SNSでのシェアや保存はコチラ

未経験でも正社員として内定を取るために有効なたった一つの方法

SNSでのシェアや保存はコチラ

未経験でも正社員になれる方法とは?

未経験でも正社員になれる方法とは?

私は過去に大手人材会社でキャリアコンサルタントをしていました。

当時は一日に約50人の求職者の履歴書を見ていましたし(一か月で約1000人)、求職者に対して面接の指導もしていたので、転職については人より詳しいつもりです。

そして、当時キャリアコンサルタントをしていて思ったことは、皆さんキャリアチェンジがどういうものなのか、どうやったらキャリアチェンジできるのかをしっかり理解していないということです。

中でも多かったのが「未経験の分野に正社員として働きたい」という要望です。

転職は基本的に経験者を優遇する傾向にありますので、未経験の分野で正社員として内定を取るのは非常に難しいです。

ですが、未経験の分野で正社員として内定を取る方法は確かにあります。キャリアチェンジについて理解を深めて正しい方法で転職活動を進めれば、必ず成功します。

そこで今回は私が大手人材会社で働いていた経験をもとに「未経験の分野で正社員として内定を取る方法」についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

キャリアチェンジについて

まずは「キャリアチェンジ」の定義について簡単に確認します。

キャリアチェンジとは、 これまで経験・習得してきた職務内容から、 全く別の経験の無い職務内容へと変わる、移ること。 職務内容や環境も異なるために、 これまで自分自身が経験・習得してきた技術が次に活かされない可能性がある。

キャリアチェンジとは-Weblio辞書

キャリアチェンジとは、“これまでやってきたことと関係のない業界・職種に移ること”を指します。つまり未経験分野で就業するとうことですね。

上でも述べましたが、基本的に日本企業は経験者を優先して採用するため、未経験者のキャリアチェンジは難しく、成功する人は全体のごく一部の人です。

私がキャリアコンサルタントをしていた頃も、未経験の求職者さんがなかなか内定が出なくて「経験者しか採用されないなんて、どうやってキャリアチェンジしたらいいの!?」とよく愚痴をこぼしていました。

例えば【販売員→事務員】のようにまったく性質の違う職種に転職しようとすると、かなり苦戦します。

でもこれは販売員からいきなり事務員になろうとするから失敗するのであり、グラデーションのように段階的に転職すると成功します。

では、この“グラデーションのように段階的に転職”とは一体どういうことなのでしょうか?

以下で確認していきましょう。

前職と業界または職種が同じ仕事をする

例えばあなたが服屋さんの販売員の経験しかなく、事務職に転職したいとします。

このような未経験転職を成功させるには、以下二種類のアプローチ方法があります。

前職と同じ職種の仕事を探す

今している販売の仕事の中にも事務的な仕事があるはずです。

ですので、面接の際には自分がしていた事務的な仕事の部分をアピールします。

もし全く事務の仕事をしていない場合は、今からでも遅くないので、事務をやってみたいと上司に言ってみましょう。

これで少しでも事務の仕事を任せてもらえたら、それだけで事務の経験を職務経歴書に追加することができます。

事務職の場合はWordやExcelのスキルは必須なので、そういう仕事をやらせてもらえたら汎用性が高いはずです。

前職と同じ業界の仕事を探す

今服屋で仕事をしているなら、アパレル関係の会社での事務職を狙いましょう。

業界知識や販売現場の知識は、数日で簡単に身に着けることができません。

また同じ業界内での転職は、その業界に興味があることをアピールすることができます。

なので、同じ業界内であれば、【販売→事務】のようなキャリアチェンジでも優遇してもらえる可能性があります。

“グラデーション転職”とは!?

では、服屋の販売員の経験しかない人が経験のない製造メーカーの一般事務職に転職したい場合はどうしたらいいのでしょうか?

この場合は、いきなり【服屋の販売員→製造メーカーの一般事務】という転職をするのは難しいので、間に一社挟んでグラデーションのようにでキャリアチェンジをすることをおすすめします

具体的には、

①服屋の販売員 → ②アパレル関係の事務 → ③製造メーカーの一般事務

といった流れで段階的なキャリアチェンジを行います。

①から②に転職する際は「アパレル業界勤務」という経験が生かせます。

②から③に転職する際は「事務職」という経験が生かせます。

この方法は間に一社挟むので何年か時間がかかりますが、いきなり①から③への転職を狙うよりも確実で、長期的に見ると近道と言えるかもしれません。

「未経験可」と書いてある求人はあまりあてにならない

人材会社のホームぺージでときどき「未経験可」と書いてある求人を目にすることがあります。

でもこれは残念ながらあまりあてにならないです。

なぜなら、未経験可の求人にも経験者が応募してくる可能性は高く、企業側も未経験者と経験者がいれば経験者を優先して採用してしまうからです。

それでも経験の有無よりも人柄を重視する企業もありますので、「未経験可」と書いてある限り可能性はゼロではありません。

自分の可能性を自分でつぶすなんてもったいないことはやめましょう。

可能性にかけるためにも、興味がある未経験可の求人があったら応募してみた方が絶対にいいです。

応募すれば可能性はありますが、応募しなければ可能性はゼロのままですからね・・・。

オススメ転職サイト

こちらは元インテリジェンスが提供する転職サイトです。

業界2番目の大手であり、正社員経験なしでもできる求人がたくさんあります。

登録も無料なので、求人をチェックするつもりで気軽に登録してみましょう♪



番外編:「MIIDAS」で自分の最適年収をチェック

大手人材会社パーソルキャリアが運営するMIIDASというサービスが面白いです。

自分の年齢や職歴などを簡単に入力するだけで(三分くらい)、現在の自分の適正年収が表示されます。

私もやってみましたが、だいたい550万円くらいでした。

更にそのまま本登録すると、パーソルキャリアが扱う求人も見ることができます。

全て無料のサービスですので、ちょっと自分の市場価値をチェックしてみてはいかがでしょうか?

市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)!

まとめ

・未経験転職は基本的に難しい。

・未経験転職を成功させたいなら、前職と職種か業界が同じ仕事を選ぶのが近道。

・職種も業界も違う転職を望むなら、時間はかかるけど間に一社挟んで“グラデーション転職”をしよう。

・転職サイトでよく見る「未経験可」には経験者も応募してくる可能性が高い。



スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー