「ブログ毎日更新にメリットはない」とわたしが言いきる3つの理由。

わたしが「ブログ毎日更新にメリットはない」と言いきる3つの理由。

わたしが「ブログ毎日更新にメリットはない」と言いきる3つの理由。

どうも〜、ゴダです。

みなさん、毎日ブログ書いてますか?

わたしは2日に1記事くらいしか書いてません。

でも最近アクセスが地味に伸びていて、ブログ収入だけで生活できてます。

しかし一方で「毎日更新しろ」っていう言葉もよく耳にしますよね。

いろんなブロガーが声高に主張してるけど、これって果たして本当なのでしょうか?

というわけで今回は毎日更新に対するわたしの考えを書きました。

結論を最初に書くと、毎日更新の必要はありません。

量より質を重視したブログ運営で効率的に稼いでいきましょう。

では、その理由と方法を説明していきますね。

スポンサーリンク

毎日更新の必要がない理由

毎日更新の必要がない理由は以下の3つになります。

①あせって書くとテキトーな記事になるから

何よりこれが一番大きな理由です。

毎日更新を目標にすると、更新自体がゴールになってるので、記事のクオリティがおざなりになってしまうんですよね。

特に夕方くらいになっても記事が書けてないと、「やばい!」となり、焦って記事を書いてしまうことがあります。

わたしも毎日更新にトライしたことがあるのでこれは身に覚えがありますよ(笑)

とにかく毎日更新を意識するあまりに記事のクオリティが落ちるのは本末転倒です。

でも逆を言えばクオリティさえ保てれば毎日2記事で3記事でも書いたらいいでしょう。

つまり、クオリティが保てないのに「毎日○更新」のような目標を立てても意味がないのです。

②テキトーな記事が増えるとグーグルからのサイト評価が下がるから

「毎日更新」のような目標を立て、テキトーな記事を量産すると、グーグルからのサイト評価が下がります。

そうなると良記事を書いてもなかなか上位表示されなくなるので注意が必要です。

ちなみにテキトーな記事とは、中身がない記事や有益じゃない記事のことです。

基本的には読者の利益にならないような記事はアップする必要がありません。

しかし、運営上どうしても無益な記事をアップしたい場合は「インデックスしない(no index)」の機能を使うといいですよ。

WordPressの場合「All in One SEO」というプラグインを有効にすれば、記事執筆画面の下に「インデックスしない(no index)」の項目が表示されます。

「インデックスしない(no index)」

「インデックスしない(no index)」

ここをチェックすればこの記事はグーグルに認識されなくなります。

そして、それによりブログ全体の評価も下がらずに済みます。

ときにはギャグ狙いの記事や息抜きの記事をアップしたくなることもあるでしょう。

その場合はno index機能を利用したいですね。

③「毎日更新でアクセスが上がる」に根拠がないから

結局「毎日更新でアクセスが上がる」には根拠がないんですよね。

だって世の中には週1〜2回更新でしっかりアクセスを稼いでるブログだってあるんですから。

もっというと、毎日更新しても全然アクセスが伸びないブログだってありますからね。

というわけで何度も同じことを書きますが、まずはクオリティの高い記事を書くことにフォーカスしましょう。

月数回の更新で月間PVが250万を超えたサイト(すごすぎ、笑)

サルワカ

スポンサーリンク

量を質に転化する

ただ、クオリティの高い記事を書くためには、最初に量をこなす必要があります。

先ほどの主張と矛盾するようですが、最初は量をこなして質に転化する時期が必要なんです。

これはスポーツや仕事にも同じことが言えますよね。

最初は全然できなかった仕事も、何度も繰り返しているうちにできるようになりますからね。

ブログもこれと同じで、何度も繰り返しているうちに自分なりのスタイルが確立されます。

また記事数が増えると、読まれる記事・読まれない記事が出てくるため、反省と検証ができるようになります。

だから初心者のうちは数をこなして「ブログ運営」に慣れる必要があります。

でもだからと言ってバカの一つ覚えみたいに毎日更新しても意味ないんですよ。

あくまでも現時点でのベストを尽くすようにすること。

現時点でのベストを出し切った後に、初めて反省と検証ができるのです。

本文が3行しかない記事を量産してても何の気づきも得られないですからね。

それだったらツイッターやればいいわけです。笑

スポンサーリンク

「自分のスタイルを確立する」とは

ブログ運営3年目くらいまではアクセスも収益も鳴かず飛ばずでした。

(わたしは過去に別ブログを運営しており、当ブログとあわせて合計で5年くらいブログをやっている。)

でも鳴かず飛ばずな期間があったから分かったこともたくさんあります。

<わたしのブログ執筆スタイル>

①下調べを面倒くさがって手を抜いた記事は上位表示されない。

②下ネタは好みが分かれるので下ネタ書きたいときは慎重に。笑

③朝は頭が冴えてて冷静な文が書けるけど、夜の方が文章を書きたい気分になる。

④記事が書けても当日に公開せず、1〜2日くらい下書き状態にしておく。別の日にもう一度読むと内容に矛盾があったりムリがあることに気づく。

⑤だから夜にサラサラっと書いて、翌日の朝に推敲する。このリズムを崩さない。

⑥ネタが見つからないときは部屋に閉じこもらない。無理して書こうとしない。

⑦ネタが決まっていても書けない時がある。そんなときは歯を食いしばって5分ほど書いてみる。とにかく手を動かす。

他にも細かい反省点はたくさんあるんですけど、とりあえず思い浮かぶものを並べてみました。

ダメダメな時期にも継続して書いてたから、今なんとなく直感で書き方が分かるようになっています。

もちろん、もっとベテランのブロガーさんやライターさんから言わせれば、わたしなんてまだまだでしょう。

また、自分でも改善すべき点はたくさんあると思っていますよ。

でもここまで来れたのも、ダメな時期にもずっと継続してきた結果なのでしょう。

他のブロガーさんとの交流は大切

あるとき有名なブロガーさんと交流する機会があって、その時にブログの書き方についてレクチャーしてもらいました。

その時に自分では発見できないような視点や方法を教えてもらって、それからというもの、ちょっとずつブログのアクセスが伸びていきました。

だから他の結果が出ているブロガーさんとの交流はけっこう大切。

もちろん、ネット上にあるブログノウハウを参考にするのもすごく大切ですよ。

でもいくら知識をつけてもダメなときはダメです。

だって、ブロガーによって問題点はバラバラで、その問題点をしっかり把握する必要がありますからね。

人って、自分では自分の問題点になかなか気づけないものです。

というわけで成功しているブロガーさんとの交流は有効です。

ブログサロンや情報商材も効果があるので、色々手を出してみるのもいいでしょう。

まとめ:毎日更新の習慣だけ身についても意味ない

たまにブロガーが「毎日更新のメリットはブログを書く習慣が身につくこと」と書いてるのを目にします。

でも別にそれってただの自己満ですよね。

ゴールはあくまでアクセスと収益のアップですから。

「ブログを書く習慣」が身についたところで、「いいブログを書く習慣」が身についてなかったら意味がないですよね。

だからわたしはブログ毎日更新のメリットはあんまりないと思っています。

以下に、初心者ブロガーが毎日更新の代わりにするべきことをまとめてみました。

①現時点でのベストを尽くした記事をたくさん書く。

「毎日更新」のような記事数を目標に立てなくていいから、まずは現時点でベストを尽くした記事を書きましょう。その過程で気づきがあれば取り入れていこう。

②他人の視点を取り入れる。

自分の力ではどうしても解決できない壁がいつか必ずやってくる。そんなときは成功しているブロガーと会って問題点を指摘してもらったり、サロンに入会して他のブロガーと交流してみよう。

③自分のリズムで良記事を書き続ける。

上の①〜②ができたら、あとは良記事を書き続けるだけ。新記事をアップしてからグーグルで上位表示されるまで2〜3ヶ月かかると言われている。だから最初の数ヶ月はアクセスが伸びない前提で気長にブログを運営していこう。

良記事の書き方についてはまた別記事にまとめます。

とりあえず今回は毎日更新自体には意味がないことが分かっていただけたら嬉しいです。

最後に、ブログ執筆のヒントになりそうな記事をいくつか紹介して終わりにします。

雑記ブログの収益が13万円超え!雑記ブログの書き方まとめ。

→収益性は低いがネタに困らない雑記ブログの書き方についてです。

ブログ記事のネタがない?オリジナルなネタを楽々発掘できる10の方法

→ブログネタの探し方についてです。主に雑記ブログを書いている人に向けて書きました。

ブログが継続できない人へ。300記事達成で分かった考え方。

→ブログが継続できない人に向けて書きました。

ブログ月10万PV達成!世間で言われるアクセスアップ法って本当?

→ネット上などでよく目にするアクセスアップ法が有効かどうか、自身の経験を元に検証してみました。月間10万PV達成記念に書いた記事です。

文章力を磨くおすすめ本5冊。ブログや記事の書き方の基本・コツ

→文章力をつけるために読んだ本の紹介です。

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー