スポンサーリンク

2021年以降、欧州滞在はetias/エティアスの申請が必要です

2021年以降、欧州滞在はetias/エティアスの申請が必要です

2021年以降、欧州滞在はetias/エティアスの申請が必要です

どうも〜、ゴダです。

タイトルにある通り、2021年1月から「etias/エティアス」という手続きをしないと欧州に滞在できなくなりました。(トランジット含む)

有名な話なのですでに知っている人も多いでしょうが、当ブログは旅好きな読者さんが多いので、記事にすることにしました。

みなさまの参考になれば幸いです。

etias公式サイト(日本語)

※当記事は公式サイトを簡潔にまとめたものです。

スポンサーリンク

「etias/エティアス」と欧州ビザの違いは?申請導入の背景は?

「etias/エティアス」申請導入の背景

「etias/エティアス」申請導入の背景

Etiasの正式名称は『ヨーロッパ(欧州)旅行情報認証システム』(European Travel Information and Authorisation System =ETIAS/)です。

今まで日本人はパスポートさえあればビザなしで欧州圏(シェンゲン圏)に90日滞在することができました。(オーストリアは180日)

しかし近年欧州各地でテロ事件が起きたことから、EUの安全保障を強化するためEtiasの導入が決まりました。

よって2021年1月以降は事前にオンラインでEtiasの申請をしておかないと、フライト当日に搭乗拒否されることになりました。

Etiasとビザの違いが分かりにくいですが、つまりは「日本人はそのままビザなし観光OKだけど、Etiasの申請が必要になる」ということです。

スポンサーリンク

「etias/エティアス」申請が必要になる外国人、時期、滞在先

「etias/エティアス」申請が必要になる外国人、時期、滞在先

「etias/エティアス」申請が必要になる外国人、時期、滞在先

①「etias/エティアス」申請が必要になる外国人

アルバニア、アンドラ、アンチグアバーブーダ、アルゼンチン、オーストラリア、バハマ、バルバドス、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブラジル、ブルネイダルサラーム、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ、エルサルバドル、マケドニア(旧ユーゴスラビア)、グレナダ、グアテマラ、ホンジュラス、イスラエル、日本、キリバス、マレーシア、マーシャル諸島、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、モルドバ共和国、モンテネグロ、ニュージーランド、ニカラグア、パラオ、パナマ、パラグアイ、ペルー、サモア、セイシェル、セルビア、シンガポール、ソロモン諸島、韓国、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、セントビンセントとグレナディーン、東ティモール、トンガ、トリニダード・トバゴ、ツバル、アラブ首長国連邦、アメリカ合衆国、ウルグアイ、バヌアツ、ベネズエラ

ETIAS公式サイトより

日本含む上記54カ国の国籍の人は、etiasの申請をする必要があります。

また、公式サイトには記載がありませんが、台湾人もetias申請の必要があります。

ソース:台灣申根免簽不變 ETIAS授權逾60國適用

②「etias/エティアス」申請が必要になる時期

冒頭でも述べましたが、2021年1月からetiasを申請する必要があります。

Etiasは出発の96時間から2週間前までに申請することを推奨されています。

③「etias/エティアス」申請が必要になる滞在先

③「etias/エティアス」申請が必要になる滞在先(画像:公式サイトより)

③「etias/エティアス」申請が必要になる滞在先(画像:公式サイトより)

アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン

ETIAS公式サイトより

全ての欧州の国がetiasを導入するというわけではありません。

イギリス、アイルランド、東欧各国などはetias申請の必要がありません。

※イギリス人はBrexit後はEU市民ではなくなる。つまり、イギリス人がヨーロッパ旅行をする際もEtiasを申請する必要が出てくる。

「etias/エティアス」の申請方法

「etias/エティアス」の申請方法

「etias/エティアス」の申請方法

Etias申請に必要なもの

①IC・機械読み取り式パスポート(適用条件に満たしたパスポートが必要です。)

②クレジットカード(申請費用はユーロ建てで決済されます。)

③ネットに繋がるスマホやPC

Etiasはオンラインで申請することができます。

※現在はまだ申請用のページは作られていません。

Etias申請に必要な金額

2019年現在で、7€(ユーロ)が必要と発表されています。

これはクレジット決済で支払うことができます。

Etiasの有効年数

Etiasを一度申請すると、3年間有効になります。

つまり申請から3年経ったら、もう一度申請する必要があるということです。

※Etiasは出発の96時間から2週間前までに申請することを推奨されています。

「etias/エティアス」まとめ

要点をまとめると以下の通りです。

・2021年1月より、欧州滞在(一部除く)はEtiasの申請が必要になる。

・日本人も台湾人も対象。

・オンラインで申請できる。

・7ユーロをクレジットカードで支払う。

・Etiasは3年間有効。

・3年後はもう一度申請する必要がある。

つまり、2021年1月になる前にヨーロッパ旅行をしよう!ということですね!笑

今回は以上となります。

etias公式サイト(日本語)

※当記事は公式サイトを簡潔にまとめたものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー