スポンサーリンク

高雄の科工館は学べて遊べる科学技術の博物館!子ども連れにオススメ

高雄の科工館は学べて遊べる科学技術の博物館!子ども連れにオススメ

高雄の科工館は学べて遊べる科学技術の博物館!子ども連れにオススメ

どうも〜、ゴダです。

今回は高雄の「科工館」(国立科学プロセス博物館)をご紹介します。

「科工館」では、台湾の産業や科学を楽しみながら学ぶことができます。

特に家族連れにはオススメで、子どもが楽しめる施設がたくさんあるんです。

(とっても暑い高雄で、涼しい室内で安全に遊べるのって実はありがたいこと)

私も実際に行ってすごく楽しいと思ったので、早速写真付きで紹介しますね!

エポスカードは入会費&年会費が永久に無料で、海外旅行保険最大270万円が受けらる超お得なカード!

スポンサーリンク

高雄の「科工館」ってどんな場所?

高雄の「科工館」ってどんな場所?

高雄の「科工館」ってどんな場所?

高雄や台湾の産業をテーマにした博物館です。

具体的には、以下のような展示エリアがありました。

  • 台灣工業史蹟館(台湾工業史跡館)
  • 臺灣農業的故事展示廳(台湾農業物語)
  • 烹調的科學(調理の科学)
  • 電信@臺灣(電気通信@台湾)
  • 兒童科學園(児童科学園)

などなど・・・

ここでは全てをご紹介できないので、上記はほんの一部です。

他にも様々な展示エリアがあり、一日で見切れないくらい大きかったです。

お土産屋さん

お土産屋さん

出入口ではちょっとしたお土産が買えるようになってました。

スポンサーリンク

科工館の児童科学園は子どもの天国!

科工館には児童科学園という展示エリアがあります。

児童科学園はこんな感じ

児童科学園はこんな感じ

一言でいうと、このエリアは子どものパラダイスです。

どんな子でも熱中して楽しむことができちゃいます。

鏡の間

鏡の間

暗いので分かりにくいですが、ここは合わせ鏡で作られた迷路です。

迷路で遊べると同時に、鏡の作用も知ることができます。

ブロックゲーム

ブロックゲーム

これはどんな作用を学ぶ場所か確認してないですが、ブロックゲームができるようでした。

音の振動を学ぶ機械

音の振動を学ぶ機械

これは音の振動を学ぶ装置です。

筒の中にたくさん粒が入っていて、自分でツマミを調節して音の振動を変えることができます。

それに応じて粒が波を打ったり振動したりして、音の振動を学ぶことができるようになっています。

これは大人の私が見ても興味深いものがありました。

万華鏡ルーム

万華鏡ルーム

この部屋の中はでっかい万華鏡になっています。

子どもたちが原理を理解しているかどうかは謎ですが、とにかく楽しそうでした。笑

ピタゴラスイッチ的なゲーム

ピタゴラスイッチ的なゲーム

これは大きなピタゴラスイッチ的装置です。

手動で円盤を回せば、装置全体がゼンマイ仕掛けで動きます。

バスケットボールが運ばれていく様子は、大人が見ていても楽しかったです。笑

(子どもたちは夢中になって円盤を回していました。笑)

ミニ電動車

ミニ電動車

そして極め付けはコレ。

ミニ電動車を運転することができちゃうんです。

道路と町が再現されている

道路と町が再現されている

子どもが大喜びすること間違いなしですよね。

しかも遊びながら交通ルールも学べるなんて、なんて素敵な場所なんでしょう。

ちょっと褒めすぎな気もしますが、実際私が子どもだったらすごい楽しんじゃうだろうな〜!

射撃ゲーム

射撃ゲーム

大人数で点数を競うことができる射撃ゲームもありました。

もうここまでくると科学を学ぶというよりは、ただのゲームセンターです。笑

でもみんなで楽しめるならそれもアリなんじゃないかな〜と思います。

超巨大滑り台

超巨大滑り台

高層階から滑ることができる超巨大滑り台もありました。

これも科学と関係あるかは謎です。笑

科工館は台湾について学べる展示がたくさん!

科工館には台湾の文化や工業や科学をテーマにした展示もたくさんあります。

全ての展示エリアを紹介することはできないので、ここではその内の1つ「烹調的科學(調理の科学)」を紹介させていただきます。

烹調的科學(調理の科学)

烹調的科學(調理の科学)

入口はこんな感じ。

当然ですが、全ての展示エリアは共通のチケットで入れます。

台湾の一般家庭にある鍋

台湾の一般家庭にある鍋

台湾の一般家庭で使われる食器や鍋などの展示があり、それぞれどのような料理に使われるかが解説してあります。

台湾の厨房を再現

台湾の厨房を再現

台湾によくある感じの厨房が再現されてました。

台湾の伝統的な市場のVTR

台湾の伝統的な市場のVTR

台湾の伝統市場のVTRをずっと流している部屋もありました。

料理に関するクイズルーム

料理に関するクイズルーム

料理に関するクイズルームもありました。

クイズ番組さながらの設備にびっくりです。笑

なお、調理に関する展示以外にも、台湾の工業史や農業史、電気通信史などを学べるエリアもありました。

どの展示エリアにも映像や展示物があり、中国語ができなくてもある程度理解できるようになっています。

高雄「科工館」の場所、アクセス、入場料など

所在地:高雄市三民區九如一路720號

時間:午前9時〜午後5時。月曜、旧暦大晦日、旧暦元旦は休館日。

入場料:大人100元、6歳未満無料

科工館へは以下3つの方法で行くことができます。

科工館へのアクセス方法①:タクシー

これは一番シンプルで確実な方法です。

いろいろ乗り継ぐのが面倒な方は、タクシーで行っちゃうのもアリでしょう。

科工館へのアクセス方法②:火車(台鉄)

台鉄科工館站

台鉄科工館站

科工館の最寄駅は台鉄科工館站です。

MRTではなく台鉄の駅なので間違えないようにしてくださいね。

道の途中に標識がある

道の途中に標識がある

台鉄科工館站からは徒歩で10分ほど。

最寄駅のわりにはあまり近くないですよね・・・。笑

スマホ地図を使うなどして道を確認しながら行きましょう。

科工館へのアクセス方法③:バス(紅28)

バス

バス

バスは路線が複雑であり、中級者向けです。

しかし乗りこなすことができれば、科工館すぐ前に停まるので便利です。

わたしは帰りは紅28番のバスに乗って高雄駅まで行きました。

一本で高雄駅まで行くことができるので、かなりオススメです。

科工館のバス停の位置(クリックでGoogleMapが開きます)

無料で海外旅行保険が適用されるエポスカード

エポスカードがお得な理由!

①入会費&年会費が永久に無料
②海外旅行保険が最大270万円適用
③持ってるだけで適用

ちょっとでも安く旅行を!おすすめ予約サービス一覧

多くのホテルが割引中の予約サイト → 【Booking.com】世界のホテル割引予約

暮らすように旅ができる宿泊予約サイト → 【Airbnb】

航空券とホテルをまとめ予約で割引になる → 【Expedia Japan】

団体ツアー旅行の定番 → エイチ・アイ・エス

海外でポケットWi-Fiルーターを持つ

お得な台湾用Wi-Fi → 台湾のWi-Fi

※その他の高雄関連の記事→高雄カテゴリー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー