフ橋

所在地:Uewerstad, 1212

中央駅から:徒歩26分前後、またはバス

見学:いつでも可能

 

③ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

 

フランスやベルギーなど、いろんな国にある「ノートルダム大聖堂」という名の教会。

 

そしてもちろん、ノートルダム大聖堂はルクセンブルクにもありました。

 

規模はそこまで大きくないですが、内装やステンドグラスが美しい落ち着いた教会でした。

 

旧市街にあり他の観光地とも近いので、ぜひついでに寄ってみましょう。

 

ノートルダム大聖堂

所在地:Rue Notre Dame, 2240

中央駅から:徒歩17分前後、またはバス

見学:具体的な時間は不明。夜は閉まってます。

 

④憲法広場とGelle Fra

憲法広場とGelle Fra

憲法広場とGelle Fra

 

広場には第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争での戦没者をまつったモニュメント「Gelle Fra」が立っています。

 

ここからはアドルフ橋や箱庭のような谷間の景色を眺めることができ、ちょっとしたバーや催し物が開催されていることも多いです。

 

ルクセンブルクの絶景を見ながらちょっと休憩するのにぴったりの場所なんです。

 

憲法広場とGelle Fra

所在地:2449 Luxembourg

中央駅から:徒歩19分前後、またはバス

見学:いつでも可能

 

⑤ボック要塞

ボック要塞

ボック要塞

 

首都近郊で私が最もオススメしたいスポットがここ!

 

10世紀後半にルクセンブルク伯によって建てられた「ボック要塞」です。

 

旧市街を守るように崖の上に建てられています。

 

入口が迷路のようになっており、この時点ですでに好奇心そそられました。

 

ボック要塞からの景色

ボック要塞からの景色

 

この高台から谷の下の敵に向かってボンボン大砲を打てるようになってます。

 

難攻不落の要塞と言われただけありますね。

 

かつての砲台が残っている

かつての砲台が残っている

 

要塞の中は洞窟のようになっていて、かつて使われていた大砲を見学することができます。

 

(手で触れることも可能。笑)

 

要塞はかなり大きく、相当な見応えでした。

 

ボック要塞

所在地:10 Montée de Clausen, 1343

中央駅から:徒歩24分前後、またはバス

見学:10時〜22時半、大人6ユーロ

 

⑥アルム広場(旧市街のほぼ中心)

 

上の①〜⑤は全て旧市街にあるスポットですが、中でも最も賑わっているのがこのアルム広場周辺です。

 

各種ショッピングブランドやおしゃれなカフェ及びレストランが立ち並び、町歩きを堪能することができます。

 

とはいえここはルクセンブルクなので、フランスやドイツの都市ほど人でごった返していないのが特徴です。

 

私のように時間を持て余してしまった方は、アルム広場周辺のカフェで優雅な時間を過ごすのもいいでしょうね。

 

アルム広場

所在地:このあたり(クリックでGoogleMap開きます)

中央駅から:徒歩23分前後、またはバス

見学:無料

 

ルクセンブルク郊外にある観光地。1泊以上の旅行におすすめ!

ここからは妄想記事になります。笑

 

というのも今回わたしは首都のみの滞在だったので、郊外のことまでは知らないからです。

 

ただ、いろいろ情報を調べてみると、郊外にもまだまだ見所といえるようなスポットがあるようですね。

 

・ルクセンブルクを代表する古城「ヴィアンデン城」

→ルクセンブルク中央駅より電車とバスで1時間半分程度

 

・シェンゲン協定が結ばれた町「シェンゲン」

→ルクセンブルク中央駅より電車で1時間程度

 

・ルクセンブルク最古の町「エシュテルナッハ」

→ルクセンブルク中央駅より電車で50分程度

 

まだまだ他にも地方都市や古城はあるようですので、興味のある方は一度調べてみてくださいね。

 

また、何度も書きますが、これら首都にプラスして郊外も回ろうと思うと、1泊以上は必要になってきます。

 

意外にもルクセンブルクの宿泊費はそこまで高くないので、ホテルを予約するのも悪くないかもしれませんね。

 

それでは今回はここまで!

 

関連記事:ルクセンブルクの治安と危険地域。世界一裕福な国のスリ、売春、テロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました