スポンサーリンク

台中の住宅地にある「一德洋樓」は2015年に公開された貴族の豪邸!カフェで休憩!(韻)

台中の住宅地にたたずむ「一德洋樓」は、2015年に一般公開した貴族の豪邸!カフェで休憩!(韻)

台中の住宅地にたたずむ「一德洋樓」は、2015年に一般公開した貴族の豪邸!カフェで休憩!(韻)

どうも〜、ゴダです。

今回は久しぶりに台中の観光スポットをご紹介します。

その名も「一德洋樓」。

ここは昔の金持ちの豪邸であり、今は無料で入れる遺跡となっています。

中にはレストラン、カフェ、お土産コーナーや、貴族の生活がうかがえる展示もあります。

また私はここのカフェが好きでよく休憩しているので、ばったり私に出くわす可能性もあります。笑

まあそんな話は置いておいて、さっそく「一德洋樓」の内部をご紹介していくことにしましょう。

エポスカードは入会費&年会費が永久に無料で、海外旅行保険最大270万円が受けらる超お得なカード!

スポンサーリンク

一德洋樓とは?

一德洋樓とは?

一德洋樓とは?

上にも書きましたが、「一德洋樓」は昔の貴族の邸宅です。

かつていた林家と賴家という金持ち同士が結婚し、1920年に建てたそうです。

現在は台中市が管理する遺跡となっており、チケットを買わずにそのまま入れます。

このあたりは人通りの多い雑然とした場所ですが、一德洋樓だけはひっそりとしています。

「都会のオアシス」というと大げさですが、ここのカフェで休憩するとホッとするんですよねぇ。

ほら、この日も休憩してるでしょ?笑

家の近くなので散歩コースにちょうどよく、

仕事に疲れる

散歩してちょっとリフレッシュ(カロリー燃焼!

一德洋樓のカフェでケーキ食べる(カロリー補給!)

帰宅

というダイエット的に全く無意味な行動を繰り返しています。笑

なお一德洋樓は2015年に一般公開された比較的新しいスポットです。

だからまだネット上にはここを紹介しているサイトがありません。

ウシシ・・・今のうちに先駆け!

スポンサーリンク

一德洋樓を見学

実は一德洋樓が建てられた1920年代は、ちょうど日本統治時代となります。

だから中華風建築と洋風建築以外に和風建築の部分もあるんです。

以下で順番に紹介していくことにしましょう!

中華風建築(閩南建築)

一德洋樓の三合院の正面

一德洋樓の三合院の正面

写真に収まりきらなかったですが、中華風建築はコの字形の三合院になっています。

でもレンガ造りなので洋風な気もしますよね。

まあ、そもそも中華、洋風、和風をミックスしたぐちゃぐちゃな建築です。

だから細かいことはスルーしましょう!

中華風建築部分の廊下

中華風建築部分の廊下

廊下には中華風の明かりが灯っていていい感じです。

綺麗に清掃されていて気持ちよかったです。

玄関部分

玄関部分

玄関部分には立派な絵と掛け軸と家具が。

さすが貴族の家です。

置いてあるものが高級な感じします。

昔使っていた食器など?

昔使っていた食器など?

おそらく貴族が昔使っていた食器です。

100年ほど前なのでそんなに昔ではないですが、懐かしい雰囲気がします。

廊下

廊下

廊下の壁には写真がたくさんかかっていました。

ご主人と奥さん

ご主人と奥さん

当時ここに住んでいたご主人と奥さんです。

繰り返しますが、当時は日本統治時代でした。

だからこの写真のご主人も日本語をしゃべっていたのでしょう。

ちょっと不思議な感じがしますね。

レストラン

レストラン

中にはレストランもありました。

メニューなどは写真に撮っていないですが、割とお腹いっぱいになりそうなメニューでした。

中華菓子のお土産ショップ

中華菓子のお土産ショップ

別の部屋には中華菓子のお土産ショップもありました。

いわゆる月餅とかそういうものがたくさん売ってました。

私は買わずに試食しましたが(買えよw)、しっとりとした生地にたっぷり餡が入っていてどのお菓子も美味しかったです。

昔使用していた月餅の型

昔使用していた月餅の型

月餅を焼くための型も展示されていました。

ということは当時もここでお菓子を作っていたんでしょうね。

和風建築

和風建築

和風建築

和風建築は中華風建築にくっつく形で、端の方にありました。

ここは本屋になっていて、アート関係の本がたくさん売られています。

また奥の方は誰でも本を読むことができるようになっており、私もここで少し休憩しました。

カフェではないので飲み物を注文することはできないようです・・・。

一体何のスペースなんでしょうね?

洋風建築(洋館)

洋風建築(洋館)

洋風建築(洋館)

さて、いよいよ一德洋樓のメインの建物のご紹介です。

敷地内に洋風建築がポツリと建っています。

ここはカフェでして、台中の住宅街を眺めながらコーヒーがいただけます。

二階のベランダから外を眺める

二階のベランダから外を眺める

住宅ばかりが見えるので、あまり観光地っぽくないです。

まあ、私はレアものが好きなので、こういう変な場所は逆に大好きです。

コーヒーをいただく

コーヒーをいただく

コーヒーは一杯100元前後といったところ。

台北に比べるとちょっと安いかな?

ティラミス 110元

ティラミス 110元

ガラス越しなので綺麗に撮れませんでした・・・すんません。

ティラミスの値段もお手ごろで、とっても美味しそうでした。

アールグレイチーズケーキ 90元

アールグレイチーズケーキ 90元

こちらはアールグレイチーズケーキになります。

アールグレイなので紅茶風味なのでしょう。

ここでふと疑問が浮かびます。

「コーヒーと一緒にいただくと”鴛鴦咖啡”の味になるのかな?」

今度実験してみます・・・笑

カフェ店内の雰囲気

カフェ店内の雰囲気

カフェ店内の雰囲気も洋風で結構オシャレです。

なんか明治時代の鹿鳴館みたいなカンジ・・・(行ったことないけど!)

一德洋樓の場所、電話、営業時間

所在地:臺中市北屯區文昌東十一街14巷1號

電話:+886-4-22332959

開放時間:月〜金は9時〜18時、土日は9時〜21時

台中市の観光地紹介サイト:一德洋樓(中国語)

近くに駅はなく、台中駅からはバスかタクシーで行く必要があります。

住宅地の中にひっそりと佇む洋館でコーヒーを飲むのはいかがでしょうか。

無料で海外旅行保険が適用されるエポスカード

エポスカードがお得な理由!

①入会費&年会費が永久に無料
②海外旅行保険が最大270万円適用
③持ってるだけで適用

ちょっとでも安く旅行を!おすすめ予約サービス一覧

多くのホテルが割引中の予約サイト → 【Booking.com】世界のホテル割引予約

暮らすように旅ができる宿泊予約サイト → 【Airbnb】

航空券とホテルをまとめ予約で割引になる → 【Expedia Japan】

団体ツアー旅行の定番 → エイチ・アイ・エス

海外でポケットWi-Fiルーターを持つ

お得な台湾用Wi-Fi → 台湾のWi-Fi

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー