スポンサーリンク

台湾の田舎暮らしってどんな感じ?のんびり農村を旅してみたよ!

台湾の田舎暮らしってどんな感じ?のんびり農村を旅してみたよ!

台湾の田舎暮らしってどんな感じ?のんびり農村を旅してみたよ!

どうも〜、ゴダです。

10月18日から四日間、台湾東部(花蓮・台東)に滞在していました。

台湾東部といえば、台湾人も憧れる田舎エリア。

都会を離れてのんびりしたい人がたくさん旅行で訪れます。

また、ここ最近は台湾東部に移住する人も増えていると聞きます。

そこで今回は、私が現地で実際に見た「台湾田舎暮らしの様子」について書きました。

台湾東部の写真とともに現地の生活や様子が分かるようにまとめたつもりです。

どうぞ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

台湾東部の町「花蓮」「台東」の位置を確認

上の地図の青いピンが花蓮と台東です。

台北から花蓮までは特急電車で2時間半、飛行機で50分かかり、

台北から台東までは特急電車で3時間半、飛行機で1時間かかります。

この通り、台北・高雄などの大都市からは離れており、やや交通が不便です。

まあ、だからこそ都会を離れてのんびりと田舎を満喫できるんですけどね。

とはいえ実は台湾は九州くらいの大きさしかありません。

つまり台北〜花蓮・台東は、ちょうど福岡〜宮崎と同じくらいの距離なんです。

台湾東部は日帰りも無理ではないですが、泊まりがけで行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

台湾の田舎暮らしってどんな感じ?まとめてみたよ!

台湾田舎暮らし①:市内は便利だが、生活するなら車が必要。

花蓮駅前のとある一角

花蓮駅前のとある一角

花蓮や台東というと大自然をイメージしますよね?

でも実際は全部が田舎というわけではなく、中心地はかなり栄えているんです。

上の画像のとおり、店、病院、学校など、生活に必要なものは一通りあるんですよ。

花蓮にはユニークな形をした花蓮名物のスタバだってあるんです↓↓

デート中の若者や家族連れがたくさんいて、台北と変わらない雰囲気でした。

台湾東部は流行りのモノは少ないですが、普通に生活するだけなら問題ありません。

ただ、花蓮や台東には地下鉄がないため、はっきり言って交通はかなり不便ですね。

だから実際に現地で生活する場合は、必ずバイクか自動車が必要になります。

台湾田舎暮らしまとめ①

花蓮市内・台東市内は基本的になんでもあって便利。

しかし実際に生活するならバイクか車が絶対に必要。

まあ、日本の田舎と同じで、車社会ってことですね。

台湾田舎暮らし②:郊外はかなり不便。最低でもバイクが必要。

花蓮の農村地区

花蓮の農村地区

Wikipediaによると花蓮の面積の7%が平地であり、残りの93%が山岳地帯だそうです。

そして当然ですが、花蓮の人口はこの7%の平地に集中しています。

ということは・・・

花蓮は大部分が山で、人もほとんどいないということになります。

実際、わたしが印象に残ってる風景も、9割以上が田舎でした。

花蓮のサイクリングロード

花蓮のサイクリングロード

上の場所は、花蓮中部の玉富という場所にあるサイクリングロードです。

この写真を見ると「台湾東部って本当に田舎なんだなぁ」と感じてしまいますよね。

でもサイクリングロードと住宅があるだけ、まだ発展している方なんですよ。笑

花蓮の山奥でドローンで撮影。

花蓮の山奥でドローンで撮影。※私もいます!笑

実際は上のような田園風景がほとんどなんです。

だから何度も書きますが、台湾東部においてはバイクか自動車が必須アイテムとなります。

まあ、花蓮の中心部はコンビニやスーパーくらいなら徒歩圏内にあるでしょう。

でも上の写真のような郊外では、コンビニやスーパーが徒歩圏内にあるとは限りません。

台湾東部の郊外へ移住を検討されてる方は、最低でもバイクがないと厳しいです。

台湾田舎暮らしまとめ②

台湾東部は本当に山と田園だらけ。

花蓮は全体のたった7%が平地であり、残り93%が山岳地帯となります。

つまり、人口も7%の平地に集中しており、ほとんどが人のいないエリアになります。

よって中心地以上に車かバイクはマスト。

現地に移住する場合は、最低でもバイクが必要になります。

台湾田舎暮らし③:台湾原住民の文化に触れられる。

台湾東部には原住民の集落がたくさんあります。

市街地からそこまで離れておらず、車で簡単に行くことができちゃいます。

例えば、このレストランなんか良かったですよ↓↓

花蓮にある原住民料理の店

花蓮にある原住民料理の店

台湾原住民の料理

台湾原住民の料理

「達基力風味餐廳」という花蓮のレストランで原住民の伝統料理を味わいました。

竹筒で炊いたご飯、鶏肉料理、山菜料理などが美味しかったです。

原住民の伝統工芸品も買って帰れる

原住民の伝統工芸品も買って帰れる

原住民のおばちゃんたちが作った可愛い伝統工芸品も買って帰れます。

ただ料理を食べるだけでなく、彼らの文化を知ることができるのは嬉しいですよね。

達基力風味餐廳

所在地:花蓮県秀林鄉崇徳村96号

営業時間:11時30分〜14時30分

電話番号:038621033

公式サイト:http://www.dajili.tw/index.php

※花蓮市街地からタクシーで30分ほど。

また、別の日には台東近くの「吉拉米代一起哈拉基地」という集落も訪れました↓↓

阿美族(アミ族)の料理

阿美族(アミ族)の料理

こちらではアミ族の伝統料理を食べました。

山で狩ったイノシシに、馬告という調味料をふりかけます。

馬告は台湾原住民料理によく見られる調味料で、胡椒に似た独特の風味がします。

吉拉米代一起哈拉基地で弓矢の練習

吉拉米代一起哈拉基地で弓矢の練習

吉拉米代一起哈拉基地で狩りの練習もしました。

なかなか的に当たらず残念!

弓矢けっこう難しかったです。。。

(間違って人に当てなかっただけヨカッタ・・・汗)

続いては「東里鐵馬驛站」という今はもう使われなくなった古い駅です。

ここでは原住民のフェスが行われていました↓↓

東里鐵馬驛站の原住民フェス

東里鐵馬驛站の原住民フェス

屋台がたくさんありました。

イノシシの丸焼き

イノシシの丸焼き

原住民の料理や伝統工芸品がたっくさん。

頑張ってイノシシをさばく原住民のおばちゃんたち

頑張ってイノシシをさばく原住民のおばちゃんたち

たぶん前日か当日の朝に狩ってきたイノシシなのでしょう。

新鮮でおいしかったです。

原住民の伝統舞踊(ぶよう)

原住民の伝統舞踊(ぶよう)

また、フェスの途中で原住民の伝統舞踊(ぶよう)が行われたり、

原住民のファッションショー

原住民のファッションショー

原住民のファッションショーが行われたりしました。

個人的にはものすごく貴重なものが見られて大満足です。

このとおり、台湾東部は原住民の文化が本当に身近にある場所なんです。

東里鐵馬驛站

所在地:花蓮県富里郷大荘路

※フェスはこの一回で終了。ただし、普段はこの旧駅を無料で見学できます。

台湾田舎暮らしまとめ③

台湾東部には原住民の集落がたくさんあります。

原住民のレストラン、原住民の伝統工芸品の店、原住民フェスなどなど、原住民の文化が体験できる場所がたくさんあるんです。

台湾田舎暮らし④:アウトドアスポーツが楽しめる。

台湾東部は自然が豊かなため、本当に様々なアウトドアスポーツが楽しめます。

例えば、今回わたしが挑戦したのがコレ↓↓

SUP(ボードの上に立ってオールでこぐスポーツ)をやる私

SUP(ボードの上に立ってオールでこぐスポーツ)をやる私

SUP(Stand Up Paddle)というスポーツです。

ボードの上に立ってオールでこぐ謎のスポーツです。笑

一時的にボードの上に立つことができましたが・・・↓↓

SUPをするわたし。

SUPをするわたし。

すぐにバランスを崩してしまいました(笑)↓↓

すぐにバランスを崩してしまうわたし

すぐにバランスを崩してしまうわたし

澄んだ水の上にぽっかりと浮かび、花蓮の大自然を眺めながら心も体もリフレッシュしました。

Andy美崙灣sup俱樂部

所在地:花蓮県寿豊号鯉魚潭

予約:Andy美崙灣sup俱樂部

Facebookページ:Andy美崙灣sup俱樂部

※日本語での申し込み可。日本語スタッフいます。

それから、大自然の中でするサイクリングも最高でしたよ↓↓

台湾人の有名ブロガーKen Workerさんと一緒に

台湾人の有名ブロガーKen Workerさんと一緒に

写真中央は台湾人の有名ブロガーKen Workerさん。

台湾では「カリスマブロガー」の名で通ってるみたいです。

実際、本当にかなりイケメンでオシャレで性格も良くて最高でした。負けた!

玉富自行車道

玉富自行車道

花蓮にある「玉富自行車道」というサイクリングロードを走りました。

玉富自行車道

玉富自行車道

前後を違う山脈に挟まれた景色が楽しめるサイクリングロードです。

360度どこを見ても高い山ばかりでしたよ。

しかも空気がひんやりしていて本当に気持ちが良かったです!(夏は暑いだろうけど)

自転車はここでレンタルできます↓↓

義宏車行

所在地:花蓮県玉里鎮和平路47号

最寄駅:玉里火車站

※駅から徒歩すぐ。

サイクリングロードはこちら↓↓

玉富自行車道

所在地:花蓮県玉里鎮

※自転車レンタルの店から近いです。自転車で3分ほど。

また、今回は体験しませんでしたが、台湾東部では登山、ロッククライミング、サーフィンなどのアウトドアスポーツが体験できます。

これらスポーツの情報は日本語でもたくさん取得できるので、興味がある人はグーグルで検索してみてくださいね。

台湾田舎暮らしまとめ④

台湾東部は大自然に囲まれているがゆえ、本当にたくさんのアウトドアスポーツが楽しめる。中にはサーフィンや登山を楽しみたくて、長期的に滞在する人もいるのだとか。

台湾田舎暮らし⑤:小黒蚊にご注意!

小黒蚊に刺された痕(5日目)

小黒蚊に刺された痕(5日目)

台湾の田舎には「小黒蚊」という強烈な蚊がいます。

どのくらい強烈かというと、かゆみが一週間も続くほど強烈なんです。

また、刺された痕も一週間以上残ります。

実際わたしも刺されてから5日ほどが経ちますが、画像の通りまだ赤いです。

もし今から掻きむしったりしちゃうと、再び強烈がかゆみが襲ってくることでしょう。

この蚊の対処法は以下の通り。

<小黒蚊の対処法>

①肌を露出しない。できるだけ長袖・長ズボンを着用する。

②田んぼや薮に入っていかない。水の多い場所にもいかない。

③肌を露出する場合は虫除けスプレーをすること。

④万が一小黒蚊に刺されてしまった場合は、現地に売っている薬を紹介してもらうこと。日本の薬はほとんど効きません。

以上、小黒蚊の対処法を簡潔にまとめました。

なお、この蚊はその名の通りかなり小さいです。

噂によると網戸もすり抜けるようなので、網戸を閉めていても安心してはいけません。

室内ではなるべく窓を閉めて、エアコンをつけるようにしましょう。

それから、小黒蚊は飛ぶスピードが異様に遅いため、歩いて逃げることができます。笑

台湾東部に滞在(または生活)する際は以上のことを覚えておきましょう。

台湾田舎暮らしまとめ⑤

小黒蚊の毒は、普通の蚊より強烈で長く続く。

上に書いた対処法をしっかり活用し、被害を最小限に抑えるようにしよう。

台湾田舎暮らし⑥:新規移住者コミュニティがあるらしい。

台湾カリスマブロガーKen Workerさんによると、最近は台湾東部に移住する台湾人が増えているのだとか。

具体的な移住者数は分かりませんが、人脈広そうな台湾人が言っているのだから信ぴょう性がありますよね。

都会でスキルと経験をつけた若者が、東部を盛り上げるために移住するそうです。

「台湾の田舎暮らし」まとめ。台湾の農村でのんびり生活はいかが?

「台湾の田舎暮らし」はのんびりできる?

「台湾の田舎暮らし」はのんびりできる?

仕事が大変なのは田舎も都会も一緒でしょう。

ただなんてゆうか、台湾東部の人々は心に余裕がある感じがしたんですよね。

旅の途中、田んぼで農作業をしている人と話す機会がありました。

みんな笑顔で話しかけてくれて「オレ最近こんな風に笑ったっけな?」と思わされたり。

ありきたりな表現になってしまいますが、みんな心が豊かそうだったんですよね。

ちょっと話は変わりますが、花蓮や台東の市街地には仕事ができるカフェがたくさんあります。

また、安くて清潔な宿もたくさんあり、ネットも早く、病院やスーパーもちゃんとあります。

自然豊かな場所で働きたい人は、台湾東部でリモートワークをするのもいいでしょうね。

生活費も日本の3分の2以下くらいでかなりオススメですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー