スポンサーリンク

京都二年坂(二寧坂)のおしゃれスタバまとめ。混雑の待ち時間は?

京都二年坂(二寧坂)のおしゃれスタバまとめ。混雑の待ち時間は?

京都二年坂(二寧坂)のおしゃれスタバまとめ。混雑の待ち時間は?

どうも〜、ゴダです。

先日「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」に行ってきました。

ということで今回は以下についてまとめました。

  • 店内の混み具合(席の確保)
  • 店内の雰囲気
  • 所在地、営業時間、アクセス、駐車場

結論、混雑してましたが、雰囲気がよくて私は行って良かったと思えています!

どうぞ京都旅行の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」とは?

「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」とは?

「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」とは?

『京都二寧坂ヤサカ茶屋店』は、世界遺産の清水寺へと続く二寧坂に位置し、大正時代の面影を残した、歴史と文化を感じる町並みにある築100年を超える2階建ての伝統的な日本家屋を使用した店舗です。

主屋と大塀(だいべい)は、「産寧坂伝統的建造物群保存地区保存計画」において伝統的建造物に指定されています。特に大塀は二寧坂沿いでは唯一当時のまま残る建造物であるため、貴重なものとして大切に保存されてきました。

公式サイトプレスリリースより

ここは2017年6月に京都の二寧坂(二年坂)にオープンしたスタバです。

二年坂といえば祇園や清水寺があるあたりですよね。

古い日本家屋を改築した店舗であり、古都の雰囲気を楽しめるスタバでした。

スポンサーリンク

【京都二年坂(二寧坂)のスタバ】混雑具合・席の確保について

【京都二年坂(二寧坂)のスタバ】混雑具合・席の確保について

【京都二年坂(二寧坂)のスタバ】混雑具合・席の確保について

わたしは土曜日の午後3時ごろに行きました。

写真の通り、店内はお客さんで大混雑・・・!

でも実際はそこまで長く待たなくて、いい意味で予想が外れました。

具体的には、

  • 入店から注文までが5分ほど
  • 注文から商品受け取りまでが5分ほど
  • 商品を受け取って席を探し、席が空くまでが10分ほど

という感じで、合計20分ほどで席に座ることができました。

店員さんも「20〜30分で座れると思います」と言っていたので、いつもそこまで待たないのでしょう。

おそらく平日や午前ならもっと早く席が見つかるのでしょうね。

保証はできませんが、何時間も待つこともないようです。

【京都二年坂(二寧坂)のスタバ】店内の雰囲気

では早速、気になる店内の雰囲気をレポートしていきましょう。

京都・二年坂(二寧坂)

京都・二年坂(二寧坂)

京都の繁華街「四条」から歩いて二年坂までやってきました↑↑

このあたりは祇園と呼ばれるエリアであり、歴史ある街並みが残っています。

街全体が古く、スタバまでの道のりがすごく楽しいんです。

観光しながら行けるのがこのスタバのいいところですよね。

※スタバまでのアクセス方法は記事の最後にまとめました。

「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」の外観

「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」の外観

やっと「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」に着きました↑↑

見ての通り、よーく見ないとスタバだと気づきません。

それだけ町の雰囲気と同化しており、伝統的な街並みを保っています。

スタバの看板

スタバの看板

上の方にスタバの看板が出ていました↑↑

こんな素敵な日本家屋でコーヒーが飲めるなんて、ウキウキしちゃいますよね・・・!

スタバの紋章?

スタバの紋章?

ランプにはスタバのロゴにある人魚が描かれていました↑↑

アンティークな感じがしてちょっとカッコいいです・・・!

「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」の入口

「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」の入口

スタバの入口はこんな感じです↑↑

料亭か旅館みたいですよね。もうこの時点でウキウキMAX!

スタバけっこう好きなので、ここに来ることができて嬉しかったです!

入口のマークもかっこいい

入口のマークもかっこいい

入口にはスタバの表札(?)がかかってました↑↑

店舗には小さなこだわりがたくさん施されていて、見ているだけで楽しかったです。

他のお客さんも記念撮影しまくりで、予想通りちょっとした観光地になってました!

(台湾人、中国人、香港人、韓国人だらけw)

長蛇の列です

長蛇の列です

店内は混雑してましたが、5分ほどで注文できました↑↑

店員さんの仕事が早かったので、すんなりと注文をすることができます。

社内で選ばれた精鋭たちがこの店舗を切り盛りしているのかもしれません。

長い廊下

長い廊下

注文してお金を払ったら、廊下を渡ってドリンクを受け取りに行きます↑↑

店内は全体的に薄暗く、おしゃれなムードが演出されていました。

落ち着きますね・・・!

ドリンクを受け取るところ

ドリンクを受け取るところ

ここも5分ほど並びました↑↑

綺麗に整備された日本庭園を鑑賞しながら、ドリンクができるのを待ちます。

京都二年坂店の2階

京都二年坂店の2階

ドリンクを受け取ったら2階に上がります↑↑

上の写真が2階の廊下なのですが、旅館にしか見えないですよね。笑

ところどころに個室があり、座ってコーヒーが飲めるようになっています。

スタバ京都二年坂店の個室①

スタバ京都二年坂店の個室①

個室その1です↑↑

窓からは2年坂を見下ろすことができましたよ。

スタバ京都二年坂店の個室②

スタバ京都二年坂店の個室②

こちらは個室その2になります↑↑

掛け軸もあってクール!

外国人のお客さんも和の雰囲気を満喫していました。

スタバ京都二年坂店の個室③

スタバ京都二年坂店の個室③

こちらは私が座ったシートです↑↑

この個室は他の個室から離れてて、一番静かな環境でした。

私は運よく10分ほどでこの個室に座ることができましたよ。

皆さんもうまく座れるといいですね・・・!

スタバ京都二年坂店の個室④

スタバ京都二年坂店の個室④

こちらは個室ではなく、踊り場にある席になります↑↑

窓からは二年坂(二寧坂)を見下ろすことができる

窓からは二年坂(二寧坂)を見下ろすことができる

窓からは二年坂(二寧坂)を見下ろすことができました↑↑

窓際にはシナモンパウダーやナプキンが置かれていました。

窓から外を眺める

窓から外を眺める

窓から眺める景色はこんな感じ↑↑

たて山?

たて山?

トイレのそばに「たて山」と書かれた鏡が置いてありました↑↑

ここはその昔「たて山」という名前のお店だったみたいです。

調べても何のお店かは分かりませんでしたが、民宿か料亭のような気がしますね。

あくまでも私の推測ですが・・・。

美味しくコーヒーをいただきました

美味しくコーヒーをいただきました

当然ですが、コーヒーの値段はいつもと同じでした。笑

こんな特別な環境なのに、いつもの価格でコーヒーが飲めます。

ちょっと得した気分になりますね。

【京都二年坂(二寧坂)のスタバ】所在地・営業時間・アクセス、駐車場

スターバックスコーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店

所在地:京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町349番地

電話番号:075-532-0601

定休日:不定休

営業時間:8時〜20時

※6月30日の営業時間は13時〜20時

席数:51席

駐車場:なし

最寄駅は京阪本線の祇園四条駅で徒歩16分となります。

ちなみに京都市営地下鉄四条駅からは徒歩30分でちょっと遠いです。

個人的にこの辺りは見所たくさんなので遠くは感じませんでしたが・・・

それでも坂道が多いので、お年寄りや足腰が弱い方にはきついかもしれません。

人力車かタクシーでお店付近まで行って、そこから歩くのもオススメです。

またスタバには駐車場がありません。

車で行く場合は周辺の駐車場を利用することになります。

スタバ周辺の駐車場は以下の通りになります。

八坂の塔下駐車場(駐車可能台数2〜3台、スタバまで徒歩4分)

タイムズ清水道第2(駐車可能台数4台、スタバまで徒歩5分)

GSパーク東山 駐車場(駐車可能台数8台、スタバまで徒歩6分)

駐車可能台数が少ないので、すっと駐車できない可能性があります。

また、この辺りは駐車料金も高いです。

30分で400〜500円、昼間最大1000円程度が相場となっているようです。

何人で行くかも考慮し、ベストな手段を選んでください。

補足:スタバ店内は中国人、台湾人、韓国人、香港人でいっぱい!

京都二寧坂(二年坂)のスタバは外国人のお客さんでいっぱいでした。

そうですね、私の印象でいうと半数以上が外国人のお客さんでしたよ。

中でも中国人、台湾人、韓国人、香港人が特に多く、半数以上を占めている感じでした。

みんな席確保に必死で、店内はかなり雑然とした雰囲気・・・笑

本当に心からゆっくりとした時間を過ごしたい人は、別のカフェを探した方がいいかもしれません。

【京都二年坂(二寧坂)のスタバ】まとめ

私はスタバが好きなので、個人的には行って正解でした。

でも雑然とした雰囲気が苦手という人には向いてないですね。

というわけで京都二年坂(二寧坂)のスタバは以下のような人に向いてますよ。

・スタバがとにかく好きな人

・話題のスタバに行ってみたい人

・京都らしい雰囲気を味わいたい人

・外国人が多い雑然とした雰囲気が気にならない人

以上となります!

ぜひ参考にしてみてください。

台湾の情報になってしまいますが、他にもスタバの記事をいくつか書いてます↓↓

台湾のスタバってどんな感じ?メニュー、限定グッズ、マグカップ等

隈研吾氏が設計した台湾花蓮の新店舗「コンテナスタバ」に行ったよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー