Profile(自我介紹)Contact(聯絡我)

コロナ不況で海外フリーランスの収益激減!私の例をお見せしますw

コロナ不況で海外フリーランスの収益激減!私の例をお見せしますw

コロナ不況で海外フリーランスの収益激減!私の例をお見せしますw

どうも〜、台湾でフリーランスしてるゴダです。

いや〜、コロナ不況ですね。

ここ最近、経済に関しては全くいい話がありませんね。

なかでも特にダメージが大きい業界は、航空、飲食、旅行あたりでしょうか。

何を隠そう、わたしも観光関連の仕事をしています。

だから、今回のコロナ騒動で収益がかなり減っています。

というわけで今回は、以下について赤裸々に書きました。

・私(海外フリーランサー)の収益減

・私が海外フリーランサーとして生き残れる理由

私は収益減でさえブログネタにしちゃいます。

タダでは転びません。笑

 

スポンサーリンク

私(海外フリーランサー)の収益はどのくらい減った?

わたしの収益はコロナ以前と比べて45%くらい減っています。

 

▼コロナ騒動が始まる2020年1月以前の収益構造

ゴダの収益構造(2020年1月以前)

ゴダの収益構造(2020年1月以前)

 

▼コロナ騒動が始まった2020年2月以降の収益構造

ゴダの収益構造(2020年2月以降)

ゴダの収益構造(2020年2月以降)

まず、一番の収益源がブログから中国語学校に変わりました。

といっても、中国語学校の売上が伸びたわけではないんです。

その他の売上が減っているのです。

ご覧の通り、わたしのブログは観光情報中心です。

旅行者が減ると、ブログの閲覧回数が減り、収益もダウンします。

また、翻訳に関しては、主に旅行情報のWebページを日中翻訳しています。

こちらも旅行者が減ったため、業務が激減しているのです。

リーマンショックの時もそうでしたが、不況時って「娯楽」「広告」「求人」あたりの需要が先に減るんですよね。

逆に、インフラ、医療、食品などは生活に必要なものなので、不況時でも需要が減りません。

私も不況に強い仕事ができればいいのですが、一介のフリーランサーには難しいです。

というわけでフリーランサーである以上、不況に弱いのは仕方がないでしょう。

 

スポンサーリンク

私が不況でも普段通りの生活をキープできてる理由

私は収益は激減したけど、貯金を切り崩す予定はありません。

未来はどうなるかわかりませんが、今のところは普段通りの生活をキープできてます。

海外フリーランスという不安定な働き方をしている私が、安定を保っている理由を分析しました。

 

理由①:固定費がほとんどないから

まず頭に浮かぶのが「固定費がほとんどない」ということです。

飲食店を例に挙げると、飲食店は客が減っても、家賃を毎月支払う必要があります。

しかし、私は固定費がかかるようなものは何も契約していません。

自分の家をオフィスにしてるので、オフィス代はかかりません。

コピー機などのリースもしていません。

工場もないし、固定給がかかる従業員もいません。

 

ポイント自宅でできるネットビジネスは最強。

 

理由②:普段から倹約生活をしているから

Twitterをフォローしてくださってる方はご存知でしょうが、私はものすごく倹約家です。

これは少し前のツイートですが、今も変わらず月5万円で生活してます。

20代が貧乏すぎて、月5万円生活が習慣化してしまいました。(これでいいのか!?)

高級なものが食べたいとか、車が欲しいという欲望は特にありません。

普通の人は、不況時にあわてて倹約生活を始めるのでしょう。

でも、貧乏性の私は、いつも通りの生活をしているだけです。

 

ポイント普段から倹約生活しているので、不況でも全然問題なし。

 

理由③:不況でも仕事をくれる固定クライアントがいるから

ありがたいことに毎月仕事をくださる固定クライアントがいます。

フリーランスが生き残れるかどうかは、固定クライアントがいるかどうかにかかっています。

リーマンショックもそうでしたが、不況時は本当に仕事が無くなりますからね。

 

ポイントフリーランスこそ固定のクライアントを獲得しよう。

 

理由④:収益源を分散しているから

なんの後ろ盾もないフリーランスこそ、収益源は分散しておくべきです。

収益源が一つしかない場合、その収益が途絶えれば、収入もゼロになってしまいます。

できれば、今ある収益源と全然関係のない業種の収益源を作りましょう。

そうすると安定性が増します。

 

ポイント業種をまたいで収益源を分散させよう。

 

スポンサーリンク

「コロナ不況で海外フリーランスの収益激減」まとめ

2008年、リーマンショック時、私は東京でサラリーマンをしていました。

当時、仕事の案件数がごっそり減りました。

私含む全社員のボーナスがなくなりました。

グループ会社に無期限で出向させられる同僚もたくさんいました。

株で大失敗したという話もちらほら聞きました。

まさに「この世の終わり」のような状態だったのを今でも鮮明に覚えています。

それでも、サラリーマンは給料が保証されていました。

心からピンチだとは思いませんでした。

しかし、フリーランスは違います。

頼れるものは自分しかいません。

自分がしっかりしていなければ、収入は簡単にゼロになります。

普段から最悪のパターンを想定し、景気がいい時にしっかり対策を立てておくこと。

「計画は悲観的に、行動は楽観的に」

これは東京で働いていた時の上司がよく口にしていた言葉です。

今日もこの言葉を忘れず、できることをコツコツやろうと思います。

海外フリーランス、生き延びるぞ〜!!!

 

▼関連記事

台湾コロナウイルス最新情報まとめ(2020年4月8日更新)
ここでは台湾国内におけるコロナウイルスの最新情報(感染者数、死亡者数、台湾政府の対策、台湾へ入国する場合の注意点)をまとめています。どうぞ参考にしてください!

コメント

  1. -- より:

    私は夜のお仕事をしているので、収益は0になりました。
    夜のお仕事は粘膜接触で、お相手が待っていたらほぼアウトです⁽⁽(ཀ д ཀ)⁾⁾
    私1人だけなら良いですが、そこから連鎖していく…怖いですよね。。

    早く無くなる事を祈ります。

    • ブロガーゴダ より:

      管理人です。

      仕事内容次第では、全く客が入らないですよね。
      個人的には、今回の件はもう少し長引くと思っています。
      お互い乗り切りましょう!

タイトルとURLをコピーしました