スポンサーリンク

【ベネチア最安値?】5ユーロ激うまパスタの店「Bigoi」(ビゴイ)

ベネチアの安くて美味しいパスタ店

ベネチアの安くて美味しいパスタ店Bigoi

ベネチアの人気パスタ店「Bigoi」(ビゴイ)

ベネチアは本当に物価の高い街で、ベネチア島内のレストランでパスタとサラダとちょっとした前菜がついているようなセットを食べようとすると、昼でもだいたい一人14ユーロ(≒1700円)以上になってしまいます。

せっかく遠いところまで旅行に来たのだから、ちょっとくらい高いお金を払ってもいいとも思いますが、安くて美味しいならそれにこしたことはないですよね。そして、そんな安くて美味しいパスタ屋さんがベネチア島内にあるのです。

その店の場所は、前回紹介したデザート店「Tonolo」のすぐ近くにあります。約徒歩2~3分といったところです。

とにかくびっくりするくらい美味しくて、その上一律5ユーロと、ベネチアでは一番安いであろうパスタの店です。

詳しい住所や地図などは後述するとして、まずはそのメニューを見ていきましょう。

スポンサーリンク

英語メニューあり。パスタは全部5ユーロ。

英語メニュー表

英語メニュー表

(訳)
トマトソース
ジェノベーゼ
ノルマ(ナスとトマトのパスタ)
ボロネーゼ
ダックラグ
アマトリチャーナ
シーフード
サルサ
イカスミ

店内には英語メニューとイタリア語メニューしかありませんが、日本で聞いたことがあるような名前のパスタばかりなので簡単に注文できるはずです。

しかし、唯一ダックラグというメニューだけは聞いたことがなかったので、実際に注文して食べてみました!(詳細は以下に記しました)

このダックラグというパスタ、どうやらその名の通り本当に鴨(ダック)を使っているようです。日本ではなかなか聞かない名前なので、ぜひイタリアでトライしてみたいですね。

ちなみにここのメニューは一律5ユーロ(≒600円)です。日本でも5ユーロのパスタってなかなかないのに、ベネチア本島でこの値段で本格パスタが食べられるってすごくないですか!?

安すぎなので最初は「大丈夫かな?」と思いましたが、においをかいだ瞬間それは不要な心配だったことが分かりました。

ちょっとにおいをかいだだけで「絶対に美味しい!」って瞬間的に分かってしまうんですよ。

スポンサーリンク

ダックラグは激ウマ

鴨のパスタ「ダックラグ」

鴨のパスタ「ダックラグ」

ダックラグがどんなものかすごく気になったので、実際に注文してみました。

食べてみて分かったのですが、細切れ状の鴨肉がたくさん入っているソースのパスタのようでした。

塩味と鴨のダシがしっかり効いてて、白ワインに合いそうでした(笑)

かなり美味しかったですよ!

イカスミパスタも激ウマ

イカスミパスタ

イカスミパスタ

日本でもイカスミパスタは何回か食べたことがあるんですけど、やっぱり本場のイカスミパスタは違いました。

海鮮の風味が濃厚で、旨み成分がすごい凝縮されてるんですよ。

例えるのが難しいんですけど、ものすごく濃厚な海鮮スープとか海鮮味噌汁に似ています。

そしてイカもゴロゴロ大きいのがたくさん入っていて、本当にこれで5ユーロでいいのか心配になってしまうほどでした。

麺はモッチリ。完全に自家製麺です!

自家製パスタ

自家製パスタを作っているところが見える

できたての自家製パスタ

できたての自家製パスタをそのまま茹でて出してくれる

美味しさの秘訣は麺にもあります。

イタリアに来てからというもの、既に10回以上レストランで外食しています。

そして10回以上外食して気付いたことが、どこのレストランもすべて自家製麺を使用していて、コシのある讃岐うどんのようにモチモチしているということです。

歯ごたえも味もすべてが日本のパスタ麺と違っていて、これまで自分が日本で食べていたパスタは何だったのかと思ってしまうくらいです。

そして、それはここ「Bigoi」も例外ではなく、5ユーロパスタ店なのに麺はしっかり自家製で、ものすごく美味しかったです。

5ユーロという安さの秘密

ベネチアの安くて美味しい店

客がみんな美味しいと言うので、とても満足な店員さん

「なぜ5ユーロなのか?」

「こんなに安くて、味は本当に大丈夫なのか?」

などなど、疑問に思う人もいるかもしれません。

しかしこの安さの理由は明確で、それは、テーブル席がなく、テイクアウトか立ち食いしかできないからです。

立ち食いと聞くとお行儀が悪いように感じるかもしれませんが、イタリアのレストランでは立ち食いはすごく一般的です。

(というかむしろ、イタリア人がカウンターで立ってコーヒーを飲んでるのは、絵になるほどかっこいいです笑)

ほとんどのレストランに立ち食い価格とテーブル価格があって、店によっては倍以上値段が違ったりします。

ここBigoiにはテーブル席はありませんが、カウンター席があるのでそこで立ち食いすることができます。

また、テイクアウトして外で運河を眺めながら食べるのもピクニック気分で悪くはないはず(?)。

とにかく、テーブル席がないので、全て5ユーロという驚異的な値段で食事を提供できているのです。

「Bigoi」の住所とアクセス

住所:Calle Crosera, 3829, 30123 Venezia, イタリア

以前の記事でも述べましたが、ベネチアは細い通路と水路が迷路のように入り乱れていて、地図を見て歩いても迷ってしまいます。

だから上のGoogle Mapだけではちょっと足りないかと思い、Bigoiまでの道のりの写真を撮ってみました。

途中で有名デザート店Tonoloも横切ることになるので、ぜひ寄ってみて下さいね。

【Bigoiまでの行き方】

ベネチアのパスタ屋さんのへアクセス

Bigoiまでの行き方①

①ローマ広場から「Giardino Papadopoli」という公園を抜けて、「Hotel Papadopoli」の横の橋を渡ると上のような場所に出ますので、ここを右折します。(写真に写っている方向へ進むという意味です)

ベネチアのパスタ屋さんへのアクセス②

Bigoiまでの行き方②

②2分~3分ほど直進すると上の写真のような場所に出るので、ここを左折します。(階段は登らず、運河沿いに歩いていきます)

ベネチアのパスタ屋さんへの行き方

Bigoiまでの行き方③

③上のような道をひたすら5分ほど直進します。

安くて美味しいパスタ屋さんへの行き方

Bigoiまでの行き方④

安くて美味しいパスタ屋さんへの行き方

Bigoiまでの行き方④

④上のような場所を越えたら階段がありますので、そこを登ります。

美味しくて安いベネチアのパスタ屋さんへの行き方

Bigoiまでの行き方⑤

⑤階段を下りると上の写真のような一本道に出ます。ここをひたすら4分ほど直進すればBigoiが右手に見えてきます。

ちなみに、⑤の直進の道の途中にデザートの店Tonoloもあります。BigoiもTonoloもかなりオススメなので、Tonoloもついでに行くことをおすすめします。

まとめ

・Bigoiは一律5ユーロで本格パスタが食べられる超お得な店。ベネチアに来たらぜひ寄ってみよう!

・私はイカスミとダックラグ(鴨のパスタ)の二種類しか食べてないけど、そのどちらもかなりおすすめ!でもどっちかっていうと、イカスミの方が美味しかったかな。

・場所はベネチアの玄関口「ローマ広場」から近め。詳細な行き方は上で写真つきで紹介しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

・イタリア旅行をするなら持っておきたい一冊はコチラ

ホテルと航空券が同時に予約できて、大幅割引できる旅行サイト「エクスペディア」

ここで一つ、エクスペディアという旅行予約サイトをご紹介いたします。

このサイトのすごいところはホテルと航空券を自分の好きなように組み合わせて予約できるところです。

つまり、【高級ホテル】+【格安航空券】のような組み合わせも自由に選ぶことができるのです。

また更にすごいのが、ホテルと航空券を同時に予約すると大幅な割引もしてくれるところです。

以下で予約の様子を簡単に説明したいと思います。

【エクスペディアでホテルと航空券を同時予約する方法(大幅割引アリ)】

まず、エクスペディアにアクセスします。(以下の画面が開きます。)

エクスペディア予約画面

エクスペディア予約画面

「航空券+ホテル(海外・国内)」をクリックします。(①の箇所)

「出発地」「目的地」「人数」「日付」などを入力します。(②の箇所)

「検索」をクリックします。(③の箇所)

検索結果画面

検索結果画面

すると、いきなり割引されたホテルがたくさん表示されます。

この中から好きなホテルを選択し、次に同じ要領で好きな時間の航空券を選択します。

エクスペディアでの予約方法は以上です。(簡単でしょ?)

もちろん出発空港や時期により、割引が少なかったりすることもあります。

でも基本的には一年中なんかしらの割引を受けることができるのでかなり重宝します。

台北への航空券とホテル(リージェントホテルやニッコーホテルに3泊)で合計5万円前後です。

というわけで海外旅行を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

エクスペディア

実はわたし、こちらのサイトもよく使ってます

Booking.com

イタリアおすすめ記事

・ベニスに行くなら以下のスイーツ店もあわせてどうぞ!
【ベネチア】イタリアンスイーツの老舗「Tonolo」で極上ティラミスや絶品カラメルがけシューを食べる

・ベニスに安く泊まるなら以下の記事を参考に!
【ベネチア旅行裏ワザ】メストレ(Mestre)に泊まって宿泊費を半分に抑える

・イタリアの物価情報ならこちら!
【イタリアの物価】ローマ・ベネチアの交通費、食費、宿泊費について

・イタリアの治安が気になるなら以下の記事もどうぞ!
イタリアの治安とトラブルについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー