★☆オンライン台湾中国語の台台レッスン/25分480円☆★
Profile(自我介紹)Contact(聯絡我)

中国語の基本語順!主語、時間詞、助動詞、介詞、動詞、どれが先?

中国語の基本語順!主語、時間詞、助動詞、介詞、動詞、どれが先?

中国語の基本語順!主語、時間詞、助動詞、介詞、動詞、どれが先?

どうも〜、ゴダです。

ここでは中国語の基本となる語順を解説しています。

助動詞と介詞はどちらが先?

時間詞は主語より先?後?

否定詞の位置は?

などの疑問に答える内容となっています!!

この記事を通して、中国語の基本的な並び順を学びましょう!

 

スポンサーリンク

中国語は語順が命!語順間違えると意味が変わることも!

日本語は語順がそこまで重要ではない言語です。

 

①私は あなたに チョコレートを あげます。

②私は チョコレートを あなたに あげます。

上記の場合、①も②も意味は同じです。

日本語は助詞(「に」「を」)が「誰に何をあげるか」の関係を表しているのです。

 

①我 給 巧克力。(私はあなたにチョコレートをあげます。)

②我 給 巧克力 。(私はチョコレートにあなたをあげます。)

しかし、中国語は語順で意味を表します。

「給」は「AにBをあげる」という意味の動詞です。

通常の語順は①であり、語順を間違えると②のようなヘンテコな意味になってしまいます。

このとおり、中国語は助詞がないため、語順で意味が決まるのです。

 

スポンサーリンク

中国語の語順

ここでは「主語+動詞+目的語(SVO)」を基本形とし、単語を一つずつ加えていき、中国語の並び順を説明しています。

 

①主語+動詞+目的語(SVO構文)←基本形

我吃飯。(私はご飯を食べます。)

これは、いわゆるSVO構文というやつです。

「S主語が O目的語を V動詞する」という基本的な型です。

日本語はSOV構文なので、中国語とは順番が違います。

 

②時間詞の位置

時間詞の位置:主語の前後

 

今天早上吃飯。(私は今朝ご飯を食べました。)

or

今天早上我吃飯。(私は今朝ご飯を食べました。)

中国語の時間詞は、基本的には主語の後に置きますが、主語の前に置くこともあります。

中国語は動詞の変化活用がないため、一般的には時間詞で時制を表すことになります。

 

③助動詞の位置

助動詞の位置:主語と動詞の間

 

我今天早上應該吃飯。(私は今朝ご飯を食べるべきだった。)

「應該」は、「〜するべき」という意味の助動詞です。

中国語の助動詞は、主語と動詞の間に置きます。

また、時間詞がある場合は時間詞と動詞の間に置きます。

 

④否定詞の位置

否定詞の位置:動詞や助動詞の前

 

1.我今天早上吃飯。(私は今朝ご飯を食べなかった。)

否定詞には「不」と「没」の二種類があり、一般的には動詞の前に置きます。

「不」は意思や習慣の否定を表し、過去・現在・未来のいずれにも使えます。

「没」は過去の事実の否定を表します。

▼詳細記事

【中国語文法】否定文「不」と「沒」の使い分け
ここでは、中国語学習者が混乱しやすい「不」と「沒」の使い分けについて説明していきます。例文を使って分かりやすくまとめました。

 

2.我今天早上應該吃飯。(私は今朝ご飯を食べるべきではなかった。)

助動詞がある場合は、「不」を助動詞の前に置きましょう。

助動詞は「没」で否定できません。

なお、否定詞を助動詞と動詞の間に置くパターンも一応存在します。

そのパターンは解釈が複雑なため、今回は解説を省かせていただきます。

 

⑤介詞の位置

介詞の位置:動詞の直前

 

我今天早上不應該跟你吃飯。(私は今朝あなたとご飯を食べるべきではなかった。)

介詞とは、英語でいう前置詞のようなものです。

動詞とセットで使われる語であり、動詞の対象や方向を示すことができます。

通常、介詞は動詞の前に置きます。

助動詞がある場合は、助動詞と動詞の間に置きます。

 

スポンサーリンク

中国語の基本語順!まとめ

というわけで、最終的な並び順は以下となります。

我 今天早上 不 應該 跟你 吃 飯。

主語+時間詞+否定詞+助動詞+介詞+動詞+目的語

もちろん例外はありますが、基本形はこれです!

 

また、今回紹介した以外にも、中国語には様々な文型があります。

比較、程度補語、副詞、成語・・・etc

これらを含めると、さらに複雑な語順となります。

機会があれば、いつか複雑な語順についても取り扱いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました