ゴダのプロフィールはこちら(自我介紹)

デンマーク留学を終えて思うこと

デンマーク留学を終えて思うこと

デンマーク留学を終えて思うこと

 

2016年7月から12月の間、デンマークのIPCという学校に在籍していました。

今回はデンマーク生活を終えて思うことを書いていきます。

 

スポンサーリンク

英語について

わたしが在籍していたIPCは英語学校ではありません。

英語ができることを前提とした、教養を学ぶ機関になります。

わたしは英語が上手ではない状態でデンマークに行ったので、最初はほとんど相手が何をいってるのか分かりませんでした。

また、学内のパーティや学外との交流会も多く、英語ができればもっと深くデンマークを知ることができたと後悔しています。

デンマークに行く前は「英語なんてできなくてもなんとかなる」と軽く考えてましたが、全然そんなことありませんでした。

フォルケホイスコーレ留学を検討している方は、オンライン英会話をするなりフィリピンで語学留学をするなり、できるだけ英語力を高めてから行った方がいいですよ。

 

スポンサーリンク

学校(IPC)について

IPCの入り口

IPCの入り口

この学校に在籍していた生徒の半分以上が18歳くらいの若い欧米人でした。

ただでさえ英語力が足りないのに、その上ジェネレーションギャップもありました。

表面的にはみんなと仲良く会話していましたが、残念なことに仲の良い友達はあまりできませんでした。

とはいえ、同級生の中には30歳以上の人もちらほらいて、そういう人とはけっこう仲良くなれました。

彼らとは今でも連絡を取っており、僕としては本当にいい出会いになったと思っています。

聞くところによると、どこのフォルケホイスコーレも18歳前後の欧米人が大半だそうです。

だから相当若いノリについて行かなきゃいけません。

(毎週パーティを開くようなパリピ的なノリ、時にはマリフ○ナ。)

あと学校の政治的スタンスに関してですが・・・。

一言でいうとIPCは国際村のような場所です。

よって、教師や学校の政治スタンスはかなり左寄りとなります。

具体的には、トランプやブレグジット(イギリスのEU脱退)には反対といった感じ。

なんでもかんでもグローバル・融和・寛容な方向に持っていけばいいと思ってます。

だから時々「それは綺麗事すぎるのでは?」「そんな単純に世界は回ってないよ」と感じることもあり、学校の左翼的なスタンスを気持ち悪く思うこともありました。

 

スポンサーリンク

デンマークに対する印象

デンマーク語はしゃべれないし、滞在期間もたった5ヶ月だった私。

だから私のデンマークに対する理解は表面的なものです。

それでも印象に残っていることがいくつかあります。

以下で僕が考える「デンマークといえばコレッ!」っていうのをまとめてみました。

 

スタイリッシュな建築

ヘルシンガーの公立図書館

ヘルシンガーの公立図書館

コペンハーゲン大学の学生寮

コペンハーゲン大学の学生寮

波型の謎の建築(マンション)

波型の謎の建築(マンション)

まず、デンマークといえば建築やインテリアが有名です。

街を歩いているとものすごい形をした建築がどんどん目に入ってきます。

また有名な家具のメーカーもたくさんあります。

この通りデンマークはかなりクリエイティブでスタイリッシュな国です。

デザイン・建築・インテリアに興味がある人にはオススメですね。

 

美しい森林

美しい森林が多い

美しい森林が多い

デンマークは人口570万程度で人が少なく自然が多いです。

コペンハーゲンは都会ですが、ちょっと郊外に行くと森林が広がっています。

特に夏は最高で、日中の気温は25度前後。

木々は青々としていて、とても美しい田舎ライフが待っていますよ。

 

「みんなで一緒に幸せになろう」という国民意識

デンマークは世界一国民の幸福度が高いことで有名です。

最初はそれがどういう意味なのか分かりませんでした。

しかしデンマークに住んでやっとその意味が分かりました。

デンマークは累進課税が進んでおり、貧乏な人や弱者を助けるシステムが充実してます。

だから収入が比較的少ない人も不幸はあまり感じてません。

また金持ちは多くの税金を払っていますが、「この国の素晴らしい社会保障制度を支えている」という誇りをもっています。

金持ちが税金を払うことで貧乏な人も安心して生活でき、それにより社会や治安が安定し、よって自分もさらに安定して稼ぐことができると考えています。

(もしかしたら税金を多く支払っている人は保証の額も多いのかもしれません。)

とにかく「みんなが安心して生活できる」ということに満足している様子でした。

なお、稼いだ金を自分のモノにしたい人は、イギリスやドイツなどに出稼ぎに行くようです。

 

スポンサーリンク

デンマーク生活について

デンマークのほとんどのお店は午後4時くらいに閉まります。

最初は私も不便に感じました。

でも、買いたいものがあれば営業時間内に買い物に行けばいいだけです。

別に夜中に買い物がしたいことなんて滅多にないし、僕は営業時間にはすぐ慣れましたね。

なお、物価がバカ高い点についてはかなり辛かったです。(日本の二倍)

私はあまり留学資金を準備していなかったので、気軽に外食ができませんでした。

デンマーク留学をしたい人は資金面について入念に計画をした方がいいですよ。

ちなみに、わたしは寮暮らしだったので家探しについては詳しくないです。

ただ、デンマークで家探しをしていた友達によると、今デンマークには空いてる家が全然ないそうです。

というのも、デンマークはここ数年で海外からの留学生が増えたため、学生用の部屋の数が全然足りてないみたいなんです。

だから、学校の寮に入る人は問題ないですが、それ以外の人は注意が必要です。

関連記事:北欧デンマークに英語を勉強しに行くということ

関連記事:デンマーク人の驚異的な英語力

関連記事:【デンマークの物価】コペンハーゲンの交通費、食費、宿泊費について

関連記事:半年間pocketに保存し続けたデンマークの観光地・生活情報まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました