シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンマーク留学徹底ガイド① 留学前の心境と留学後のプラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

29610148

2016年7月からデンマークのコペンハーゲンに留学します。

学校はIPCというフォルケホイスコーレで、英語で国際問題や異文化理解について学びます。

私は、もともと台湾で中国語を使って仕事をしていましたが、仕事で英語も使えたら世界が広がるだろうなと思い、また今年で30歳ということもあり、年齢的にも早い方がいいと考え、デンマーク留学を決めました。

また、デンマークは高福祉でデザインも有名であり、そのユニークな社会を一目見てみたいという思いもあり、デンマークに行くことにしました。

スポンサーリンク

デンマーク留学前の心境

私は今年で30歳になります。

留学の話をすると、両親だけでなく周囲の人間も心配そうな顔をします。

しかし、英語を使って仕事したいという気持ちろ、デンマークついてもっと知りたいという思いが抑えられなくなり、留学を決めました。

「えーい、行っちゃえ!」

ちょっと勢いがありすぎたような気もしますが、留学のような大きな決断は勢いもないとできません。

今ではこの決断に全く後悔していません。

留学後のプラン

私はもともと人材会社で働いていました。

ですので、何歳でどの程度の職務経歴がないと転職が難しいか等、転職市場についてよく理解しています。

ちなみに、私は留学後は31歳であり、職歴3社で、直近で半年以上の留学経験という経歴になります。

私の経験上、私のような経歴では優良企業への転職はもう難しいです。

ですので、留学後のことについて色々心配することはありますが、それなりに計画はしています。

以下が、私の留学後の三つの計画です。

日本で就職

上で書いたように31歳で職歴3社、直近で半年以上の留学経験があると、優良企業への転職は厳しいです。

31歳というととっくに第二新卒の求人はなく、基本的には経験がある職種への転職になります。

ですので、経験がないと厳しいですが、逆にいうと、経験があれば31歳でも全然大丈夫です。

40歳以上だと経験があっても厳しい場合がありますが、私の場合はまだ満足できる転職ができるかもしれません。

海外で就職

海外での就職も視野に入れています。

しかし先進国以外での就職の場合は、給料が少なく、医療や年金等の保障が弱く、日本の親や友人に会えない等のデメリットもあります。

独立

日本か海外で独立することも視野に入れています。

もちろん、独立すると自分でなんでもしなければならないため、雇われるより厳しい道が待っているかもしれません。

それでも今のところは、自分の可能性を求めて海外で独立することを第一に考えて行動しています。

自分の強みを生かし、現地の知り合いと協力できれば、できることは少なくないと思います。

色々事業プランはありますが、また時期が来たら記事にしたいと思います。

まとめ

・留学など大きな決断をする際はある程度「勢い」が大切。

・ただし社会人が留学を決断する場合は、転職市場での価値を理解しておくこと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする