スポンサーリンク

【将来のお金の不安】資産2000万円貯めて老後はリターンで生きる

【将来のお金の不安】資産2000万円貯めて老後はリターンで生きる

【将来のお金の不安】資産2000万円貯めて老後はリターンで生きる

どうも〜、ゴダです。

現在わたしは日本に住んでおらず、サラリーマンでもありません。

収入は毎月変動があり、ボーナスも退職金もなく、わりと不安定な人生を歩んでいます。

ネット上では楽しく生きてるように見える私ですが、実は不安もたくさんあるんですよ。笑

というわけで今回は「海外で独立した私の老後のお金のプラン」についてお話します。

スポンサーリンク

わたしの経歴をざっくり紹介

有名人でもなんでもない私の経歴に興味がある人はいないでしょう。笑

でも一応、記事を読みやすくするため、私の経歴をざっくりと紹介します。

<社会人になった後の私の経歴>

22歳:新卒で東京の人材会社に入社。

24歳:新卒の会社を退職。日本のサラリーマン生活終了。

25歳:台湾留学。

27歳:台北にある台湾企業に就職。月収4.8万元くらい。

31歳〜33歳(現在):台湾で個人で仕事をする。

ま、こんな感じで完全にレールから外れて生きてます。笑

やりたい放題やってるので、老後が不安になっちゃうのも自業自得ですよね。

※詳しい経歴はゴダのプロフィールをご参照ください。

スポンサーリンク

収入が低くても生活費が低ければ貯金ができる

当たり前ですが、収入が低くても生活費が低ければ貯金ができます。

<例:同じ月収25万円でも、生活費が低いと貯金額が増える>

A.月収25万円/生活費20万円の人 → 貯金5万円

B.月収25万円/生活費5万円の人 → 貯金20万円

台湾在住は生活費があまりかからないので、けっこう効率的に貯金できてます。

貯金を増やすには、収入を増やすよりも支出を減らした方が即効性があったりします。

参考記事:台湾の生活費を都市別に解説!家賃・食費の1ヶ月平均はいくら?

参考記事:海外移住資金100万円を高速で貯金し、移住後も節約して生きる

目標:資産2000万円を貯め、老後に備える!

このままの勢いで毎月20万円ずつ貯金していき、資産を2000万円貯める作戦です。

元本が2000万円あると、利回り3%であっても年間60万円のリターンを得ることができます。

わたしは台湾での生活費が月5万円(年60万円)なので、それでも十分に生きていけるのです。

わたしは退職金など老後の後ろ盾がないので、働けなくなる前に自分でセーフティネットを作っておく必要があります。

全てが予定通りにうまくいかないかもしれませんが、とりあえずプランを立て、プランに向かって進んでいくしかないんです。

2000万円を達成する2つのプラン

プラン①:月20万円ずつ貯金して、39歳に2000万円達成

現在640万円の貯金があるため、あと1360万円で2000万円達成できます。

毎月20万円ずつ貯金すると、あと5.6年で2000万円が貯まる計算です。

2019年5月現在わたしは33歳なので、39歳には夢達成ということですね。

ただ、これは39歳まで一切資産運用をせず、純粋に貯金だけした場合のペースです。

実際には2000万円貯まる前にもガンガン資産運用していくつもりなので、39歳よりも前倒しで2000万円を達成することでしょう。

プラン②:月15万円ずつ貯金して、41歳までに2000万円

プラン①は毎月20万円を貯金するという内容でした。

しかし、毎月20万円貯金すると、遊べるお金も減ってしまいます。

39歳で2000万円を達成した後は楽ですが、それまではずっと我慢ということになります。笑

早く2000万円を達成して安心したいところですが、わたしは将来のために今を犠牲にするのも違うと思っています。

人生はいつ終わるか分からないし、健康に遊べるのは今のうちだけです。

2000万円が貯まるまでの30代の時間も、旅行したり美味しいものを食べながら暮らしたい。

(あわよくば、子どもも欲しい)

というわけで個人的には目標をもうちょっと緩めていきたいです。

具体的には「月15万円を貯金し年間180万円の貯金を目指す」という感じですね。

この計算だと、あと7.55年で2000万円達成することになります。

ちょうど41歳になる直前です。

プラン①より2年ほど後倒しになりますが、プラン①と比べて毎年60万円分遊ぶことができます。

60万円あれば、毎年十分に旅行したりモノを買ったりできます。

人生を楽しみつつ、ゆっくりと2000万円を貯めるというわけです。

現状、わたしはプラン②が自分に向いてるかなーと思っております。

(もちろん、プラン②も純粋に貯金だけしてるわけでなく常に資産運用をしていく。よって、41歳よりも早く2000万円を達成すると思われる。)

投資先はインデックス投信の予定

素人なりに安定してリターンが得られる投資先を検討した結果、インデックス投信がいいという結論になりました。

インデックス投信とは、ファンドの基準価額がある指標(インデックス)と同じ値動きを目指す運用をする投資信託のことを言います。

日経平均(日経225)、TOPIX(東証株価指数)などと連動するため、個別株の研究をする必要がなく、調べたり勉強する手間が省ける投資なんです。

また、勝率や安定性も高いといわれているため、長期的に投資したい人に向いているとも言われています。

(人生が不安定なので、投資先くらいは安定させたい。笑)

というわけでこれからはインデックス投信の研究をしていきます。

※2018年に私が実践してきたウェルスナビもインデックス投信に近いです。現在は全て売却し、6万円の利益を確定させました。

収入を増やすのが実は一番効果的

ここまで節約や投資先など、資産を増やす話をしてきました。

でも個人的に努力できる範囲内では、収入を増やすのが一番効果的と言えます。

月収が50万円とか100万円になれば、こまごまとした節約をする必要なんてありませんからね。

日々勉強して自分の能力を高めつつ、目の前の仕事に集中していきます。

というわけで今回は以上です。

参考記事:台湾の生活費を都市別に解説!家賃・食費の1ヶ月平均はいくら?

参考記事:海外移住資金100万円を高速で貯金し、移住後も節約して生きる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー