台湾人の旧正月(台湾新年)の過ごし方。店やってる?観光できる?

台湾人の旧正月(台湾新年)の過ごし方。店やってる?観光できる?

台湾人の旧正月(台湾新年)の過ごし方。店やってる?観光できる?

どうも〜、ゴダです。

現在わたしは台湾嫁の実家でまったり旧正月を過ごしています。

とはいえ、散歩したり食事したり初詣をしたりと、特別なことは何もしてません。

ただ、台湾の初詣は日本とは雰囲気がかなり違うんですよー。

ふつう、特定の宗教を信じていなければ日本人は神社に行きますよね。

でも台湾人は大晦日に家の神棚でお祈りをします。

もちろん外にあるお寺に行く人もいるんですが、家でのお祈りは必ずやります。

というわけで今回は、今年わたしが過ごした旧正月の様子をレポートしていきたいと思います!

スポンサーリンク

そもそも旧正月って何?

旧正月(きゅうしょうがつ)は、旧暦の正月(年初)。旧暦元日(旧暦1月1日)、またはそれから始まる数日間のことである。

ここで言う旧暦とは、狭義には、中国・日本・朝鮮半島・ベトナム等でかつて使われていた、中国暦およびその変種のことであるが、下述するように、広義には、モンゴルのチベット仏教暦、東南アジア諸国の上座部仏教暦のように、他の地域・文化圏の旧暦を含む場合もある。

(以下、省略。)

Wikipediaより

簡単にいうと、旧正月とは中国暦の新年のことです。

中国語では旧正月とは言わず、過年、春節、新年、新春、農曆新年、元旦などと言います。

そして中華人民共和国だけでなく、台湾、香港、シンガポール、韓国、ベトナム、カンボジアなどにも旧正月があるんですよ。

またこれは知らない人もいるかもしれませんが、むかしは日本にも旧正月がありました。

ただ、明治期に廃止しており、ご存知の通り現代のわたしたちは西洋と同じように1月1日を新年としていますよね。

それでも沖縄の一部には今も旧正月が残っているみたいですよ。

スポンサーリンク

台湾人の旧正月の過ごし方

というわけで早速台湾人の旧正月の過ごし方を紹介していきます。

わたしは嫁の実家でしか体験したことがありませんが、他の家庭も過ごし方はだいたい同じようです。

なので今回紹介する内容は台湾人の一般的な過ごし方だと思っていただいて大丈夫です。

まずは旧暦の日付の名称を知ろう

まずは旧暦の日付の名称を知りましょう。

それぞれの日付の名称は次の通りです。

大晦日の前日 → 小年夜(2018年は2月14日)

大晦日    → 除夕夜(2018年は2月15日)

新年     → 元旦、初一など(2018年は2月16日)

新年の翌日  → 初二(2018年は2月17日)

新年の翌々日 → 初三(2018年は2月18日)

※その後も「初四」「初五」「初六」と続く。

台湾人は「除夕夜(大晦日)」をもっとも重視しています。

除夕夜のお供え物やお祝いは、元旦よりも手が込んでいます。

また、親戚一同が集まるのも除夕夜となります。

では元旦は何をするかというと、家族でテレビを見たり、食事をしたり、

お祈りなどはせずにまったりと過ごします。

※旧正月の時期は毎年違う。2018年は2月16日が元旦だった。

小年夜(大晦日の前日/2月14日)

近所の黄昏市場

近所の黄昏市場

午後、嫁の実家の近所にある市場にやってきました。

目的は・・・そう、

お供え物や自分たちで食べるご馳走の食材を買うためです!

中華菓子の店

中華菓子の店

麺の店

麺の店

海鮮の店

海鮮の店

とにかく活気がすごいんです!

それもそのはず。

年が明けると市場はしばらく閉まってしまうので、

このタイミングで食材を買っておかないといけません。

というわけで、この時期のマーケットは人でごった返します!

神棚前でお供え物の準備

神棚前でお供え物の準備

18時くらいに晩御飯を食べ、その後はしばらくダラダラします。笑

そして22時くらいからお供え物の準備を始めます。

神棚とお供え物

神棚とお供え物

ちなみに台湾の一般家庭には、だいたい上の写真のような神棚があります。

ま、日本人の家にも仏壇や神棚があることは珍しくないので、あまり特別とは言えませんね。

(どこの国にも宗教チックなものはありますよね)

お供え物

お供え物

お供え物を別角度からパシャり。

お供え物はフルーツや市販のお菓子、お団子などがメインです。

でも家庭によって供えるものは違うかもしれません。

ちなみにこの日は、この世で一番偉い神様(中国語:天公)に感謝します。

一年間守ってくださったことを感謝するのです。

神様がお供え物を食べている・・・らしい

神様がお供え物を食べている・・・らしい

お供え物を並び終えたらそのまま30分くらい放置します。

というのも、この30分間で神様が家を訪れてくださり、食事もして帰るとのこと。

この間わたしたちはオシャベリしながら神様が食べ終えるのを待ちます。

金紙

金紙

神様が食事を終えたら、次はいよいよ「金紙」を燃やす時間です!

金紙とは、実際は古紙なのですが、お金のようなプリントがほどこされた偽の紙幣のことです。

台湾の宗教用具店で購入することができます!

そして、これを焼くことで神様にお金を貢ぐことができると信じられています。

嫁が金紙を焼いている

嫁が金紙を焼いている

神棚のある部屋にはだいたいベランダがあり、ベランダにはだいたい金紙専用の焼却炉があります。

金紙を燃やす

金紙を燃やす

ここで金紙を燃やします。

いろんな柄の金紙があります

いろんな柄の金紙があります

中にはこんな綺麗な柄もあるんですよ!

かえんほうしゃ!

かえんほうしゃ!

金紙が燃え続けています。

寒い年だとこの焼却炉で暖がとれるので、このイベントが妙に嬉しかったりします(笑)

なお、これが終わるとこの日のイベントは全て終了になります。

いきなり忙しい1日でした。

この後は家族みんなでおしゃべりをしつつ、

眠くなったら寝るといった感じです。

除夕夜(大晦日/2月15日)

意外にも、台湾の年越しで一番重要なのは元旦ではなく大晦日(おおみそか)です。

除夕夜の午前10時くらいからお祈りを開始しなければいけません。

お供え物と神棚

お供え物と神棚

この日は天の神様ではなく、地基主という家の神様と、ご先祖さまにお祈りします。

お祈りするお兄ちゃん夫婦

お祈りするお兄ちゃん夫婦

わたしの台湾嫁のお兄さんとそのお嫁さんです。

お線香を三本ほど持ち、地基主とご先祖様に感謝します。

この日も金紙を燃やす

この日も金紙を燃やす

というわけでお祈りが終わったら、この日も朝から金紙を燃やしていきます!

なお、この時期はどの家庭も金紙を燃やすので、近年は空気汚染が問題視されています。

というわけで中には空気を汚染しない環境に優しい金紙もありますが、嫁の実家は普通の金紙を使っていました。

このとおり伝統的な行事にも現代風の問題がたくさんあり、

私たちの想像もつかないような社会問題が外国にはゴロゴロあるんです。

家族総出で晩御飯の支度をする

家族総出で晩御飯の支度をする

冒頭でも述べましたが、この日は一番重要な日なので、夕食もみんなでがっつり食べます!

というわけで気合を入れて午後15時くらいから夕食の支度をはじめます。

相当気合入ってます!

相当気合入ってます!

高級食材のカラスミ

高級食材のカラスミ

台湾料理なのでどこがどう豪勢なのか分かりづらいですが、

カラスミやフカヒレやウニなどが沢山使われていて実際かなり豪華なんです!

ちなみに食卓の上もかなり豪華なんですが、もっとすごいのが実は冷蔵庫の中。

これはやや古い考え方なので今の台湾人が全て同じかどうかは分かりませんが、

わたしの嫁の実家は大晦日のタイミングで冷蔵庫が満タンになるように食材を買い込みます。

今回は写真を撮りませんでしたが、実際、全く隙間がないほど冷蔵庫がぎっしりでした。

これは「今年も食べていくのに困らないよう、冷蔵庫の中身をぎっしりにして縁起の良いスタートを切る」という意味があるようです。

結局この日は22時くらいまで酒を飲みつつおしゃべりして、それから親戚の人たちがポツポツ帰宅していきました。

わたしもこの日はちょっと食べ過ぎ&飲みすぎてかなり気持ち悪かったです(笑)

関連記事:台湾からすみの食べ方。台湾人が教える調理法・焼き方を紹介!

元旦、初一(元日/2月16日)

一般的に、元旦(初一)は家族みんなでお寺に初詣に行ったり町歩きを楽しんだりします。

ただ今年の私たちはあんまり大したことをしませんでした。

近所を散歩したり、家で食事を楽しんだり・・・。

かなりまったりした感じで元旦(初一)は過ぎていきました。

初二(新年の翌日/2月17日)

一般的に、初二は「お嫁さん(母親)の実家にみんなで行く」という日です。

でも私の嫁の実家はやや特殊な事情があってお母さんの実家には行かないことになっており、

「新年ちょっと太りすぎたな!」

ということで、家族みんなで台中の町に買い物に出かけました。

宮原眼科の前の道

宮原眼科の前の道

アイスクリームで有名な宮原眼科の前の道ですが、先週くらいに舗装が完了してめっちゃ綺麗になってました。

昔は生活用水が流れるちょっと臭う川のほとりでアイスクリームを食べなければいけなかったんですが、

今はものすごく清潔な水のせせらぎのもと絶品アイスクリームが楽しめるようになりました!

東協廣場

東協廣場

東南アジアデパートとして有名な「東協廣場」にも行きました。

台中は東南アジアからの工場労働者が多い町なのですが、

そんな東南アジア人たちの生活を支えるデパートがなんと台中駅前にあります!

東南アジアスーパー

東南アジアスーパー

タイ、ベトナム、インドネシアなどの食材が売ってるスーパーや、

SIMカード店

SIMカード店

台湾で使えるSIMカード的なものが買える店や、

アクセサリー屋さん

アクセサリー屋さん

ベトナム語表記のアクセサリー店や服屋さんなど、

様々なお店が軒を連ねていました!

こんな感じでゆっくり台中で町歩きを楽しみつつ初二は終了。

あ〜楽しかった。

初三(新年の翌々日/2月18日)

一般的に、初三は「ぐっすり寝よう」という日だそうです。

でも嫁の家族はそんなことはせず、この日は晴れたのでみんなで出かけました。

お義父さんの車で南投にあるサニーヒルズ本店まで行ってきました。

台中から車で1時間弱くらい↓↓

サニーヒルズ裏にあるパイナップル畑

サニーヒルズ裏にあるパイナップル畑

広大なパイナップル畑と南投の街並み。

ザ・台湾の田舎の風景ですね。

(でも油断してるとヒアリがいたりするのでご用心♪)

ミュンヘンチョコレート工房

ミュンヘンチョコレート工房

日本人には知られていないけど、ここは南投では有名なチョコレート菓子の専門店です。

チョコレートセット

チョコレートセット

コーヒーと生チョコのセットをたのみました。

南投にこんな本格的な洋菓子店があったなんて・・・味はかなり上物でした。

慕尼黑巧克力工坊(ミュンヘンチョコレート工房)

謎の吊り橋

謎の吊り橋

「天空之橋」という南投で有名な吊り橋も体験してきました。

下はジャングルで、落ちたら死にます。

こんな感じで初三は寝るどころかかなりアクティブに遊んで終了しました。

みんなはちゃんとぐっすり寝て過ごしてたのかな?

初四(2月19日)

というわけで今日(この記事を書いてる日)が初四なのですが、

今日くらいから「開工」といって、仕事を始めるお店がちらほら目につくようになってきました。

中には初六くらいまで休むお店もあります。(詳細は後述します)

スポンサーリンク

旧正月の仕事始めはいつから?

台湾の仕事始め(開工)は職場によって違います。

一般的な企業は初五か初六から始まりますが、

個人経営の飲食店などはけっこうバラバラです。

↓この肉まん屋さんは除夕夜(大晦日)の昼から初五までおやすみ。

↓この書店は旧正月期間中は全て営業してるけど、時間はいつもより短いです。なお、通常営業時間に戻るのは初四からです。

↓このレストランは除夕夜(大晦日)から初五までお休み。

↓このレストランは小年夜(大晦日の前日)から初五までお休み。やや長めのお休みですね。

このとおり、個人経営のお店は休みの期間がバラバラです。

だから店の前の張り紙を見て確認したり、直接電話しないと休み期間がわからないです。

でも、大型のチェーン店はネットに休み期間の情報がのっています。

また、スーパーやコンビニ、デパートなどはずっと通常営業しているので、

旧正月の時期に台湾旅行に行っても買えるものはあります!

ちなみに個人経営の店は旧正月休みをわざと初六以降にとることもあります。

これは、ライバルが働いていない旧正月期間にがっつり稼ごうという作戦ですね。

観光地も休み?

観光地が休みかどうかは公式サイトを確認することをオススメします。

でも基本的にはこの時期はお客さんが増えるので観光地もやっています。

旧正月だからって旅行がしにくいということは特にないので、旅行してもいいと思います!

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー