スポンサーリンク

ヨーロッパで物価が安いオススメの国5つ!チェコ、ハンガリーなど

ヨーロッパで物価が安いオススメの国5つ!チェコ、ハンガリーなど

ヨーロッパで物価が安いオススメの国5つ!チェコ、ハンガリーなど

当記事では「物価が安くて楽しいヨーロッパの国」をご紹介しています。

ネットの情報をかき集めて想像で書いた記事ではなく、私が自分の足で旅してまとめた記事になります。

本当に行ってよかった国ばかりなので、皆さまにもぜひ参考にしていただきたいです。

エポスカードは入会費&年会費が永久に無料で、海外旅行保険最大270万円が受けらる超お得なカード!

スポンサーリンク

ヨーロッパの物価は北が高く、南が安く、東が激安。

ヨーロッパの物価は北が高く、南と東が低い

ヨーロッパの物価は北が高く、南と東が低い

はじめに、ものすごく簡単にヨーロッパの物価について説明します。

一般的に、ヨーロッパの物価は北が高く、南と東が低い傾向にあります。

具体的には以下のように国を分けることができますね。

■北ヨーロッパ(物価高い。日本より高い。)

イギリス、アイルランド、フランス、スイス、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、アイスランド etc.

■南ヨーロッパ(物価安い。日本より安い。)

イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、クロアチア etc.

■東ヨーロッパ(物価激安。日本の5割〜7割くらい。)

チェコ、ハンガリー、スロバキア、ポーランド、ブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、ベラルーシ、エストニア、ラトビア、リトアニア ect.

「ポーランドは中欧じゃないか?」とか「バルト三国は北欧じゃないか?」というようなツッコミは一旦抜きでお願いします。笑

物価の高低も加味しつつ、独自にグループ分けしてみました。

スポンサーリンク

ヨーロッパの物価が安く観光が楽しかったのはこの5ヶ国!

物価が安くて観光が楽しかった国は以下の5つです。

  • チェコ
  • ハンガリー
  • ポルトガル
  • ギリシャ
  • イタリア

ヨーロッパには物価が安い国がたくさんあります。

ただ、物価が安くて観光も楽しい国はそこまで多くないんですよね。

そこでいうと、上記5カ国は「安くて楽しい国」の条件を完全にクリアしています。

とにかく個人的に最高だったので、その魅力を以下でお伝えしていきますね。

※以下、飛行機代は計算に入れていません。あくまでも「現地での費用が安い」という観点で選出しました。

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国5つ

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国①:チェコ

チェコのプラハにあるプラハ城

チェコのプラハにあるプラハ城

物価の安さ:☆☆☆☆☆(星5つ)

食事の美味しさ:☆☆☆(星3つ)

観光地の楽しさ:☆☆☆☆☆(星5つ)

雰囲気:童話の世界、メルヘンチック

格安ヨーロッパ旅を望むなら、チェコは本当にオススメです。

確かにプラハ中心部の物価は高いですが、その他エリアは日本の5割〜7割程度となります。

またプラハ中心地から離れれば、一泊5,000円で綺麗なホテルに泊まることができますよ。

Booking.comでプラハのホテルを調べてみた。やっぱり安い。

Booking.comでプラハのホテルを調べてみた。やっぱり安い。

今この記事を書きながらBooking.comでチェコのホテルを検索してみました↑↑

写真のレベルのホテルに2人で泊まって1泊11,159円とか8,249円とかでした・・・。

あー、こんなに安くいいホテルに泊まれるのか。行きたくなってきちゃった。笑

しかもAirbnbだともっと安いみたいだし、これは本当にそそられますねw

また、チェコは物価が安いだけでなく、観光地も最高に美しくて楽しいです。

プラハ城からプラハの街並みを眺める

プラハ城からプラハの街並みを眺める

プラハの町は建物の屋根が赤で統一されています。

統一感ある可愛い街をショッピングしながら散策することができますよ。

旧市街広場にあるティーン教会(2本の塔の建物)

旧市街広場にあるティーン教会(2本の塔の建物)

ヨーロッパ一周した私が断言します。

プラハの旧市街はヨーロッパでもトップ3に入るくらい美しいです。

このメルヘンチックな雰囲気を味わうだけでもチェコに行く価値はあるでしょう。

まさに「安い、美しい、楽しい」の三拍子がそろった国なんですよね。

プラハの旧市街のレストランで食べたチェコ料理

プラハの旧市街のレストランで食べたチェコ料理

ただ、グルメに関しては「肉、パン、チーズ、ジャガイモ」の繰り返しで単調です。

とはいえ値段はこれで1000円程度。

しかもマズイわけではないのでご安心を。

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国②:ハンガリー

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国②:ハンガリー

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国②:ハンガリー

物価の安さ:☆☆☆☆☆(星5つ)

食事の美味しさ:☆☆☆☆(星4つ)

観光地の楽しさ:☆☆☆☆(星4つ)

雰囲気:東欧のパリ、ロマンチック

さて、2番目にご紹介するのはハンガリーです。

首都ブダペストは「東欧のパリ」と呼ばれていて、かなりロマンチックな雰囲気なんです。

こんなにハイクラスな雰囲気なのに、物価が日本の5割〜7割くらいなんだから驚きですよね・・・。

Booking.comでブダペストのホテルを調べてみた。プラハより安いかも。

Booking.comでブダペストのホテルを調べてみた。プラハより安いかも。

Booking.comでホテルを調べてみたら、やっぱりめっちゃ安かったです。

中心部のホテルが朝食込みで2人で1泊6,016円って、一体どうなってるんだ!?

この勢いならAirbnbで探してみても激安物件がザクザク出てきそうですね・・・!

もしかしたらハンガリーはチェコより安いかもしれませんね。

ブダペスト中央市場

ブダペスト中央市場

ブダペスト中央市場はまさにmust goなスポットです!

地元グルメが気軽に楽しめて、地元のお土産まで買えちゃいます。

地元産のフォアグラ

地元産のフォアグラ

こちらはハンガリー産の新鮮フォアグラ。

フォアグラというと高級なイメージですが、物価の安いハンガリーではこの量で1500円くらいなんです。

噂によると、味はフランスのものにも負けないとのことです。みんな、急げー!!

参考記事:ハンガリー・ブダペストで1500円の絶品フォアグラステーキを食す

国会議事堂

国会議事堂

建物の雰囲気はまさにヨーロッパ!

他にも古城、温泉、ユダヤ人迫害関連の施設があるなど、観光地のバリエーションが豊かでした。

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国③:ポルトガル

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国③:ポルトガル

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国③:ポルトガル

物価の安さ:☆☆☆☆(星4つ)

食事の美味しさ:☆☆☆☆(星4つ)

観光地の楽しさ:☆☆☆☆☆(星5つ)

雰囲気:港町、魔女の宅急便

ポルトガルも他に負けないくらい安いです。

具体的には、日本の7〜8割くらいといったところでしょうか。

Booking.comでリスボンのホテルを調べてみた。

Booking.comでリスボンのホテルを調べてみた。

Booking.comで調べてみましたが、ポルトガルもやっぱり安かったです。

リスボンの綺麗なホテルに2人で1泊して7,839円とか9,894円でした。

リスボン市内。魔女の宅急便の世界のよう!

リスボン市内。魔女の宅急便の世界のよう!

リスボンは物価が安いだけでなく、街並みも相当美しいんです。

まるで魔女の宅急便の世界にいるようでした!

海の見える街っていいですよね。

世界遺産のジェロニモス修道院

世界遺産のジェロニモス修道院

世界遺産もあったりして、観光も十分に楽しめます。

ポルトガルは街並みも歴史も楽しめる南欧の国なんです。

ポルトガルの伝統料理「コッドフィッシュ」

ポルトガルの伝統料理「コッドフィッシュ」

ただ、リスボンの中心地は外食費が高い傾向にあります。

一国の中心地だから仕方がないですよね。日本の銀座とか青山みたいなもんです。

具体的にはリベルダーデ大通り沿いのレストランになりますね。

あのあたりで食べると、1人1食20〜30ユーロは見積もっといた方がいいでしょう。

つまり1人1食2500円〜3500円くらいするんです。

まあ「首都の中心地でこのくらいなら安いじゃん!」と思う人もいるかもしれません。

でも物価の安さを期待してポルトガルに旅行する人は肩すかしを食らいます。

十分にお気をつけください。

参考記事:【ポルトガルの物価】リスボンの交通費、宿泊費、食費まとめ

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国④:ギリシャ

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国④:ギリシャ

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国④:ギリシャ

物価の安さ:☆☆☆☆(星4つ)

食事の美味しさ:☆☆☆(星3つ)

観光地の楽しさ:☆☆☆☆☆(星5つ)

雰囲気:神話の世界。神秘的な古代遺跡。

歴史好きにはたまらない神話の国・ギリシャ。

こちらの物価は全体的に日本の8〜9割くらいです。

Booking.comでアテネのホテルを調べてみた。

Booking.comでアテネのホテルを調べてみた。

ここでもBooking.comを使って首都アテネのホテルを調べてみました。

アテネのど真ん中で、朝食込みで、2人1泊7,548円とか9,932円でした。

Booking.comは常に割引してるので、皆さんが検索する時もこの値段で見つかるでしょう。

グリークサラダ(ギリシャ風サラダ)

グリークサラダ(ギリシャ風サラダ)

「タベルナ」と呼ばれる地元の大衆食堂は、1品5ユーロ程度からとなります。

1品ごとの量もかなり多いので、2人で2〜3品を一緒に食べれば十分です。

つまり、2人で食べても合計2000円以下。

この値段で地元グルメをたらふく食べられちゃうというわけです。

また「ピタ」と呼ばれるケバブ的な料理は1食2.5ユーロ程度となります。

節約したい人はこれだけでも十分にお腹いっぱいになります。

とっても美味しいローカルフードなので、ぜひトライしてみてくださいね。

パルテノン神殿

パルテノン神殿

ただ、ギリシャの観光地は入場料が高いことで有名です。

パルテノン神殿とアゴラの共通チケットで30ユーロ(約3800円)。

知名度があるのでこの値段でも客は入るのですが・・・

これはいくら何でも料金を釣り上げすぎですよね。

それでもギリシャは宿泊費と食費が安いので、全体的な旅費はそこまで高くならないですよ。

神話や歴史が好きな人はぜひ行ってみましょう!

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国⑤:イタリア

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国④:イタリア

ヨーロッパで物価が安い&楽しい国④:イタリア

物価の安さ:☆☆☆(星3つ)

食事の美味しさ:☆☆☆☆☆(星5つ)

観光地の楽しさ:☆☆☆☆☆(星5つ)

雰囲気:歴史ある街並み。映画のワンシーンのような世界。

「イタリアは安い」だなんて信じられないですよね?

イタリアは先進国だし観光大国ですからね。

ただ私の経験から言うとイタリアは確かに日本より安いです。

物にもよりますが、全体的に日本の約9割といったところでしょうか。

Booking.comでローマのホテルを調べてみた。

Booking.comでローマのホテルを調べてみた。

まずローマの宿泊費なんですが、思ってたよりも安めでした。

あれ?ローマってこんなに安かったっけ?

1つ目のホテルなんて中心地から1.8kmで朝食付き2人1泊6,211円ですよ・・・。

宿泊者のレビューも8.5なので、利用者の満足度も高いことがわかりますよね。

ローマで食べた本場のカルボナーラ

ローマで食べた本場のカルボナーラ

外食費もそこまで高くないですよ。

上のカルボナーラで9ユーロ(約1100円)。

9ユーロと聞くと、そこまで安くないように感じますよね?

でも量は日本の1.5倍あり、現地産の新鮮チーズがこれでもかというほどふりかけられています。

この質と量のカルボナーラを日本で食べると間違いなく1500円以上しちゃうでしょう。

ローマの本場ジェラート

ローマの本場ジェラート

ジェラートも写真のもので3ユーロほど。

味も濃厚で日本人が食べても感動するくらい美味しかったです!

ただ、遺跡や美術館の入場料は5〜15ユーロします。

京都の清水寺の入場料が400円なので、イタリアの入場料はかなり高めです。

とはいえローマは無料の遺跡も多いし、ベネチアも入場料のかかる場所が少ないです。

全ての観光地にお金がかかるわけではないんですよ。

参考記事:【イタリアの物価】ローマ・ベネチアの交通費、食費、宿泊費

ホテルと航空券が大幅に割引される「エクスペディア」

ここまで紹介してきたBooking.comは、ホテルの予約サイトです。

航空券とホテルを一緒に予約したい人は、エクスペディアがオススメですよ。

このサイトのすごいところはホテルと航空券を自分の好きなように組み合わせて予約できるところです。

つまり【高級ホテル】+【格安航空券】のような組み合わせも自由に選ぶことができるのです。

また更にすごいのが、ホテルと航空券を同時に予約すると大幅な割引もできちゃうところ。

以下で予約の様子を簡単に説明していきますね。

【エクスペディアでホテルと航空券を同時予約する方法(大幅割引アリ)】

まず、エクスペディアにアクセスします。(以下の画面が開きます。)

エクスペディア予約画面

エクスペディア予約画面

「航空券+ホテル(海外・国内)」をクリックします。(①の箇所)

「出発地」「目的地」「人数」「日付」などを入力します。(②の箇所)

「検索」をクリックします。(③の箇所)

検索結果画面

検索結果画面

すると、いきなり割引されたホテルがたくさん表示されます。

この中から好きなホテルを選択し、次に同じ要領で好きな時間の航空券を選択します。

エクスペディアでの予約方法は以上です。(簡単でしょ?)

もちろん出発空港や時期により、割引が少なかったりすることもあります。

でも基本的には一年中なんかしらの割引を受けることができるのでかなり重宝します。

これは例ですが、台北への航空券とホテル(リージェントホテルやニッコーホテルに3泊)で合計5万円前後でした。

というわけで海外旅行を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

無料で海外旅行保険が適用されるエポスカード

エポスカードがお得な理由!

①入会費&年会費が永久に無料
②海外旅行保険が最大270万円適用
③持ってるだけで適用

ちょっとでも安く旅行を!おすすめ予約サービス一覧

多くのホテルが割引中の予約サイト → 【Booking.com】世界のホテル割引予約

暮らすように旅ができる宿泊予約サイト → 【Airbnb】

航空券とホテルをまとめ予約で割引になる → 【Expedia Japan】

団体ツアー旅行の定番 → エイチ・アイ・エス

海外でポケットWi-Fiルーターを持つ

関連記事:ヨーロッパ一周旅行の費用(予算)を公開!格安で周遊するコツとは?