海南チキンライスの超有名店「南香飯店」。約355円でほかほかチキンライスを食す!マレーシア・クアラルンプール

セットメニュー「白鸡(ローストチキン)」

セットメニュー「白鸡(ローストチキン)」 12.9リンギット(約355円)

どうも〜、マレーシア滞在中のゴダです。

つい先日クアラルンプールの「南香飯店」というレストランに行ってきました。

ここは海南チキンライス(海南鶏飯)の有名店。

旅行ガイドブックにはほぼ必ず掲載されているくらいなんですよ。

というわけで早速写真つきでレビューしていきます。

ぜひ、マレーシア旅行の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

海南チキンライス(海南鶏飯)とは?

海南チキンライス(海南鶏飯)とは?

海南チキンライス(海南鶏飯)とは?

海南鶏飯(ハイナンジーファン、かいなんけいはん)は、茹で鶏と、その茹で汁で調理した米飯を共に皿へ盛り付けたマレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理。

日本語では「ハイナンチキンライス」や「海南風チキンライス」などと訳されている。現地では、専門店や屋台で食べることができる庶民的な定食のひとつで、香港の茶餐廳やマレーシア料理店などでも一般的である。

Wikipediaより

ライスの鶏ガラだしと塩加減が絶妙な、ピリ辛ソースやジンジャーソースでチキンをいただく料理。

上にパクチーがのっていることはありますが、それ以外は日本人ウケしそうな味ですね。

海南チキンライスはマレーシアでは非常にポピュラーな料理で、街を歩いてるとたくさん専門店を目にします。

表立って「海南チキンライス店」と宣伝していなくても、さりげなくメニューにのってたりもするんですよ。

スポンサーリンク

店構えや注文の仕方など

南香飯店の外観

南香飯店の外観

クアラルンプールのチャイナタウンにひっそりとたたずむ老舗・南香飯店。

黄色い看板が印象的で、店自体はそこまで大きくないです。

(詳しいアクセス・道順は下で説明します。)

外観その2

外観その2

これから海南鶏飯になるであろうチキンたちがたくさん店頭にかかっています。

いやー、うまそう。

店内の様子

店内の様子

外からだと小さい店舗に見えますが、なかは縦長の構造になっていて、意外と広々としています。

店内に入ったら店員さんが席を案内してくれなかったので、自分で空いてる席に座ってみました。(笑)

注文の流れはとてもシンプルで、テーブルにメニューが置いてあるので、店員さんを呼んで注文するだけ。

メニューには写真だけでなく、日本語もついているので、オーダーしやすいですよ。

お会計はレジへ

お会計はレジへ

また、食べ終わったら入口付近にあるレジでお会計をします。(黄色い矢印の場所です)

スポンサーリンク

日本語付きのメニューを見てみよう

南香飯店のメニュー

南香飯店のメニュー

なぜかメニューに日本語がついています。

裏には英語もあり、日英中の三言語表記になっています。

ちなみにあまり下調べをしてこなかったのでオススメが分からない。笑

というわけでおまかせ度の高い「单人套餐(セット)」から決めることにしました。

最終的にわたしが注文したのはセットメニューの「白鸡(ローストチキン)」です。

海南チキンライスに野菜とスープとドリンクがついて12.9リンギットなんだとか。

日本円に換算すると約355円となるので、格安でセットメニューが食べられることになります。

マレーシアの物価、安すぎやろ・・・。(しかもここ首都のど真ん中やで)

南香飯店の海南チキンライス、実食!

セットメニュー「白鸡(ローストチキン)」

セットメニュー「白鸡(ローストチキン)」

数分待つと、注文したセットメニュー「白鸡(ローストチキン)」がやってきました。

ちなみに野菜とドリンクは数種類から選べましたが、わたしは茎の太いチンゲンサイ的な野菜と豆乳をチョイスしました。

海南チキンライス

海南チキンライス

ライスは鶏ガラ出汁がしっかり染み込んでいて上手に炊けてました。

間違いなく日本人も好きな味ですね!

肉はぷりっぷり!

肉はぷりっぷり!

肉は骨がたくさんついてて食べにくかったです。

が、プリプリで柔らかく、味も染み込んでいました。

個人的には肉よりも米のほうが好きかなぁ。

チリソースにディップします。

チリソースにディップします。

チリソースとジンジャーソースの2種類のソースを使い分けて食べます。

チリソースは美味しいですが、けっこう辛かいので辛いのが苦手な人は要注意です!

食後の感想

確かに美味しかったですが感動まではしませんでした。

これなら日本にある海南チキンライス店も負けていません。

ただ、南香飯店は都心にあり355円ほどでセットメニューが食べられます。

また話題性もあるので一度行ってみる価値は大いにあります。

南香飯店までのアクセス・行き方

所在地:56 Jalan Sultan,50000 Kuala Lumpur 

南香飯店はクアラルンプールの中華街「茨廠街」にあります。

LRTマスジットジャメ駅(Masjid Jamek)から徒歩8〜9分、LRTパサールセニ駅(Pasar Seni)からは徒歩5〜6分です。

今回わたしはマスジットジャメ駅で降りてセントラルマーケットやムルデカ広場の観光ついでに南香飯店にいきました。

というわけでここでは、マスジットジャメ駅からの道順を写真付きでご紹介します。

<行き方>

※以下、リンクをクリックでGoogle Mapにとびます。

①マスジットジャメ駅から5分ほど歩くと中華街のエントランスが見えてくるので、このエントランスに向かって大通りを左のほうへ歩いていきましょう。(Centrum Cityという看板の方向です)

中華街のメインエントランス

中華街のメインエントランス

②以下のような風景の場所を2分ほど直進します。

ひたすら直進

ひたすら直進

③するとコンビニエンスストアのKKが見えてくるので、KKの角を右折します。

コンビニ「KK」

コンビニ「KK」

④以下はKKの角を右折した風景です。ここをまた2分ほど直進します。

KKの角

KKの角

⑤すると右手に南香飯店が見えてきます。店構えは小さいので、かなり近づいてからじゃないと店舗がどこにあるか分かりません。常に右側を意識しながら歩きましょう。

右手に南香飯店が見えてきます

右手に南香飯店が見えてきます

南香飯店(Nam Heong)

所在地:56 Jalan Sultan,50000 Kuala Lumpur 

最寄駅:LRTマスジットジャメ駅、LRTパサールセニ駅

営業時間:10:00-15:00

定休日:なし

公式サイト:http://www.namheongchickenrice.com

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー