シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【スウェーデンの物価】ストックホルムの交通費、食費、宿泊費まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデンの物価

こんにちは。

2016年に半年ほどデンマーク留学していたゴダです。

(Twitterで北欧のことも時々つぶやいてます → @oogoda1

ここではスウェーデンの物価について説明します。

わたしは2016年12月に3週間ほどスウェーデンに滞在しており、この記事はそのときの経験をもとにまとめました。

この文章を読んでほしい人

→ スウェーデン旅行をする予定の人
→ スウェーデンの物価が知りたい人

スポンサーリンク

他の北欧諸国と比べると物価が低いスウェーデン

物価の高いヨーロッパの中でも、北欧の物価は特に高いと言われています。

また、その中でもノルウェー、デンマーク、アイスランドの物価は更に高いです。

しかし、スウェーデンに関してはそこまで高いわけでもないんです。

もちろん物価が低い東欧諸国と比べると高いですが、感覚としてはドイツや日本と同じか、やや高い程度。

もちろん、モノによっては日本よりもだいぶ高かったり、逆にモノによっては日本より安かったりします。

でも、ホステルやスーパーの商品の値段は日本並みであり、頑張れば節約することも可能です。

というわけで以下では、わたしが実際に買ったものを中心に、スウェーデンの物価を紹介させていただきます。

※スウェーデンの通貨は「SEK(スウェーデンクローナ)」です。「kr」とも表記します。

※2017年6月現在、1SEK=12.7円

交通費

タクシー

ストックホルムの初乗り代 45クローナ(約571円)

まず、以下がスウェーデン各都市のタクシー料金表になります。

初乗り賃 1kmごとの追加費
ヨーテボリ 47.00 kr 14.00 kr
ヘルシンボリ 44.50 kr 9.50 kr
ルンド 65.00 kr 9.72 kr
マルモ 59.00 kr 11.00 kr
ストックホルム 45.00 kr 13.00 kr
ウプサラ 47.50 kr 13.00 kr

ストックホルムの初乗り料金は45クローナ(約571円)で、日本とほぼ同じであることが分かります。

そして、ストックホルム以外の都市がこれより高いので、全体的に日本より高いということですね。

ルンドの初乗り代なんてストックホルムの約1.5倍もしてびっくりです。

なお、24時以降は深夜料金となりますのでお気をつけください。

バス、地下鉄、電車、路面トラム

ストックホルム

地下鉄片道 36クローナ(約456円)

アクセスカード使用時の地下鉄片道 25クローナ(約316円)

ストックホルムには、バス・地下鉄・電車・路面トラムの共通カードがあります。

その名も「Access Card」(アクセスカード)。

これはチャージ式の交通カードでして、日本でいうスイカのようなものです。

アクセスカード自体は20SED(約254円)で購入でき、さらに自分でお金をチャージして使います。

もちろん毎回単発のチケットを購入することも可能ですが、アクセスカードを使用した方がだいぶお得になります。

アクセスカード(Access Card)

アクセスカード(Access Card)

具体的には、バスや地下鉄に約4回乗れば元が取れてしまう計算となります。

なので、ストックホルム旅行の際はぜひアクセスカードの購入を検討してください。

ちなみに、アクセスカードはSL Centerという駅内の交通案内所か、commuter rail stationsという駅内の窓口で購入することができます。

駅員さんに上の写真を見せながら「I want Access Card」といえば案内してもらえます。

購入は簡単なのでトライしてみてください。

また、ストックホルムには「ストックホルムパス」という観光地の入場券がついた交通パス券もあります。

観光地の入場券が付いているので料金は高いですが、たくさん観光地に行く場合はお得です。

ストックホルムをしっかり観光したい人にオススメのカードとなっております。

Stockholm Pass 公式サイト(英語)

ヨーテボリ

トラム片道 26SEK(約330円)

ヨーテボリ(スウェーデン語:Göteborg、英語:Gothenburg)はスウェーデン第二の都市であり、古くて美しい街並みが残る港町です。

なお、交通についてはストックホルムと同じように、「ヨーテボリシティカード」を使うとお得です。

このカードは駅構内で簡単に購入することができます。

長距離移動

・飛行機(片道)

ストックホルム → ヨーテボリ 200〜2500 SEK(約2540〜31750円)

ストックホルム → キルナ 400〜3500 SEK(約5080〜44450円)

・バス(片道)

ストックホルム → ヨーテボリ 250〜450 SEK(約3175〜5715円)

マルモ → ヨーテボリ 130〜250 SEK(約1651〜3175円)

・鉄道(片道)

ストックホルム → ヨーテボリ 195〜1000 SEK(約2476〜12700円)

ストックホルム → キルナ  700〜1500 SEK(約8890〜19050円)

長距離移動に関しては、全体的に日本国内の移動と同じくらいの値段だと思われます。

ストックホルムはすごく魅力的な都市ですが、古い街並みが残るヨーテボリや、デンマークとの結びつきの強いスコーネ地方(ルンド、マルモ等)も素敵です。

時間がある方は、ちょっと遠くまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

参考サイト(英語)

食費

実際に私がスウェーデンで食べたモノを写真付きで説明します。

カフェ

ESPRESSO HOUSE

ESPRESSO HOUSE

左から、

ホワイトホットチョコ 45SEK(約571円)

コーヒー 30SEK(約381円)

北欧風チョコボール 26SEK(約330円)

ここはスウェーデンの大手コーヒーチェーン店「ESPRESSO HOUSE」です。

スウェーデンの街を歩いていると本当によく見かけます。

ESPRESSO HOUSEの看板

ESPRESSO HOUSEの看板

ESPRESSO HOUSEの店内

ESPRESSO HOUSEの店内

店には大きなガラス窓が埋め込められていて、木の温もりが優しいインテリアが多く使用されています。

店舗数が多く、内装は広々としていて、無料Wi-Fiもある。

スウェーデン観光中に休憩するならESPRESSO HOUSEがオススメです。

ケバブ

ケバブ

ケバブ

イスケンダルケバブ(ドリンク付き) 75SEK(約952円)

ヨーロッパ旅行をしていて意外によく食べるのがケバブ(中東料理)です。

もしかしたら節約旅行が好きな私だけなのかもしれませんが、どこにでもあり、その上安くて美味しいので重宝します。

またヨーロッパのケバブはボリュームが多いので、スナック感覚ではなくちゃんとした食事として食べることができます。

グリルドチキン

グリルドチキン

グリルドチキン

グリルドチキン(ドリンク付き) 75SEK(約952円)

これはストックホルム中心地にある「kungshallen」というフードコートで食べたものです。

円安であっても、ストックホルム中心部のちゃんとしたフードコートで1000円以下で食べられます。

もちろん、チキンはかなり大きくて、下にポテトとサラダがありますので、これだけでお腹いっぱいになります。

確かにこれはスウェーデン料理と言えないかもしれませんが、選ばなければ安く美味しいものを食べられるのです。

シナモンロール

Cafe Husarenのシナモンロール

Cafe Husarenのシナモンロール

世界一大きいシナモンロール 50SEK(約635円)

でかい変顔を貼り付けてしまい申し訳ございません(笑)

でも世界一大きいシナモンロールの大きさがよく分かる写真なので貼らせていただきました。

スウェーデン第二の都市ヨーテボリには、世界一大きいシナモンロールで有名なカフェ「Cafe Husaren」があります。

「世界一大きい」と聞いていたので期待していましたが、実際に買ってみると私の顔より大きくてビックリしました。

この時はちょうど焼きたてのものが買えたので、表面はカリカリで中はフワッとしていて、食感が最高でした。

しかも甘さ控えめの上品な味でした。さすがスウェーデン。

なお、ここのシナモンロールは世界一大きいので50SEKですが、他の店に売られているような通常サイズのものはもっと安いです。

トナカイの肉

トナカイの肉

トナカイの肉

冷凍のトナカイ肉 34.95 SEK(約443円)

レストランのトナカイ肉 200〜300SEK (約2540〜3810円)

北欧のトナカイ料理は有名です。

どのくらい有名かというと、レストランだけでなくスーパーでも購入できるほど。

私も実際にスーパーで冷凍トナカイを購入し(上の写真です)、自分で調理してみました。

味付けは簡単。塩コショウで味を整える程度です。

あんまり美味しくなくてうんざりする私

あんまり美味しくなくてうんざりする私

一口目で思ったことは・・・

臭みが強く、食感も硬い、ということ。

とてもじゃないけど美味しいとは言えません。

ですが、これはスーパーの冷凍商品なので仕方ないのかもしれません。

ちゃんとしたレストランで食べれば美味しいはずですので、スウェーデン旅行の際はぜひお試しください。

その他の値段

外食

ビッグマック : 48SEK(約609円)

スウェーデン国産ビール 500ml : 60SEK(約762円)

海外ビール 330ml : 55SEK(約698円)

コーラやペプシ 330ml : 17.19SEK(約218円)

水 330ml : 15.86SEK(約201円)

スーパー

牛乳1リットル : 10.18SEK(約129円)

パン 500g : 20.37SEK(約258円)

卵12個 : 25.52SEK(約324円)

チーズ1kg : 83.2SEK(約1056円)

りんご1kg : 22.77SEK(約289円)

バナナ1kg : 21.04SEK(約267円)

平均的なワイン : 80SEK(約1016円)

スウェーデン国産ビール500ml : 16.46SEK(約209円)

マルボロ1箱 : 59SEK(約749円)

参考:NUMBEO

宿泊地

ホテル

ビジネスホテル(2部屋) 一泊500〜1000 SEK

高級ホテル(2部屋) 一泊1500〜3500 SEK

実際、わたしがヨーテボリで泊まったMasthuggsterrassens Hostelは、二人で一泊506kr(約6426円)でした。(下写真のホテルです。)

ヨーテボリのMasthuggsterrassens Hostel

ヨーテボリのMasthuggsterrassens Hostel

正直言って狭いホテルでしたが、清潔で静かで、近所にスーパーがあり、旧市街(Haga)も徒歩15分くらいだったのでかなりオススメです。

なお、Booking.com上での口コミ評価は8.3/10点と高評価です。

ちなみに、スウェーデンにはチップの習慣はありません。

Air B&B

ベット一つのアパート 400〜1500 SEK(約5080〜19050円)

値段に開きがあるのは、築年数や所在地がバラバラだからでしょう。

実際、わたしも何回かAir B&Bを使用したことがありますが、新しいアパートや豪華なアパート、中心地から近いアパートなんかは、値段が高い傾向にあります。

Air B&B

ドミトリー

一泊だいたい175〜300 SEK(約2222〜3810円)

実際、私がストックホルムで宿泊したストックホルムホステルも、一泊258kr(約3282円)でした。(下写真のホステルです。)

Stockholm Hostel(ストックホルムホステル)

Stockholm Hostel(ストックホルムホステル)

ここは中心地にあるストックホルム市庁舎やガムラスタンへも徒歩圏内であり、そのうえ清潔で静かだったので、満足度はとても高かったです。

もちろんBooking.comでも8.1/10点の高評価です。

観光地などの入場料

ストックホルムとヨーテボリの主な観光地をピックアップしてみました。

・ノーベル博物館 大人120kr(約1524円) ※火曜日17〜20時無料

・ストックホルム王宮 大人160kr(約2032円)

・大聖堂 大人40kr(約508円)

・ストックホルム市庁舎 大人110kr(約1397円)

・ドイツ教会 無料

・スウェーデン王立歌劇場 大人120kr(約1524円)

・ヴァーサ号博物館 大人130kr(約1651円)

・リセベリ遊園地 大人100kr(約1270円)

京都の清水寺が400円であることを考えると、スウェーデンの入場料はかなり高いと言えるでしょう。

それでも「ストックホルムパス」を購入することで入場料を無料にすることができます。

ですので、最初に自分が見たい観光地をピックアップし、どのようにチケットを購入すれば得か、計画的に旅行したいものです。

まとめ

・北欧の中でもスウェーデンの物価は安い方。

・感覚としては、日本やドイツよりやや高いと言ったところか。

・しかし、それでも今は円安時代だし、ものによってはかなり割高に感じることも。特にタクシーや外食などは高く感じます。

・宿泊に関しては狭くて簡単でいいのであれば、清潔で交通の便の良いホテルが沢山あります。

・中でも特にオススメなのがBooking.comというホテル予約サイト。毎日どこかのホテルが割引しています。(高級ホテルも頻繁にディスカウントしてる。)

・観光地の入場料は高い。だいたい120kr(約1524円)以上します。

最大10,000円引きのクーポンを使ってスウェーデン旅行をしてみませんか?

ストックホルムだけでも数百件のホテルが登録されている

ストックホルムだけでも数百件のホテルが登録されている

現在じゃらん海外で、海外のホテル代金が最大で10,000円引きになるクーポンを無料配布しています。

これは今あるホテル予約系のサイトの中でも一番お得なクーポンとなっています

じゃらん海外経由でホテル予約をする方法は以下の記事にまとめましたので参考にしてください。

【じゃらん】海外ホテル最大一万円OFFクーポンの取得方法を解説

北欧関連記事

【デンマークの物価】コペンハーゲンの交通費、食費、宿泊費について

北欧スウェーデンのクリスマスマーケットまとめ(ストックホルム)

スウェーデンのアビスコでオーロラ鑑賞!アクセスやベストシーズンまとめ

半年間pocketに保存し続けたデンマークの観光地・生活情報まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする