シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾夜市の屋台の衛生状況。海鮮と油には要注意です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾屋台の衛生状況

台湾屋台の衛生状況を解説!

どうも〜!

台湾在住6年目、台湾の屋台が大好きなゴダです。

(Twitterはコチラ→@oogoda1

楽しい台湾旅行で欠かせないのが夜市・屋台巡りですが、衛生面が気になるという人も多いのではないでしょうか?

実際、台湾旅行に来てお腹を壊す人はいますよ。

身近なところで言うと、わたしの友達が5年前に台湾に来て、屋台の海鮮で食中毒になりました。

こうやって書くと台湾の屋台が怖く感じますが、安心してください。

ポイントさえ押さえればお腹を壊すことはありません。

そこで今回は、台湾の屋台巡りをする際に気をつけたいポイントについてまとめました。

この記事が台湾旅行をする皆さまの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

台湾でお腹を壊すことはほぼない。しかし長期的に摂取すると危険な食品はある。

台湾屋台でお腹を壊すことはほぼないので安心してください。

確かに私の友達は屋台の海鮮(カキ)を食べて食中毒になりましたが、カキが危ないのは日本も同じです。

ですので、海鮮のような常識的に考えて危ないものを避ければ、台湾でお腹を壊すことはほぼないです。

ですが一部の油やインスタント食品は、長期的に摂取するとガンになってしまうものもあります。

ですので、旅行で数日滞在する場合はそこまで気にしなくていいですが、台湾に長期滞在する場合は発がん性の食品に気をつけなければなりません。

日本人は清潔すぎる

上で海鮮以外の食品はほぼ安全と書きましたが、人によっては注意が必要でしょう。

というのも、日本はかなり清潔な国であり、中には体の抵抗力が弱い人もいるからです。

ですので、現地人は食べても平気でも、日本人が食べたらお腹を壊してしまうという話はよく聞きます。

基本的に台湾屋台の衛生状況は悪くないのですが、それでも日本人の体は弱いということを忘れてはいけません。

高雄の屋台の海鮮で食中毒になった男の話

数年前にわたしが高雄で生活していた頃の話です。

あるとき日本の友達が遊びにきて、高雄の有名な六合夜市を一緒に観光しました。

高雄は港町であり海鮮がよく獲れます。

わたしと友達は久しぶりに会ったということで、ちょっと贅沢して海鮮料理のお店に入りました。

そしてその日は牡蠣(カキ)やら魚やらをたくさん注文して、お食事を楽しみました・・・。

と、話がここで終わればいいのですが、翌日に問題が発生してしまいました。

なんとその友達が原因不明の吐き気と倦怠感と腹痛に悩まされ、それから1週間ほどわたしの家で寝込んでしまったのです!

かなり気合を入れて台湾まで遊びに来てくれたにもかかわらず、初日に食べた海鮮が原因で全日程が狂ってしまいました。

皮肉なことに帰りの日にちょうど体調が回復し、その友達は飛行機で東京に帰って行きました・・・。

と、この話の全容はこんな感じです。

六合夜市ではお菓子と海鮮しか食べなかったので、食中毒の原因はやはり海鮮だったと思います。

台湾の夜市にある海鮮店は、店頭に置いてある海鮮を自分で選んで調理してもらうシステムとなっています。

ですので、そういった店の海鮮類は生のまま長時間外に置かれています。

ただでさえ危ない海鮮類ですが、気温の高い台湾では長時間外に放置すると悪くなるのも早いので、本当に注意が必要です。

台湾屋台で特に注意すべき食品

海鮮(危険度★★★★☆)

海鮮は美味しいのだけれど、やっぱり危険。

特に店頭に長時間生で放置されているような店では食べない方が無難だろう。

ただ、屋台ではなくレストランでは品質管理がしっかりしている。

かき氷(危険度★☆☆☆☆)

かき氷の水の中に菌がおり、人によってはお腹を壊してしまうことがあります。

わたしの周囲ではかき氷にあたった人はいないのですが、ネットで検索してみると結構いることが分かりました。

ですので、体が弱い人や胃腸が弱い人は、かき氷にも注意した方が良さそうです。

油(危険度★★★★★)

地溝油(ちこうゆ)とは、中国で社会問題化している再生食用油のこと。

工場などの排水溝や下水溝に溜まったクリーム状(あるいはスカム状)の油を濾過し、精製した安物の食用油脂。

日本では下水油(げすいあぶら)と紹介されることも多い。 ドブ油(どぶゆ)などとも言われる。

Wikipediaより

2014年に地溝油を製造していた台湾企業が摘発されてニュースになりました。

これはかなり粗悪な油であり、発がん性のあるものです。

一部の飲食店がこの地溝油を利用していたようで、当時はかなり話題となりました。

現在は摘発されたのでさすがに地溝油を使っている飲食店はないだろうと思いますが、それでも油を使った料理は避けたいものです。

しかも、油ってただでさえ不健康ですからね・・・。

その他知っておきたいこと

水道水は飲まないようにしよう

屋台で水が提供されることはないですので、これは今回の記事の主旨とはずれてしまいますが・・・。

台湾の水道水は飲まないようにしましょう。

台湾の水道管は不衛生で飲み水には適しません。

喉が渇いた時は必ずコンビニなどで飲料を買うようにしましょう。

箸が汚いことがある

台湾の屋台では箸(はし)がしっかり洗われていないことがあります。(そんなことはほとんどないけど、1000回に1回くらいあるかも。)

使い捨ての箸がある場合は問題ないですが、そうでない場合はマイ箸を使うか、ティッシュで拭いてから使うようにしましょう。

皿が汚いことがある

台湾の屋台では皿がしっかり洗われていないことがあります。(そんなことはほとんどないけど、1000回に1回くらいあるかも。)

皿は箸と違って自分で洗うことができないので、わたしは仕方がなくそのまま食べています。

ですが、皿の衛生状態がどうしても気になる人は、皿にのってない料理をチョイスすると良いでしょう。(串とか袋に入れてくれるものとか)

なお、一部の屋台では皿にビニール袋をかぶせて食事を提供することがあります。

こういった店は衛生的ですので、安心してください。

有名店や人気店は安心できる

ガイドブックに載っている有名店や、客がたくさん入っているような人気店は安心できます。

というのも、そういう店が繁盛しているのには理由があり、有名店や人気店は管理が行き届いている可能性が高いからです。

(逆にいうと、管理がしっかりしているから繁盛しているとも言えます)

それに、台湾ではちょっとでも問題があるとネットで伝わったりニュースになったりしてしまうので、有名店は今日までしっかり経営を頑張ってきてます。

ですので、旅行ガイドブックの情報を頼りにしてみると安全に楽しく旅行ができるでしょう。

神経質になると旅行は楽しめない

ここまで色々と怖いことを書いて言うのもアレですが、屋台の衛生状況を気にしすぎても旅行は楽しめません。

むしろ、せっかくの海外旅行なんだから、ローカルフードを食べて現地の文化を知りたいですよね。

危険な食品を知った上で、安全なローカルフードにどんどん挑戦していきたいですね。

まとめ

・台湾屋台で危ないのは海鮮類。特に気温の高い台湾で長時間店頭に置かれた牡蠣や貝などは危ない。

・かき氷で腹を壊したという人は少なからずいる。

・2014年に粗悪油を製造していた業者が摘発されたので、その時に比べると今は安全と言える。しかし、粗悪油の問題はもうないにしても、同じ油を長時間使っている屋台はあるため、できれば油料理は避けた方がよいだろう。どうしても揚げ物が食べたい時は、屋台の油の色をチェックしてみよう。黒いと結構アウト。

・箸や皿がしっかり洗われていないことがあるので注意。

・有名店、人気店は管理がしっかりしていることが多い。人気には人気なりの理由がある。

・神経質になりすぎると旅行は楽しめない。

台湾で使えるポケットWi-Fiの紹介

中華電信のポケットWi-Fiなら台湾全土で高速ネットが利用できます。

むかし私の友達が三人で台湾旅行に来ましたが、その時に彼らはこれを利用していました。

三人同時でも高速でネットが利用できて、道を調べたり、日本の友達と連絡したり、インスタで画像をアップしたりと大活躍してました^ – ^

ただ、中華電信のポケットWi-Fiには一つだけ問題があります。

ポケットWi-Fiは一機だけなので、別行動する場合には利用できない人が出てきます。

でも旅行のときは基本的にみんな一緒に行動するでしょうから、特に大きな問題はないでしょう。

とにかく台湾で高速インターネットが最大10人まで同時で利用できる優れものなんです!

なお、台湾の空港でSimカードを購入する場合との比較を表にしました。

桃園空港でSimカードを購入 1人3日で
約1,095円
1人7日で
約1,825円
1人30日で
約3,650円
中華電信のポケットWi-Fi 何人で使っても1日690円
(3日で2070円、7日で4830円、30日で20700円)

Simカードは一人で利用する場合にお得。

中華電信のポケットWi-Fiは複数人での旅行にお得です。

ですので、恋人、友達、家族などと複数で台湾旅行をする方にはかなりオススメです。

サイトはこちら↓

台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする