シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾旅行の予算・費用を徹底解説。2泊3日や3泊4日はいくら必要?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾旅行の予算・費用を徹底解説。2泊3日や3泊4日はいくら必要?

台湾旅行の予算・費用を徹底解説。2泊3日や3泊4日はいくら必要?

海外旅行前に気になるのが旅の予算です。

もちろん海外でもカード払いはできますが、屋台などでは現金しか使えないこともあります。

ですので、あらかじめ旅行の費用をだいたい把握しておくことは大切です。

というわけで今回は2泊3日〜3泊4日の台湾旅行に必要な費用(予算)についてまとめました。

この文章を読んでほしい人

→ 台湾旅行の大体の予算(費用)が知りたい人

※以下は一人当たりの旅行費

※1元=3.6円

スポンサーリンク

台湾旅行の予算(費用)はこれだ!

台湾個人旅行の費用(予算)

航空券代(往復)12,000円〜30,000円
ホテル代    5,000円〜20,000円
現地での費用  30,000円
合計            44,000円〜80,000円

上記は2泊3日の金額です。

3泊4日であれば、これに1日分のホテル代と現地費用をプラスして、合計56,500円〜100,000円くらい。

なお、これだけ金額に差があるのは、航空券とホテルの金額差よるところが大きいです。

航空券とホテルの詳細については後述します。

台湾団体旅行の費用(予算)

ツアー料金(航空券+ホテル+送迎+食事込み) 30,000円〜60,000円
現地での費用                 15,000円〜20,000円
合計                     45,000円〜80,000円

上記は2泊3日の金額です。

3泊4日であれば合計で62,500円〜110,000円くらいになります。

なお、団体旅行は空港とホテルの送迎や観光地までの送迎、また食事も料金に含まれているのでお得感があります。

ですが、個人的に興味のない場所もツアーに含まれていたり、一つの観光地での滞在時間に制限があったりするので、自由度は低いです。

結論:台湾旅行の予算は5万円〜8万円が相場

個人旅行にしろ団体旅行にしろ、台湾旅行はだいたい5万円〜8万円くらいが相場です。

これはマッサージやお土産も含んだ計算になります。(現地での費用の部分)

つまり、高級料理をたくさん食べたり高額なお土産を買ったりしない限り、上記金額の範囲内に収まるということです。

台湾旅行の費用(予算)の内訳

日本から台湾への航空券の費用

日本から台湾への航空券の費用

日本から台湾への航空券の費用

日本から台湾への航空券は往復で12,000円〜30,000円です。

航空券の料金は、航空会社や時期によって異なります。

例えば、格安航空会社(LCC)は安く、LCC以外の航空会社は高い傾向にあります。

ですが、LCCは夜中の1時に出発したり、機内で料理や飲み物が提供されなかったり、荷物の預け入れができなかったりします。

逆に、LCC以外の航空会社は日中の正常な時間に出発し、機内食やドリンクも提供され、スーツケースも預け入れができます。

このようにサービス内容に違いがあるので、自分や家族のコンディションを見て、どの航空会社を利用するかを判断したいものです。

また、ゴールデンウィークやお盆などの長期連休はLCCもそれ以外もチケットが高くなります。

これも一概には言えませんが、場合によってはいつもの2倍の値段まで跳ね上がるなんてこともあるのでお気を付けください。

ちなみに、私のオススメのLCCはジェットスタータイガーエアです。

往復チケットが常に20,000円くらいで買えてお得です。

また、LCC以外であればエバー航空キャセイパシフィックが快適で最高。

事故率も低く、国際的に信用されている航空会社です。

台湾での宿泊費

台湾での宿泊費

台湾での宿泊費

1泊:2,500円〜10,000円

2泊:5,000円〜20,000円

3泊:7,500円〜30,000円

1泊2,500円はドミトリー、1泊10,000円はかなりピカピカで立地条件のいいホテルです。

また都会か田舎か、どんなサービスや施設が付いているかによっても金額が変わってきます。

台湾の宿泊費については過去記事【台湾の物価】台北の交通費、食費、宿泊費が安いか現地在住者が検証に詳しくまとめてありますのでご覧ください。

現地での費用(夜市、マッサージ、お土産など)

現地での費用(夜市、マッサージ、お土産など)

現地での費用(夜市、マッサージ、お土産など)

現地での費用はだいたい30,000円くらいが目安です。

台湾旅行における主な現地費用は以下の通りです。

MRT(捷運):20元〜30元(約73円〜109円)

バス:15元(約54円)

タクシー初乗り:70元(約255円)

タピオカミルクティー:30元〜45元(約109円〜約164円)

マンゴーかき氷:100元(約365円)

鼎泰豐の小籠包10個:200元(約730円)

水:15元〜20元(約54円〜約73円)

台湾ビール:330ml 35元(約126円)

SIMカード3日間:300元(約1,095円)

タバコ一箱:60元〜90元(約219円〜約328円)

故宮博物館の入場料:250元(約912円)

台北101の展望台:600元(約2,190円)

マッサージ60分:800元(約2,880円)

参考:【台湾の物価】台北の交通費、食費、宿泊費が安いか現地在住者が検証

これにプラスしてお土産を買ったりすると、だいたい30,000円くらいになると思われます。

もちろんこれも人によるので一概には言えないんですけどね。あくまで参考です。

台湾での両替の方法

台湾に着いてから両替できる場所は以下の四つ。

空港の両替所

ホテル

デパート

銀行

なお、両替の際はパスポートが必要になりますのでお忘れなく。

経験上、台湾に着いてすぐに空港で両替することをオススメします。

なぜなら、すぐに現金がゲットできる上に為替レートもいいからです。

また、街中で現金が足りなくなってしまったらデパートに行って両替しましょう。

特に台北駅周辺であれば駅裏の新光三越の一階が、東区周辺であれば太平洋そごう復興館の地下2階がオススメです。(場所が見つけやすい)

ちなみに2017年8月22日現在、台湾元と日本円のレートは1元=3.6円となっています。

しかしこのレートではちょっと計算しにくいので、1元=4円で計算するようにしましょう。

両替すると両替手数料も上乗せされるので、1元=4円で計算してもそこまでズレは生じないはずです。

台湾のお金についてより詳細に知りたい人は、過去記事「台湾のお金(通貨)の種類について解説!【ニュー台湾ドル/元】」をご参照ください。

海外保険付きのクレジットカードを持って行こう!

現金3万円以外に、突発的な出費にも対応できるようクレジットカードを持っていくようにしましょう。

中でもエポスカードは最強で、年会費が無料なのに海外旅行保険が自動付帯なんです。

これがどういうことかというと、旅行先で怪我や事故にあっても、エポスカードを持ってるだけで保険がおりるということなんです。(このカードで買い物とかしていなくてもいい)

だからエポスカードは海外旅行の際に是非持っておきたいアイテムの一つなんです。


他にも個人的にかなりオススメなのが三井住友VISAカード

これは初年度年会費が無料で海外旅行保険が自動付帯になっている優れものなんです。

もちろん、Visa以外にもMastercardも選ぶことができます。



私はまだ海外で病気になったり事故にあったことはありませんが、海外旅行保険付きのカードを2つ持っているので安心感が違います。

なぜなら、海外旅行保険付きのカードはバラバラに保険額を請求することができるため、事故にあった際には2つのカード会社から保険料がもらえるようになっているからです。

ですのでヨーロッパ一周旅行をしていたときも安心感はありました。

この通り複数のカードを同時に持って旅行に行くのはかなりオススメです。

最後に

結論、台湾旅行は合計で5万円〜8万円くらいかかり、ポケットマネーは3万円くらいを用意すれば問題ないです。

また、もしもの時のために海外旅行保険付きのクレジットカードも申し込んでおきましょう。

突然の出費や事故や病気にも問題なく対処することが可能です。

では、皆様の台湾旅行が楽しく快適なものとなりますように。

【Follow Me】

Twitter → @oogoda1
Facebook → ゴダラボ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする