クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ」の歩き方。激旨カレーはどこ?

ブリックフィールズ

ブリックフィールズ

どうも〜、マレーシア滞在中のゴダです。

先日、クアラルンプールのインド人街「ブリックフィールズ(Brickfields)」に行ってきました。

結論からいうと、まるでインドにいるみたいで異国情緒がすごかったです。

(インド行ったことないですが笑)

また、カレーも美味しく、食事のためだけに寄るのもアリだと思いました。

というわけで今回はブリックフィールズ観光の様子をお伝えします。

交通の便も良くて最高でしたよっ!

スポンサーリンク

「ブリックフィールズ」へのアクセス・行き方


上の地図の赤いエリアがブリックフィールドとなります。

モノレールのKLセントラル駅から出てすぐにあり、交通の便はものすごくいいですよ。

ブリックフィールズのアーチ

ブリックフィールズのアーチ

上の写真のアーチがあれば、そこはインド人街だと思っていただいて大丈夫です。

ただ赤いエリアでいうと右半分よりも左半分の方が栄えています。

だから右半分だけ見て終わらないようにしましょう。

インド人街のモニュメント(門)

インド人街のモニュメント(門)

KLセントラル方面から歩いていくと上のようなモニュメントがあります。

ここを渡ったらいよいよ左半分に到着です!

左半分のエリア

左半分のエリア

このあたりから大音量のインド音楽が聞こえてきます。

だからインド人街の中心地についたことがすぐに分かりますよ。

間違ってもこのあたりには宿をとらないようにしましょう。笑

※だいたいこの辺からうるさくなってきます。

スポンサーリンク

ブリックフィールズは歩いてるだけで超楽しいよ!

ブリックフィールズは現地人にとってはただの生活の場です。

だから彼らにとっては特別なことは何もないでしょう。

でも日本人にとっては異国情緒あふれる刺激的な街並みが広がっているんですっ!

インド食品のスーパー

インド食品のスーパー

インドからの輸入品やインド料理に欠かせない食品が売られているスーパーや、

インド菓子の店

インド菓子の店

これまで見たこともない謎のインド菓子が買える店や、

サリーの店

サリーの店

美しい柄が印象的なサリーの店や、

フラワーマーケット

フラワーマーケット

おそらくお供え用に使われるだろうインド風のフラワーマーケットや、

宗教グッズの店

宗教グッズの店

仏壇みたいな謎の置物が売られている店などなど、

まるでインド旅行をしている気分になりましたっ!

スポンサーリンク

着色料注意のインド菓子を食べてみたよ♩

ブロガー的にはここで終わっちゃダメだと思い、先ほどのインド菓子にトライしました。

インド菓子の山

インド菓子の山

色がやばいインド菓子

色がやばいインド菓子

色がやばい その2

色がやばい その2

インドの方には失礼ですが、色がキツくてちょっと怖いです。笑

着色料めっちゃ入ってそう・・・(^ ^;

わたしが購入したインド菓子

わたしが購入したインド菓子

わたしは色がそれほどキツくないものをチョイス。

嫁が購入したインド菓子

嫁が購入したインド菓子

嫁は色なんて全然気にせず、一番色がキツそうなのをチョイスしてました。笑

ドーナツ?みたいな菓子

ドーナツ?みたいな菓子

まずはこのドーナツ?みたいなお菓子から。

味は黒糖で、揚げて調理してあります。

味も食感も見た目通りで一安心しました。

カロリーは高そうですが普通に美味しいです!

クッキー?的なもの

クッキー?的なもの

次にこちらのクッキー的なお菓子に挑戦することに。

こちらもバタークッキーを揚げたような味がして、わりと見た目通りでした!

ただ、これもめちゃめちゃ甘くてカロリー高そうです。デブる。

最後に例の赤い着色料のお菓子。

(食べてるところの写真がなくてゴメンなさい。)

ねり飴みたいなお菓子かと思ったら、揚げパン系の食感でした!

揚げパンをほそーくして、それを知恵の輪みたいに複雑な形状にしているようです。

味の方は案の定あますぎ。笑

インド料理は辛いので、食後のおやつが激甘になっちゃったのかな???

ネットで一番評判の良かったインド料理店に入ってみたよ♩

レストランの名前は「Restoran Seetharam Family Curry House」。

グーグルマップ上では4.1点(5点満点)で、ブリックフィールズではかなり人気のお店なんです。

店の外観

店の外観

店のたたずまいはこんな感じ。

看板

看板

道に看板がでているので見つけやすいでしょう。

(詳しい所在地は下に記しました)

店に入っても店員さんの説明がありませんでした。

だから最初は注文方法がわからずかなり焦りました。笑

というわけで他のお客さんをじっくり観察することに。

すると完全にセルフサービスであることが分かりました。

まず、食べたい分だけ皿にもります↓↓↓

カレーやビリヤニがずらり

カレーやビリヤニがずらり

合計金額がどのくらいになるのか予想がつきませんw

でもここはマレーシアなのでそこまで高くないはず。

他の客さんについていき、欲しいものがあったらバンバンとっていく作戦にしました!

唐揚げと魚揚げ

唐揚げと魚揚げ

ウヒョー、唐揚げスパイシーで美味しそう。

唐揚げを皿に盛ってわたしは終了です。

あとは空いてる席に勝手について、店員さんを呼びます↓↓

勝手に席についてよい

勝手に席についてよい

なお、ドリンクが欲しい場合はこのタイミングで店員さんに伝えます。

すると店員さんはドリンクも合わせた合計金額を計算し、伝票に書いてくれます↓↓↓

伝票

伝票

どうやら妻と二人で36リンギットのようでした。

36リンギといえば日本円でわずか992円ほどです。

二人で山盛り食べてこの金額は驚異的ですね・・・!

わたしの皿

わたしの皿

スパイシーな唐揚げ

ビリヤニ

鶏むね

豆腐みたいなカレー風味の赤いやつ

野菜カレー

野菜すくない。笑

嫁の皿

嫁の皿

台湾人の嫁はバランスよく野菜をたくさんとってました。

オクラが美味しかったです。

お会計は入口近くのレジで

お会計は入口近くのレジで

食べ終わったら伝票をもってレジに行きましょう。

ここでお金を払えば終了です。

ちょっと分かりにくいですが、後から調べたところによると、ブリックフィールズのほとんどの店がこの流れだそうです。

ですので「他のレストランにも行ってみたい」という方がいたら、上の流れでやってみてください。

きっと成功しますよ。フフフフフ。

Restoran Seetharam Family Curry House

所在地:237, Jalan Tun Sambanthan, Brickfields, 50470 Kuala Lumpur

営業時間:24時間

定休日:なし

電話:03-2274 6722

目印:セブンイレブンの隣

実は他のインド料理店もトライしてみました

別の日にKLセントラルを通ったので、昼食だけのためにブリックフィールズを訪れました。

「Sri Kortumalai Pillayar Restaurant」というわりと大きなレストランです。

「Sri Kortumalai Pillayar Restaurant」のカレー

「Sri Kortumalai Pillayar Restaurant」のカレー

さっきの店に比べると薄味で、日本人にはあまり合わない味付けでした。

(カレーで薄味ってどうなの)

でもヤシの葉の上にカレーを盛るのは楽しかったです。

あと、マンゴージュースも美味しかった!

(褒めてるポイントがすでにカレーじゃない)

グーグルマップ上の評価も3.2点であり、あまりオススメできません。

Sri Kortumalai Pillayar Restaurant

所在地:215, Jalan Tun Sambanthan, Brickfields, 50470 Kuala Lumpur

営業時間:6時半〜23時

定休日:なし

最後に:ブリックフィールズはオススメ観光地だった!

というわけでクアラルンプールに寄ったら是非ブリックフィールズに行ってみましょう。

個人的には、美味しくて、交通の便が良くて、インドより清潔で安全で、そして何より異国情緒があって楽しいです。

マレーシア旅行の記念にインド土産を買うのもいいですし、遊べること間違いなしです!(赤線部分かなりのパラドックスw)

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー