スポンサーリンク

【日本メディア初公開?】台中必食のローカル朝食店「一心古早味蛋餅」

台中必食の一心古早味蛋餅!

台中必食の一心古早味蛋餅!

どうも〜、台中在住ブロガーのゴダです。

今回は台中で絶対に食べたいB級グルメをご紹介します。

その名も「一心古早味蛋餅」!!!

ここは台湾朝食の定番・蛋餅を提供するお店です。

これまで多くの中国語メディアで取り上げられており、地元の有名な朝食屋さんとなります。

(でも日本メディアが紹介してるのはググっても出てこない)

なお、雰囲気はとてもローカルであり、綺麗なお店をイメージしないでいただきたいです。

でも味は私が保証しますので、安心してお越しくださいね。

エポスカードは入会費&年会費が永久に無料で、海外旅行保険最大270万円が受けらる超お得なカード!

スポンサーリンク

台湾の朝ごはん「蛋餅」とは?

知らない方のために「そもそも蛋餅とは?」というところからお話しします。

もう知ってるという方はスクロールして読み飛ばしてくださいね。

一心古早味蛋餅のチーズ蛋餅

一心古早味蛋餅のチーズ蛋餅

蛋餅は一言でいうと台湾風の卵入りクレープです。

しかし味は甘くなく、ハムやチーズなどを入れて食べることが多いです。

生地は小麦粉ベースでして、チジミやお好み焼きに近い食べ物です。

醬油膏や甜辣醬をかけるのが一般的な食べ方になります。

台湾人なら誰もが口にしたことのある、朝食メニューの大定番なんです。

スポンサーリンク

台中の有名朝ごはん屋さん「一心古早味蛋餅」にいってきたよ!

というわけでさっそく食レポです。

三民路三段から少し奥まったところにある

三民路三段から少し奥まったところにある

所在地についてはこの記事の最後で紹介しますが、ここは台中の繁華街「一中街」すぐそばにある「三民路三段」という交差点の近くにあります。

とはいえ三民路三段の交差点から少し奥まったところにあるので、初めていく人はちょっと見つけにくいかもしれません。

一心古早味蛋餅の店構え(正面)

一心古早味蛋餅の店構え(正面)

どうですか?

お世辞にも綺麗とはいえない、めちゃめちゃローカルな雰囲気がなんとも言えませんよね。

というか地元人に昔から愛されている美味しいお店って、本当はこういう雰囲気の場所が多いんですよね。

週末に行くといつも大行列

週末に行くといつも大行列

実は私、今回の記事を書くために2回も一心古早味蛋餅に行きました。

1回目は週末に行ったのですが、行列がすごすぎて諦めました。

40分くらい待つって言われましたからね。

2回目。日を改めて行ってみた。

2回目。日を改めて行ってみた。

日を改めて平日に行ってみると、3組くらいしか並んでませんでした。

それでも一応10分弱は待ちました(笑)

注文方法はとてもシンプルで、列に並んでる時に店員さんが注文を聞きにくるので、その時に食べたいものをオーダーするだけです。

「中国語で注文できない!」という人は、あらかじめ下のメニューを元に注文するものを決めておくといいですよ。

一心古早味蛋餅のメニュー表

一心古早味蛋餅のメニュー表

メニュー翻訳は以下の通りです。

(左上の古早味系列)

原味蛋餅:ベーシックな蛋餅(トッピングなし)

肉鬆蛋餅:田麩が入った蛋餅

蛋包餅:蛋餅+半熟卵

火腿蛋餅:蛋餅+ハム

雙面蛋餅:表面が全て卵の生地が厚い蛋餅

總匯蛋餅:蛋餅+半熟卵+ハム

超總匯蛋餅:蛋餅+半熟卵+ハム+田麩+マヨネーズ

起司蛋餅:蛋餅+チーズ

南屯蛋餅:總匯蛋餅と原味蛋餅のセット

(右上の堡堡系列)

饅頭夾蛋:卵が入ったマントウ

肉包夾蛋:卵が入った肉まん

貴妃堡:田麩、ハム、マヨネーズ、卵が入ったマントウ

帝王堡:卵、ハムが入った肉まん

(飲品)

豆漿:台湾風豆乳(アイス/ホット)

無糖豆漿:無糖の台湾風豆乳(ホット)

豆漿紅茶:豆乳+紅茶(アイス)

紅茶:紅茶(アイス)

鮮奶茶:新鮮ミルク入りのお茶(アイス)

どれも美味しそうですが、ここのメインは蛋餅です。

というわけで私は「總匯蛋餅」と「起司蛋餅」をオーダーすることに。

總匯蛋餅(蛋餅+半熟卵+ハム)

總匯蛋餅(蛋餅+半熟卵+ハム)

でで〜ん!

というわけで5分くらい待ったらやってきました。

ハムも卵もものすごくオーソドックスなタイプです。

總匯蛋餅(蛋餅+半熟卵+ハム)

總匯蛋餅(蛋餅+半熟卵+ハム)

大きなハムをめくると、下には蛋餅がぎっしりと詰まってました。

せっかくなので、まずは何もタレをつけずにそのまま食べてみることに。

總匯蛋餅の蛋餅をそのままいただく

總匯蛋餅の蛋餅をそのままいただく

じゃじゃ〜ん!

それではまずはそのままいただきます。

ガブリ!

お!

外はカリカリ、中はふわふわで、ふわっとした仕上がりになっています。

また、生地に下味がついていて、しっかりとした塩味が美味しいです!

しかも生地には九層塔(台湾バジル)が入っていて、爽やかな風味がまた美味しい!

後から聞いたのですが、こういうふわっとしたタイプの蛋餅は「粉漿蛋餅」というようでして、他の店で提供しているようなベタっとしたタイプとは全然違うものです。

私個人もこのふわっとした生地は本当に大好きなのですが、美味しい「粉漿蛋餅」を提供する店って少ないので、けっこう探してたんですよね。

というわけで台中で「粉漿蛋餅」を食べたいならココはありです!!!

半熟卵を潰してみる

半熟卵を潰してみる

せっかくなので、半熟卵を潰して、蛋餅とからめて食べてみました。

半熟卵を潰して、蛋餅とからめて食べてみました。

半熟卵を潰して、蛋餅とからめて食べてみました。

そのまま食べるのとは違って、まろやかな味わいになりました。

うん、1つのメニューで違う味を楽しめるのは嬉しいですね!

一心古早味蛋餅のチーズ蛋餅

一心古早味蛋餅のチーズ蛋餅

そうそう、もう一つ注文していたのを忘れていましたね。

これは「チーズ蛋餅」になります。

できたてのチーズ蛋餅をいただく

できたてのチーズ蛋餅をいただく

ベースの生地は同じものでして、卵と台湾バジルが入っている「粉漿蛋餅」になります。

しかしチーズが加わることで、また一気に違ったメニューになっちゃうんですよね。

使用しているチーズもなかなか美味しかったです。

また食べたいと思わせてくれる味でした。

一心古早味蛋餅の店内の雰囲気

一心古早味蛋餅の店内の雰囲気

最後に店内の雰囲気です。

店内にはテーブルが3つしかなく、椅子は全部で8個くらいしかありませんでした。

相席制度なので案外たくさんの客が同時に座れますが、人気店にしてはちょっと小さい感じがしますよね。

というわけで席の数が少ないことも行列ができる理由の一つと言えるでしょう。

週末はかなり並ぶことが予想されるので、なるべく平日の通勤ラッシュ以外の時間に行くようにしてください。

一心古早味蛋餅の店舗情報

三民路三段から少し奥まったところにある

三民路三段から少し奥まったところにある

一心古早味蛋餅

所在地:台中市北區錦中街90號

営業時間:6:30~12:00(土日のみ7:00~12:00)

電話番号:0963010797

目印:「三民路三段」という交差点にある7-11そば。

近くにある観光地:一中街商圏(台中の原宿みたいな場所)、台中駅、台中公園

無料で海外旅行保険が適用されるエポスカード

エポスカードがお得な理由!

①入会費&年会費が永久に無料
②海外旅行保険が最大270万円適用
③持ってるだけで適用

ちょっとでも安く旅行を!おすすめ予約サービス一覧

多くのホテルが割引中の予約サイト → 【Booking.com】世界のホテル割引予約

暮らすように旅ができる宿泊予約サイト → 【Airbnb】

航空券とホテルをまとめ予約で割引になる → 【Expedia Japan】

団体ツアー旅行の定番 → エイチ・アイ・エス

海外でポケットWi-Fiルーターを持つ

お得な台湾用Wi-Fi → 台湾のWi-Fi

関連記事:台湾の朝ごはん定番メニューはこれだ!台湾でよく見る朝食12選!

関連記事:地元台中人が愛する憩いの場「茶店」とは?老舗茶店の偈亭に行ったよ

関連記事:台中人が教える台中最高の夜市「一中街」のおすすめグルメ3つ。

関連記事:台中の第二市場でグルメ探検!おすすめの6店舗を紹介。魯肉飯など

関連記事:五つ星トイレ、売春婦、神社…。何でもアリの台中公園に行ってきた