ゴダのプロフィールはこちら(自我介紹)

ルンバの騒音はうるさい?マンションの階下にも聞こえるか?

 

どうも〜、ゴダです。

先日ルンバを買いました。

ルンバを使った感想はこちら↓

ルンバ買って後悔?いや、私は掃除時間がゼロになって大満足です。
ルンバを購入し、床掃除から解放されました。計算すると1ヶ月で240分(4時間)、1年で2880分(48時間)の時間を取り戻したことになるようです。ネット上のデメリットをまとめ、実際に使用した感想と反論を述べていきたいと思います。

結論、ルンバを使うと時間短縮になり、吸引力が強いので床がツルツルになります。

ルンバはいいことずくめですが、なかには騒音が気になるという人もいるようです。

よってここでは、ルンバ稼働時の音と騒音測定器の数値を公開しています。

どうぞ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

ルンバ稼動時の音を公開。この騒音、うるさいと思いますか?

まずは上の動画を再生してみてください。

これは「ルンバ690」を私の部屋で稼働したときの映像です。

文字にすると「ギュイーン」だか「グオー」だかは分かりませんが(笑)

明らかに騒音と言える機械音が部屋に響きます。

 

スポンサーリンク

ルンバ稼働時の音を騒音測定器で数値にしてみた。

騒音測定器アプリ「Sonic Tools」

騒音測定器アプリ「Sonic Tools」

今回は騒音測定器アプリ「Sonic Tools」を使用しました。

App Storeでのレートは4.4。

騒音測定器アプリの中では一番の高評価です。

測定結果が信頼できそうだったのでダウンロードしました。

 

平常時

平常時

こちらが私の部屋の平常時の数値です。

平均35.0dB、最大51.7dBとなりました。

数値に波があるのは、家のそばに大通りがあるためです。

時々トラックが通ると、うるさくなってしまいます。

 

ルンバ稼動時

ルンバ稼動時

こちらがルンバ稼動時の数値です。

14畳ほどの部屋でルンバから2〜4m離れて計測したところ、平均47.1dB、最大67.1dBとなりました。

日本騒音調査ソーチョーさんによると、40〜50dBは以下の騒音に相当するようです。

40dB:市内の深夜、図書館、静かな住宅地の昼

50dB:静かな事務所、家庭用クーラー(室外機)、換気扇(1m離れてる時)

ちなみに、最大67.1dBが計測されたのは、私が動いて物にぶつかったせいです(笑)

ルンバ稼働時は基本的に47.1dB程度の騒音ということが分かりました。

 

スポンサーリンク

ネットユーザーによるルンバの騒音に対する感想

以下は全てamazonレビューにあった購入済みユーザーの感想です。

 

音は普通のコード付き掃除機ほどうるさくありませんが、硬い段差を超えた時の衝撃は、アパートではちょっと響くかもしれません。

 

動いていてもテレビの音は聞こえます。

 

一部の方が音がうるさいとかかれていたのもテレビをつけてみて、ちゃんと音声が聞き取れる程度の音なので、普通の掃除機より数倍静かです。例えるならラジコンカーくらいの音量です。

 

 

ゴダ
ゴダ

私もamazonレビューのユーザーたちに同感です。

私もおおむね同じような感想でして、掃除機よりはうるさくないと思います。

また、テレビも聞けるし、家族との会話も十分にできるレベルの騒音です。

早朝や夜さえ避ければ、ルンバが原因で近隣住民とトラブルになることはほぼないでしょう。

 

スポンサーリンク

ルンバの騒音トラブルが起きる理由。

とはいえ、近隣住民とトラブルになる人がいるのも事実です。

色々調べてみた結果、トラブルが起きる理由は大体以下のようなものでした。

 

理由1:部屋が大きいため、稼働時間が長くなってしまう

人間が掃除機をかけるのとは違い、ルンバの動きはあまり効率がいいとは言えません。

部屋全体をくまなく掃除するために、何度も往復する必要があるのです。

よって、部屋が広い場合は長時間稼働させることになります。

つまり、ルンバ自体は掃除機ほどうるさくなくても、近隣住民に聞こえる可能性があるのです。

解決策としては、予約稼働の機能を使って、誰もいない日中に稼働させるのが有効でしょう。

 

理由2:壁にぶつかる音や段差を乗り越える音がする

ルンバを動かすと分かりますが、けっこう壁にぶつかります。

また、部屋に段差がある場合は、段差も頑張って乗り越えていきます。

それらの際に騒音が起きることがあり、近隣住民に聞こえることもあるようです。

解決策としては、やはり予約稼働で日中に動かすことが有効でしょう。

また、部屋と部屋をまたぐ際に段差を越えることが多いので、付属のセンサーを使って他室への侵入を避けるよう設定し、一室ずつ掃除させるのもアリでしょう。

 

理由3:そもそも神経質な人が近隣に住んでいる

これは運が悪いパターンです。

どこにでもクレーマーや神経質な人は存在します。

これも日中に稼働させることである程度回避できるでしょうが、それでもダメな場合は対話してその人が家にいない時間帯を聞くしかないです。

まあ、ルンバは掃除機より静かなので、ルンバがうるさいと感じる人はそもそも何に対してもクレームを出してしまうと思いますが・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ:私はルンバを買って大満足しています!

上ですでに何度も述べていますが、ルンバの騒音は思ったほど大きくないです。

掃除機よりは全然静かなので安心してください。

しかし、ルンバは直線でしか掃除できないため、どうしても稼働時間が長くなってしまいます。

そのせいで近隣住民に音が聞こえてしまうこともあるようなので、一応これが難点ですね。

ただ、スマホで遠隔操作したり、予約稼働機能を使うことで、日中の誰もいない時間帯に稼働させることが可能です。

解決策はわりとたくさんあると思うので、自身のライフスタイルや部屋の構造にあわせて使用したいところですね。

というわけで私が感じるルンバの魅力は以下の通り。

①床がツルツルになるほど吸引力強い

②ソファの下など手の届かない場所も掃除してくれる

③床掃除から半永久的に解放された

④外出中でもスマホで遠隔操作できる

もうね、とにかく③が最高です。

週に3回ほど、20分もの時間を床掃除に費やしていたのですから。

計算すると、1ヶ月で240分(4時間)、1年で2880分(48時間)の時間節約になります。

ルンバは3〜7万円ほどしますが、家事代行を雇ったと思えば安いものです。

 

・私が購入したルンバ690(やや旧式で水洗い不可)

 

・わりと最新のルンバi7(自動ごみ収集+水洗い可能で便利)

 

私が実際にルンバを使用して書いたレビューはこちら↓↓

ルンバ買って後悔?いや、私は掃除時間がゼロになって大満足です。
ルンバを購入し、床掃除から解放されました。計算すると1ヶ月で240分(4時間)、1年で2880分(48時間)の時間を取り戻したことになるようです。ネット上のデメリットをまとめ、実際に使用した感想と反論を述べていきたいと思います。
TIP
スポンサーリンク
ブロガーゴダをフォローする
スポンサーリンク
ゴダラボ

コメント

タイトルとURLをコピーしました