シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国語の文末にある語気助詞(感嘆詞)【啊喔哦噢吧呀啦哇呢耶】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国語の文末にある語気助詞(感嘆詞)

こんにちは、ゴダです。

(Twitterにて中国語学習についてもつぶやいてます → @oogoda1

またしてもやってまいりました!

かゆいところに手が届くゴダの中国語文法シリーズの第二弾!!

今回は、台湾人がよく使う “語気助詞” と “発語詞” についてです!

え?

「何それ?」だって?(笑)

これはですね、台湾のドラマや番組を見ているとよく目にするんですが、

好啊~

對吧~

是喔〜

哇~

などの “語尾や文頭についてる語” のことです!

語気助詞や発語詞って辞書で調べてもイマイチ理解できないし、種類も多いし、とても勉強しにくいんですよね。

でも台湾人はみんな言ってるし、言えるとネイティブっぽいからマスターしたいんですよね・・・。

と言うわけで今回は、語気助詞と発語詞についてまとめました!

※以下の情報は視聽華語と台湾教育部のオンライン辞書の情報をもとにしています。

※ここにまとめたものは全て台湾での用法です。

この文章を読んでほしい人

→中国語を勉強している人(初級〜中級)

→語気助詞と発語詞について詳しく知りたい人

スポンサーリンク

語気助詞と発語詞について

まず、語気助詞とは、文末に置いて話しての感情や態度を表す語のことです。

有名なところでいうと「呢」「啊」「吧」「喔」などがあります。

簡単にいうと、日本語の「だよね」「じゃん」「だろ」のような語気を表す語に相当します。

そして、語気助詞には共通点があります。

それは、基本的にしゃべり言葉に使われるということです。

だから目上の人に対して使うことはなく、新聞や説明書に記載されることもほぼありません。

また、発語詞とは、「あの」や「えっと」みたいな言い出しに用いる語のことをいいます。

発語詞はある程度は目上の人に使ってもいいですが、やはり使いすぎるのはよくないです。

語気助詞&発語詞の意味と使い方

では、さっそく語気助詞&発語詞の意味と使い方について説明していきます。

しかし、語気助詞と発語詞をいちいち分けて説明するとグッチャグチャになっちゃうので、漢字ごとに分けて整理しました。

分かりやすくまとめたつもりですが、不明な点があればお問い合わせくださいね。

それでは行ってみましょう!

啊(ā、ㄚ)

まず、以下4つの「啊」には意味はありません。ただし、語気は話し言葉になります。

是啊 → 「そうだよ」。

對啊 → 「そうだよ」。

好啊 → 「いいよ」。

誰啊 → 「誰なの?」。

!失火了! → 「あ!家事だ!」。驚き、苦痛、感心を表す。

多厲害啊! → 「どんなにすごいことだろう!」。「多〜啊」で「どんなに〜だろう」。

啊(á、ㄚˊ)

啊?你在幹嘛? → 「あ?何してんだ?」。疑問と反問を表す。

啊(à、ㄚˋ)

你在幹嘛啊! → 「何やってんの!」。語気を強める。

呀(yā、ㄧㄚ)

真的! → 「マジか!」。驚きを表す。

你要去? → 「あなた行くのね?」。疑問を表す。

! → 「そうだよ!」。肯定を表す。

!完蛋了。 → 「うわー、終わった」。感嘆の語気。

!下大雨了。 → 「わー、大雨が降ってる」。驚きの語気。

呀(ya、˙ㄧㄚ)

誰呀! → 「誰やねん!」。語気を強める。

吧(ba、˙ㄅㄚ)

給我吧 → 「私にください」。請求を表す。

快走吧 → 「早く行きなさい」。指図を表す。

吧! → 「いいだろ」。あまり願ってもなく、無理やりな様子を表す。

對吧! → 「そうでしょ/言ったでしょ」。同意を求める。

明天該不會下雨? → 「明日はまさか雨降らないでしょ?」。推測を表す。

算了! → 「もういいでしょ」。感嘆を表す。

啦(lā、˙ㄌㄚ)

「啦」は「了」と「啊」が合わさってできた語です。

使い方や意味は「了」と同じですが、「了」よりも語気が強く、きつい表現なのであまり使わないようにしましょう。

! → 「もう大丈夫だよ!」

他來! → 「彼が来た!」

別作夢! → 「夢見てんじゃないよ!」

※ちなみに「了」は動作の完了を意味する語です。

ただし、「好啦好啦」はやや特殊です。

以下の通り、「了+啊」とは違う意味になります。

好啦好啦! → 「あー、もう分かったよー」。

哇(wa、˙ㄨㄚ)

!你竟然悶不吭聲的躲在這裡。 → 「わー、あなたは徹底的にやり込められてここに隠れてるのね」。驚きの語気を表す。

呢(ne、˙ㄋㄜ)

怎麼辦? → 「どうしようね?」。疑問の語気。

撐把傘,外面正下著雨! → 「傘をさそうよ、外は今雨が降ってるからさ!」。追加、確定の語気。

耶(yé、ㄧㄝˊ)

「呢」や「嗎」と同じで疑問や追加確定を表す。

是他耶 → 「彼ですね」

真的耶 → 「本当だね」

ただ、教育部の辞書に載っている意味は上の通りですが、現在の台湾人は「耶」を驚いた時や嬉しい時に使ったりもします。

好耶! → 「やったね!」。嬉しい時。

哈(hā、ㄏㄚ)

!這下你慘了。 → 「は!このままだとあなたヤバいよ」。得意/満足な様子を表す。

哈哈哈! → ネットでよく目にする。「ははは」と笑っている様子を表す。

蛤(há、ㄏㄚˊ)

これもネットやメールの時によく目にする語であり、驚きを表す時に使います。

日本語にすると「( ゚Д゚)ハァ?」と言ったところでしょう。

※文頭に置く

哦(ó、ㄛˊ

!您就是孫先生。 → 「おー、あなたが孫さんですか」。驚き、意外、理解を表す。

※文頭に置く

噢(ō、ㄛ)

噢,我懂了。 → 「ああ、分かりました」。理解を表す。

噢,我想起来了。 → 「あ、思い出しました」。語調が変わるとき。思い出した時など。

※文頭に置く

喔(ō、ㄛ)

!原來是這麼回事。 → 「ああ、なるほどこういうことなんですね」。理解を表す。

是喔。 → 「(相手の意見を受けて)そうなんですか」。

好喔。 → 「いいよー」。可愛く許可を表す。

好好喔。 → 「いいなぁ!」。相手が羨ましい時に使う。

嗯(en、˙ㄣ)

,就這麼做吧! → 「うん、じゃあこうしようか」。返答や承諾を表す。

,你在幹什麼? → 「ん?あなた何してるの?」。疑問を表す。

,他不見得會這樣做吧! → 「うーん、彼がこうするとは限らないでしょ!」。意外に思っている時の語気。

ちなみに「嗯」はネット上でもよく見ます。

日本語の「うん」と同じで、うなずいてる様子を示します。

囉(luō、ㄌㄨㄛ)

你放心好囉。 → 「君は安心していいんだよ」

(事柄を断定しつつ相手に説得的に言い含める気持ちを示し)…なんだよ

我先走囉。  → 「お先に行きますね」。相手に自分の意向を伝える。

欸(èi、ㄟˋ

!我可以照辦。 → 「はい、私はこの通りに処理できます」。承諾を表す。

!妳聽得到嗎? → 「ねぇ、聞こえる?」。呼びかけを表す。

咧(liē、ㄌㄧㄝ)

你咧? → 「あんたは(どうなんだ)?」

要不然咧? → 「じゃなけりゃどうなんだよ?」

相手に意見を求める時などに使います。

ややきつい言い方なので,他人には使わない方がいいです。

唷(yō、ㄛ)

日本語の「ね」や「よ」に相当し、話し言葉に使われます。

要努力唷 → 「頑張ってね」

你好厲害唷 → 「あなたすごいね」

以下のように違う語と組み合わせて、全然違う意味の使い方もできます。

噢唷(ōyō) → 「おっと」「おやまあ」

哎唷(āiyō) → 「おっと」「おやまあ」

咦(yí、ˊ

日本語の「えぇ?」のように、驚きを表す。

喂(wèi、ㄨㄟˋ)

日本語の「ねぇ!」のように、呼びかけを表す。

喂(wéi、ㄨㄟˊ)

日本語の「もしもし?」のように、電話で使う。

最後に

今回はたくさんの語気助詞と発語詞について解説させていただきました。

ですが、正直言って似た意味の語が多いし、どうやって使っていいかがまだ分からないと思います。

ですので、最終的にはネイティブか中国語をしっかり勉強したことのある日本人と一緒に会話しながら勉強することをオススメします。