ゴダのプロフィールはこちら(自我介紹)

【ディープ台湾の歩き方】超ローカル店に潜入したいときどうする?

ディープ台湾の歩き方

ディープ台湾の歩き方

 

台湾といえばローカルフードが有名だ。

 

老舗中華料理店、フルーツかき氷店、夜市の屋台・・・etc

 

多くの場合、美味しくて、日本にない雰囲気が楽しめる。

 

しかし、台湾には私達の想像を超えるローカル店がまだまだ存在する。

 

というわけで今回は、家の近所(台中郊外)のローカル店を紹介していきたい。

 

スポンサーリンク

【ディープ台湾の歩き方】超ローカル店に潜入したいときどうする!?

先日、嫁のジュエンに連れられて近所の麺屋さんに行ってきた。

 

結論、ここは想像を超えた超ローカル店だった。

 

Q&A形式でお店を紹介していきたい。

 

Q1.店が家と一体化してた時どうする!?

近所のどローカルな店

近所のどローカルな店

 

A.あまり深く考えず「そういう店なんだな」と受け流す。

 

「Q1.店が家と一体化してた時どうする!?」という日本語が自分で書いてて笑える。笑

 

だって本当に「店が家と一体化してた」んだからこう書く以外に仕方がないのだ。

 

よーく目を凝らして見ていただくと、店の奥に普通の民家があるのが分かるだろうか??

 

おっさんが休憩している

おっさんが休憩している

 

奥には普通に仏壇やテレビがあって、おっさんがテレビを鑑賞している。

 

彼はおそらくラオバン(社長)的存在の人物。

 

テレビを見ながら時々店内の様子をチラチラ見ているのだ。

 

ゴダ「こ・・・この人物、休憩しながら店の管理もしているのか!?」

 

オンとオフの境界線がなく、「仕事=人生」となった男の姿。

 

その姿は究極に自然体で、QOL(クオリティオブライフ、生活の質)の高ささえうかがえる。

 

ワタシ考えすぎカナ?

 

私は仕事は仕事、休みは休みで分けたいタイプ。

 

だけど、彼の自然体な感じは羨ましかったな・・・。

 

Q2.メニューにドリンクない時どうする??

五十嵐が持ち込まれてる

五十嵐が持ち込まれてる

 

A.ドリンクスタンドやコンビニで飲み物を購入してから入店すること。

 

基本的に外で買った食べ物は持ち込みNG。

 

だけど、ローカル店に関しては飲み物持ち込みOKなところが多い。

 

というか台湾のローカル食堂はドリンクを提供しておらず、自分で持ち込むのが基本だったりする。

 

日本の飲食店だと水やお茶が出てくるけど、台湾では自分で飲み物を用意してから入店しなきゃいけないのだ。

 

Q3.前からも後ろからも客がやってきて注文の列がカオスなときどうする???

前からも後ろからもドンドン客がやってくる

前からも後ろからもドンドン客がやってくる

 

A.冷静に列の最後尾を見極めること。台湾には列抜かしするようなDQNは基本的には少ない。

 

屋台形式なので前からも後ろからも客がやってくる。

 

夕食時ということもあり、店の雰囲気はかなりカオスだ。

 

(夏の夜風とともにオッサンの熱気までもが伝わってくる・・・笑)

 

でも、さすがは台湾。

 

基本的に順番抜かしをする者はおらず、みんなちゃんと順番通りに注文している。

 

そしてもっと驚いたのが店員の記憶力。

 

たぶん全ての注文を空で暗記している。

 

店のメニュー

店のメニュー

 

メニューの数も少なくないし、サイズも細かく分かれている。

 

この能力、何かもっと違うところに使えないかな?とお節介なこと考えたり・・・

 

Q4.ザンギエフがいたらどうする??

ザンギエフがいたらどうする??

ザンギエフがいたらどうする??

 

A.基本は放置。ストⅡ好きならこっそり写メる。

 

日本ではあまり見ないこの髪型。

 

台湾ではけっこう流行ってたりする。

 

ザンギエフというか、ちょんまげというか、判断はきわどいところだ。

 

私のようにストⅡが好きな人はこっそり後ろから写メってみよう。

 

いいのか!?

 

スポンサーリンク

麺はサイコーにおいしかった!!!

ワンタンスープ

ワンタンスープ

麻醬麵

麻醬麵

 

ここらへんはジュエン(嫁)の地元だ。

 

地元人が紹介してくれる場所は基本的に外れない。

 

ローカル店では不思議な現象が起きたり、変わったもの目にすることがある。

 

しかし味は悪くないことが多いので、これからもどんどん開発していきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました