スポンサーリンク

Booking.comで二重払い(二重請求)になった時の対処法と対策

Booking.comで二重払い(二重請求)になった時の対処法と対策

Booking.comで二重払い(二重請求)になった時の対処法と対策

先日Booking.comでホテルを予約したところ、宿泊費が二重請求されてました。

事件の流れは以下のとおり。

  1. いつもどおりBooking.comでホテルを予約
  2. チェックイン時にホテルで現金で宿泊費を支払う
  3. 旅行先から帰宅する
  4. 後日カードの利用明細を確認すると、宿泊費が引かれていた

つまり、2で現金払いをし、4でカードも引かれてしまったのです。

二重払いが発覚した時は一瞬ヒヤッとしましたね。

でも今のところなんとか解決へと向かっています。

実は、ネットで検索するとBooking.comで二重請求された話がたくさん出てくるんですよね。

個人的にBooking.comは好きなサービスなので、二重請求された人が多いのは非常に残念です。

今回は他にも同じような人がいると思い、わたしの体験をわかりやすくまとめました。

どうぞ参考にしてください。

※入会費・年会費が永久に無料のBooking.comカードを持っていると、「一部ホテルが10%引き」「一部、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなど」「キャッシュバックで最大6%還元」「レンタカー代8%引き」「最大2,500万円の旅行傷害保険付帯」などの特典が受けられます。

※入会費・年会費が永久に無料のエポスカードを持って海外旅行するだけで、最大270万円の海外旅行傷害保険がつきます。

スポンサーリンク

Booking.comで二重請求が起こる理由

Booking.comに掲載されているホテルは大部分が現地払い

Booking.comに掲載されているホテルは大部分が現地払い

Booking.comに登録されているホテルは、ほとんどが現地払い制をとっています。

現地払いのホテルは、現地で現金払いかカード払いをすることができます。

(予約日から宿泊日までの時間が短い場合、予約と同時に決済となることがあります。)

また、Booking.comで予約をする際、カード情報を入力する必要があります。

現地払いの場合もカード情報の入力は必須です。

そして稀に「現地払い」となっているのに、なぜかカードでお金が引かれることがあります。

この時、カード引き落としに気づかずに現地で現金払いすると二重払いになります。

これがBooking.comで二重払いが起こるからくりです。

「現地でもカード払いをすればいいのでは?」という疑問が浮かびますが、なかには現金払いを要求するホテルがあるんです。

その場合は二重払いとなる危険性があるので、領収書に現金払いをした旨を明記してもらうなど対策をとる必要があります。

スポンサーリンク

Booking.comでの二重払いが発覚した後、わたしがとった行動

二重払いを解決するため、まずはメールでBooking.comに問い合わせすることに。

各種お問い合わせ

各種お問い合わせ

公式サイトの一番下にある「各種お問い合わせ」から進んでいきます↑↑↑

問い合わせ内容をメールする

問い合わせ内容をメールする

連絡先のホテルを選択し、お問い合わせ内容を書き、「送信」をクリックします↑↑↑

「返信まで少々お待ちください」のメール

「返信まで少々お待ちください」のメール

「返信まで少々お待ちください」のメールが自動返信されます↑↑↑

このまま相手の返事を待ってもいいのですが、私は今できることは全てやりたい性格です。

不安だったので、本文中の「こちらのフォーム」からも問い合わせしました。

請求額に誤りがあった旨を報告するフォーム

請求額に誤りがあった旨を報告するフォーム

上のようなフォーマットが表示されました↑↑↑

日本語にも切り替えることはできると思いますが、私はそのまま入力することに。

  1. 「This is a double charge for this reservation.」にチェック。
  2. 「Transaction date」に引き落とし日を入力。
  3. 「Amount charged」に引き落とされた金額を入力。
  4. 「Currency」で通貨の種類を選択。
  5. 「XXXX-XXXX-XXXX-」にカードの最後の4桁を入力。

以上の情報を入力して「Next」をクリックします。

引き落とし情報アップロード画面

引き落とし情報アップロード画面

次に、書類アップロード画面が表示されます↑↑↑

「ファイルを選択」をクリックし、引き落とし情報がわかる画像をアップロードします。

通常はカード引き落とし明細のスクショをアップロードするのだと思います。

とりあえず現状できることはここまでです。

後日Booking.comとホテルから返信がありました

ホテルからの返信

ホテルからの返信

2営業日経って、ホテル側から返信がありました。

台湾のホテルに泊まったのですが、日本語ができるスタッフが対応してくれたようです。

すでに返金手続きをしてくれて、1週間〜1ヶ月くらいでお金が振り込まれてくるとのこと。

これって、もしこのメールを送ってなかったら二重払いのままだったってことですよね?

きっとホテル側のミスだと思うんですけど、こういう事件が起きてしまうと、今後Booking.comを利用するのが不安になってきますよね。

Booking.comからの返信

Booking.comからの返信

今回の事態を重く受け止めたのでしょう。

同じく2営業日くらいして、Booking.comのカスタマーサービスからも返信が来ました。

わたしは不安だったので、日本語と中国語で問い合わせをしていました。

つまり、日本語で返信するだけでなく、中国語でも返信をくれたということなのでしょう。

なお、日本語のみで問い合わせしても、ちゃんと日本語で返信が来ると思います。

Booking.comは国際企業なので、言語についてはそこまで心配しなくてもいいでしょう。

非良心的なホテルだと快く対応してくれないことも

ネット上には私のケースよりも更にひどいケースがたくさん!

ネット上には私のケースよりも更にひどいケースがたくさん!

おそらく今回のケースはホテル側の手違いにより起きた事件でした。

手違い①:「現地払い」のはずなのに、ホテル側の手違いでカード引き落としされた。

手違い②:ホテル現地で現金払いをしてしまった。

今回わたしが泊まったホテルは、わたしを騙すつもりはなかったと思います。

お問い合わせをしたら快く返金対応してくれましたからね。

でも世の中には騙すつもりのホテルもたくさんあるようです。(途上国に多いと聞く)

ネットで検索してみると騙された人の話がわんさか出てきます。

お問い合わせをしても「現地で現金払いをした証拠がないから返金できない」と言われることもあるんだとか・・・。

そう言われてしまうと泣き寝入りするしかなく、ネット上には泣き寝入りした人の情報があります。

この問題を回避するには、現地で支払いをする際に、領収書に支払い方法もしっかりと明記してもらうしかなさそうです。

また、旅行前に自分でカード明細を確認し、引き落としがされているかどうかを把握しておくのもいいでしょうね。

もしカード引き落としされていれば現地で明細を相手に見せるだけですから。

いずれにしても、Booking.comはその仕組み上、二重払いが起きてしまう構造になっています。

使い勝手がいいサイトなだけに二重払いが起こるのは非常に残念なことですよね。

Booking.comのGenius会員は特典が多い

Booking.comには「Genius会員」という制度があります。

Genius会員になると以下のようなメリットがあります。

  • 一部ホテルが10%引き
  • 一部、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなど
  • 専用カスタマーサービス

ちなみに、Booking.comで5回以上予約するとGenius会員になることができます。

5回というとそんなに多くない数字なので、わりとすぐに会員になることができますよ。

(わたしも知らないうちに、勝手にGenius会員にアップグレードされてました)

また、Booking.comカードを作っても(年会費無料)、すぐにGenius会員になることができます。

しかも、Genius会員になれるだけでなく、以下の特典も更についてきます。

  • キャッシュバックで最大6%還元
  • 「Rentalcars.com」でのレンタカー予約が8%OFF
  • 最大2,500万円の旅行傷害保険も付帯

入会費と年会費が永遠に完全無料で、これだけの特典があるのは嬉しいですよね。

よく旅をする人なら、Booking.comカードを1枚持っておいても損はなさそうですね。

【Booking.comで二重払いを回避するために】
・現地で支払う前にカード明細を確認して、証拠画面をひかえておく。
・領収書に「現金で支払い」「カードで支払い」などの支払い方法を明記してもらう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー