★☆オンライン台湾中国語の台台レッスン/25分480円☆★
Profile(自我介紹)Contact(聯絡我)

マレーシアでSIMカード購入!30日で約1250円、激安で焦った…

DIGIのSIMカード(30日間)

DIGIのSIMカード(30日間)

 

どうも〜、マレーシアに滞在中のゴダです。

 

マレーシアでSIMカードを購入し、スマホでネットができるようになりました。

 

結論から書くと、マレーシアのSIMは安いわりにはまあまあ速くてオススメです。

 

よっぽどの事情がない限り買ったほうがいいですよ。

 

というわけで今回はマレーシアでSIMカードを購入する方法と使用した感想について。

 

この記事がマレーシア旅行をする人の参考になれば幸いです〜。

 

スポンサーリンク

マレーシア旅行中、街のどこに無料Wi-Fiがある?速度や安定度は?

一般的にマレーシアの無料Wi-Fiスポットは多いと言われています。

 

空港やホテルだけでなく、カフェ、レストラン、ショッピングモールにもあって便利なんですよね。

 

でも実際に滞在した感想としては、それら公共の無料Wi-Fiはちょっと頼りない感じです。

 

遅すぎたり、パスワードは必要ないけど結果つながらなかったり、とにかく使えないことが多いんです。笑

 

というわけで街中のフリーWi-Fiにはあまり期待しないほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

ホテルのWi-Fiだけで乗り切れる?

ホテルのレベルにもよりますが、一般的にマレーシアのホテルのWi-Fiは不安定です。

 

とはいえホームページを閲覧したり各種SNSをやるくらいなら問題ありません。

 

ただ、ビデオ電話のような大容量を要する作業となると、映像や声が途切れてしまうんですよね。

 

だからホテルのWi-Fiだけで乗り切れるかどうかは用途次第。

 

なお、グーグルマップはあらかじめ地図をダウンロードしておけばオフラインでも使えます。

 

また、Pocketはあらかじめお気に入りのサイトを保存しておけばオフラインでもホームページが見られます。

 

だからホテルで事前準備をしておけば、SIMカードがなくても乗り切れるような気もします。

 

でも旅行にはトラブルがつきものです。

 

かならず観光中に調べたいことが出てくるので、ホテルのWi-Fiだけではやはり不安です。

 

わたしが買ったSIMカードは30日間・毎日2GBまで使えて46リンギット(約1268円)でした。

 

この通りかなり安いので、空港に着いたらさっさと買っちゃうのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

マレーシアの大手通信会社「DiGi」でSIMカードを買ったよ!

DIGIのSIMカード(30日間)

DIGIのSIMカード(30日間)

 

今回わたしは4大通信会社のひとつ「DiGi」でSIMカードを購入しました。

 

画像左上の黒がけ部分に電話番号が記載されており、好きな番号を選ぶことができます。

 

DiGiのSIMカード売り場

DiGiのSIMカード売り場

 

DiGiのSIMカードにはいくつか種類があります。

 

わたしが購入したのは「30日間・毎日2GB」のプランで46リンギット(約1268円)でした。

 

こう聞くと、2GB×30日間なので合計の容量は60GBだと思っちゃいます。

 

でも実際はYoutube閲覧用の10GBと更に別の7GB(詳細は忘れました、すみません)ももらえて合計77GBでした。

 

※初期クレジットが8リンギットかかるので、表示の値段にプラス8で合計46リンギットとなります。

 

77GB、80GB、85GBの三つのプランがあった

77GB、80GB、85GBの三つのプランがあった

 

また、プラン一覧には80GBのプランと85GBのプランもありました。

 

だから77GB(1日2GB)で足りないという方は、80GBや85GBがオススメです。

 

でも2GBって実はけっこうな量なんですよね・・・。

 

2GBあればLINEやスカイプで6.5時間もビデオ電話ができちゃいます。

 

1日でそんなに大量のデータを使用することなんてまずないですから、よっぽどのことがなければ77GBのプランで大丈夫でしょう。

 

SIMの設定は店員さんが全部やってくれた

SIMの設定は店員さんが全部やってくれた

SIMの設定は店員さんが全部やってくれた

 

SIMカードを差し込み、初期設定をして、ちゃんとネットができるようになるまで、全部店員さんがやってくれました。

 

だから自分で設定する必要はないのですが、あえていうなら携帯の言語を英語にしておいてあげると喜ばれるでしょう。

 

テザリングも可能

マレーシアで購入できるSIMカードは、DiGiに限らずどこの会社のものでもテザリングが可能です。

 

ちなみにテザリングとは、スマホをルーターとしてネット回線を飛ばし、PCなど他のデバイスにもネットを共有する機能のことです。

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、スマホからネットを飛ばしてパソコンでもネットができるようになるということです。

 

空港には1日〜7日間の旅行者用プランもある

あとで分かったのですが、クアラルンプール空港には1日〜7日間の短期プランもあります。

 

わたしは空港では買わずクアラルンプールの街中でSIMカードを買ってしまいました。

 

だから街中の店舗には旅行者用の短期プランがなく現地生活者用の30日間プランしかなかったのです。

 

あのとき空港ですんなり買ってればと後悔しましたが、かなり急いでいたから仕方がありません。

 

ちなみに空港で買える短期プランは以下の通り。

 

DiGiの公式ホームページより

DiGiの公式ホームページより

 

「毎日1GBもらえる7日間のプラン」です。

 

毎日1GBとありますが、1.5GBが更についてくるようです。

 

料金はこれで10リンギット(約275円)。

 

ホームページには記載がないですが、これに初回クレジット料で数リンギットが追加されるのでしょう。

 

それでもおそらく20リンギットもしないと思うので、短期旅行者にとってはありがたいプランですよね。

 

DiGiの公式ホームページ

 

DiGi以外の通信会社

DiGi以外にも、マレーシアには大手の通信会社があります。

 

<マレーシアの4大通信会社>

  • MAXIS(Hotlink)
  • CELCOM(XPAX)
  • Digi
  • U Mobile

 

特にHotlinkは街を歩いてると嫌というほど目にします。

 

どこも料金はほとんど変わらないので、好きなところで購入すると良いでしょう。

 

グーグルマップで上記の会社名を入力すると、近隣の店舗が表示されます。

 

それを頼りに店舗まで行き「SIM Card,Please」と言えれば大丈夫です。

 

あとはプランが書かれた表を出してくれるので、見れば値段やデータ量が分かるでしょう。

 

番外編:DiGiにはポケットルーターもあったよ

DiGiにはポケットルーターもあったよ

DiGiにはポケットルーターもあったよ

 

DiGiには月単位で契約できるポケットルーターもありました。

 

1ヶ月150RM(約4136円)でどこでも使い放題となります。

 

店員に確認したところ外国人でも契約できるみたいなので、留学生や移住者にはかなりオススメですね。

 

終わり

コメント

タイトルとURLをコピーしました