★☆オンライン台湾中国語の台台レッスン/25分480円☆★
Profile(自我介紹)Contact(聯絡我)

台湾の煮卵「茶葉蛋」を徹底解説。成分、買い方、味はいかに?

台湾の煮卵「茶葉蛋」を徹底解説。成分、買い方、味はいかに?

台湾の煮卵「茶葉蛋」を徹底解説。成分、買い方、味はいかに?

どうも〜、ゴダです。

台湾のコンビニに入ると、独特のニオイがしますよね?

今回のあの独特のニオイの正体「茶葉蛋」についてです。

 

スポンサーリンク

台湾の煮卵「茶葉蛋」とは?

「茶葉蛋」は台湾風ゆで卵です。

茶蛋もしくは茶鶏蛋と呼ぶこともあります。

作り方はシンプルで、ゆで卵を以下調味料を含んだ煮汁に浸けて煮るだけ。

  • 五香粉(八角、桂皮、陳皮、花椒)
  • 茶葉(紅茶、烏龍茶、プーアル茶、ジャスミン茶など)
  • 醤油
  • 砂糖

そのため卵の色は黒くなり、卵の表面にひび割れのような模様ができます。

なお、茶葉を使わないバージョンもありますが、それでも「茶葉蛋」と呼ぶそうです。

※五香粉とは、八角などの中華風スパイスが入った調味料のこと。

 

スポンサーリンク

台湾の煮卵「茶葉蛋」はコンビニで買える!

台湾の煮卵「茶葉蛋」はコンビニで買える!

台湾の煮卵「茶葉蛋」はコンビニで買える!

茶葉蛋は台湾のコンビニで買えます。

7-11、全家、Hi-Life、OKmartなど、台湾のコンビニならどこでも売ってます。

お値段は1つ10元(約36円)。

ちょっとお腹が空いたときやダイエットや筋トレをしているときなど。

いろんな目的で好きな個数を買えるのがありがたいです。

※他にも、一部のスーパーや観光地の屋台などで買うことができます。

 

スポンサーリンク

台湾のコンビニで「茶葉蛋」を買ってみよう!

茶葉蛋の購入方法

茶葉蛋の購入方法

コンビニに入ると、レジ付近に茶葉蛋の鍋が置いてあります。

フタが閉まっていれば、自分で開けましょう。

 

茶葉蛋を取り出す

茶葉蛋を取り出す

近くにトングがぶら下がっているので、トングで茶葉蛋を取り出しましょう。

茶葉蛋は色が濃ければ濃いほど味が染みています。

あまりにも黒くて古いものは避けた方がいいですが、個人的には濃い方が美味しいと思います。

 

茶葉蛋用のビニール袋

茶葉蛋用のビニール袋

鍋の近くに茶葉蛋用のビニール袋が置いてあります。

自分で一枚取り出して、ここに茶葉蛋を入れます。

ここまでできたら、直接レジに行ってお会計をするだけです。

 

台湾の「茶葉蛋」を食べてみた感想

台湾の「茶葉蛋」を食べてみた感想

台湾の「茶葉蛋」を食べてみた感想

ビニール袋の中でうまく殻をむきます。

アツアツなので火傷しないように気をつけましょう。

 

台湾の「茶葉蛋」を食べてみた感想

台湾の「茶葉蛋」を食べてみた感想

殻をすべて剥くことができました。

この茶葉蛋は色が濃いため、味が染み込んでいることが分かります。

 

台湾の「茶葉蛋」を食べてみた感想

台湾の「茶葉蛋」を食べてみた感想

八角入りの五香粉で煮込んでいるので、漢方のような香りがします。

ただ、この香りはクセがなく、さっぱりとした風味です。

また、塩味もそこそこ効いていて美味しいです。

色が濃くない卵を選んでしまうと、茶葉蛋特有の香りが弱くなってしまいます。

個人的には五香粉の味が美味しいと思うので、どうせなら色が濃いものを選びましょう。

 

私が個人的に思う「茶葉蛋」が美味しかった店

上で、コンビニ以外でも、一部のスーパーやお土産屋さんで買うことができると書きました。

ここでは、わたしが過去にコンビニ以外で美味しいと思ったお店を紹介します。

 

①金盆阿嬤的香菇茶葉蛋

①金盆阿嬤的香菇茶葉蛋

①金盆阿嬤的香菇茶葉蛋

ここは台湾中部・日月潭にある茶葉蛋の名店です。

シイタケと一緒に煮込んでいるため、ダシの味がしっかりついています。

(所在地:南投縣魚池鄉中正路338號

▼参考記事

台湾・日月潭のオススメ観光地、ホテル、アクセス(行き方)、日帰り
8月11日から一泊で台湾・日月潭旅行に行ってきました。ここでは筆者の体験をもとに、オススメ観光地、ホテル、アクセス(行き方)、日帰り旅が可能かどうかについてまとめています。

 

②乾益堂中薬行

②乾益堂中薬行

②乾益堂中薬行

こちらは台湾の離島・澎湖にある茶葉蛋の名店です。

元々は漢方のお店であり、漢方を利用して茶葉蛋を作るようになりました。

漢方の爽やかな風味があり、コンビニとはまた違った味わいとなっています。

離島なので寄りにくいですが、澎湖に行くことがあったらぜひ食べてみましょう。

(所在地:澎湖縣馬公市中央街42號

▼参考記事

台湾の離島・澎湖のおすすめ小吃グルメ13選!馬公、白沙、西嶼など
澎湖でおすすめの小吃店をまとめました。澎湖といえばイカやビーフンなどが有名ですが、ほかにもまだまだたくさん注目グルメはあるんですよ〜!というわけで澎湖旅行をする方はぜひ参考にしてみてください。

 

番外編:台湾のスーパーで茶葉蛋用の調理パックが買えるよ!

台湾のスーパーで茶葉蛋用の調理パックが買えるよ!

台湾のスーパーで茶葉蛋用の調理パックが買えるよ!

台湾のスーパーでは、茶葉蛋用の調理パックが買えます。

使い方はとてもシンプルで、ゆで卵を作った後に、この調理パックと一緒に煮るだけ。

味を染み込ませなきゃいけないので時間はかかりますが、家で茶葉蛋が作れるのは嬉しいですよね。

これなら税関で引っかからないし、台湾土産に最適です。

台中のスーパーのこの商品は、1箱2パック入りで32元(約100円)でした。

 

台湾の「茶葉蛋」まとめ

最後に今回の記事の内容をまとめます。

  • 茶葉蛋は五香粉、醤油、茶葉、塩、砂糖などで煮込んだ黒い煮卵。
  • 茶葉蛋は五香粉で煮込んでいるため、漢方の独特な香りがする。
  • 台湾のすべてのコンビニ、一部のスーパー、観光地の屋台などで買える。
  • コンビニでの価格は1個10元(約36円)。
  • スーパーで買える茶葉蛋の調理パックはお土産にもオススメ。

以上となります。

茶葉蛋はとっても美味しいので、台湾旅行の際にトライしてみてくださいね。

▼参考記事

台湾の調味料・八角とは?苦手な人向けに八角が入ってない料理を紹介
ここでは台湾の調味料・八角について徹底解説させていただきます。具体的には、八角とは何か?、八角はどんな香り?、八角は臭いか?、台湾で八角が入ってる料理は?、台湾で八角が入ってない料理は?などについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました