★☆オンライン台湾中国語/25分480円から☆★
Profile(自我介紹)Contact(聯絡我)

台湾独立を解説。なぜ独立派、統一派、現状維持派がいるのか?

台湾独立のまとめ・徹底解説。台湾独立のメリットとデメリット

台湾独立のまとめ・徹底解説。台湾独立のメリットとデメリット

どうも〜、ゴダ(@oogoda1)です。

今回は台湾独立問題についてです。

特定の思想や立場にかたよらず個人的な意見はなるべく排除して書きました。

また、台湾の現状を皆さんに知ってもらうためできるだけ簡単に解説しました。

台湾に詳しい人からしたら物足りない内容かもしれません。

というわけで本記事は知識がない人向けです。

こんな人に読んでほしい
・台湾の独立問題がイマイチ分からない人
・台湾の国際社会での立ち位置が分からない人

 

スポンサーリンク

はじめに:「台湾と中国は1つの中国かどうか?」台湾内で分かれる意見

日本人からすると「台湾人は独立したがってるけど中国の反対があって独立できない」ように見えます。

確かにそれも間違いではないのですが、実は台湾にはそもそも独立を希望していない人たちもいるんです。

実際、台湾には「台湾と中国は1つの国である」という考えがあります。

この人たちにとっては台湾は中国の一部なので、諸外国に国として認めてもらう必要はありません。

彼らにとっては、現在の状態はあくまで中国の国内問題というわけです。

一方「台湾と中国は全然違う国である」という考えもあります。

この人たちにとっては台湾は独立国なので、諸外国に国として認めてもらう必要があります。

彼らはさっさとアメリカや日本と交渉して国際的地位を築きたいと考えています。

このとおり現在の台湾は内部の意見がまとまっていない状態なのです。

 

スポンサーリンク

台湾の現状。台湾は実はすでに独立国の状態にある。

中国・台湾・香港の場所

中国・台湾・香港の場所

現状、台湾には独自の通貨・政府・司法・文化があり、完全に独立国の状態にあります。

しかし、台湾は内部の意見がまとまっていない以外に、諸外国からも国として認められていません。(国連にも加盟していません)

よって台湾は「どこの国からも支配されていないけど、内部の意見がまとまっておらず、国際社会からも認められていない」という状態にあります。

 

スポンサーリンク

国際社会が台湾を国として承認しない理由

台北

台北

上に書いた通り、台湾はどこからの支配も受けていません。

だから「台湾は中国から独立できてない」というのは間違いなんです。

むしろ、台湾は状態としては既に独立しています。

台湾内での意見がまとまっておらず、諸外国も国として承認していないだけなんです。

では、なぜ諸外国は台湾を国として承認しないのか?

その答えは簡単。

それは、中国がそれを許さないから。

中国はとても大きな国なので、多くの国が中国との関係を良好に保ちたいと考えています。

中国の意向に反して「台湾は国である」と認めると、中国の怒りを買ってしまいますよね。

だから諸外国(日本含む)は台湾を一つの国として認めることができないんです。

※日本は1972年の日中国交正常化で台湾と断交しています。つまり日本は「台湾は中国の一部です」と認めたのです。

※パラオなど一部の国は台湾を国として認めています。(そのかわり中国を国として認めていない)

 

中国との統一を支持する台湾人はどんな人たち?

日本人からすると台湾人は本音では独立したがってると思ってしまいます。

実際は中国との統一支持派は一定数います。

調査機関の思想により結果は様々ですが、統一支持派は5%以上はいると思われます。

支持派の人たちは今でも中国大陸に親戚がいたりして、中国人としてのアイデンティティを強くもっています。

また、戦後に中国から台湾へ渡ってきた「外省人」と呼ばれる人たち以外にも統一派がいるようで、その数は少なくありません。

実際、陸委會が國立政治大學選舉研究中心に委託した調査によると、

中国人は台湾人に友好的でない:41%

中国人は台湾人に友好的:47.8%

となっており「中国人は台湾人に友好的だ」と感じる台湾人が多いことが分かりました。

このとおり台湾人の中国人に対する印象は必ずしも悪いものではありません。

少しずつではあるけど中国人をプラス印象で見る台湾人が増えているのです。

 

なぜ現状維持を希望する台湾人がいるのか?

中には独立も統一を希望しない「現状維持」を希望する台湾人もいます。

この人たちは以下の理由で現状維持を希望していると言われています。

・独立すると、中国との対立が激化してしまう。経済制裁はもちろん、武力行使もありえる。だから台湾独立には反対。

・統一すると、民主的で自由な台湾がなくなってしまう。選挙もなければ、人権もない。だから中国との統一には反対。

・現状維持が一番いい。中国とは対立せずに中国ビジネスで経済的恩恵を受けつつ、民主的で自由な台湾を維持できる。

ただ、台湾のコラム【專文】維持現狀 vs 務實台獨は、いつまでもダラダラ現状維持しているわけにもいかないと述べています。

いつか決断の時が来るため、今からしっかり議論して、問題を後回しにするべきではないとしています。

(ただ、コラム内では具体的な解決策や結論は提示できていない。安易に「じゃあ独立で!」と決断できるような問題でもない。)

 

台湾政府の動き → 現在のトップは独立寄り

現在の台湾総統(大統領)は独立寄りの蔡英文さんです。

上のツイートを見ても分かるように台湾と中国は明確に違う国であると述べています。

でも、過去には中国寄りの人物が総統になったこともあるんですよ。

中国寄りの人物が総統になると、中国との関係が良好になり景気が良くなります。

ここ最近の台湾は景気が良くないので、中国と仲良くするメリットは大きいんです。

というわけで、

景気が悪い

中国人相手に商売しやすい政治をしてくれる政治家を選ぼう

中国と仲良くしすぎると、中国依存が強くなっちゃう

経済的にも政治的にも、中国に取り込まれちゃう

台湾が中国になるのは嫌だから、独立派の政治家を選ぼう

あれ、なんか中国から経済制裁されてる、中国人客が来ない

なんだか最近景気が悪いなぁ

(最初に戻る)

このような循環で政権交代が行われてます。

(実際はこんな単純な話ではないですが庶民感覚ではこのように政権が交代しています。)

 

台湾独立まとめ:単純に「好き嫌い」の話ではない台湾の未来

台湾には台湾を中国の一部とする層が一定数おり内部の意見がまとまっていません。

また、日本人が中国市場を重視しているのと同様、台湾人も中国市場を重視しています。

中国13億人という巨大なマーケットは魅力的であり「嫌いだから」という理由で中国を避けることができないのです。

台湾人だっていい家もいい車も欲しいし、子どもの養育費も必要だし、海外旅行だってしたい。

人間には欲望があり、理想では解決できない問題がたくさんあります。

だから台湾が中国寄りの政治家を当選させても「台湾人はやっぱり中国側なんだな」と言い切ることはできないんです。

日本人はそのあたりの事情を理解しつつ、台湾と中国の関係をみる必要があるんです。

※台湾人は中国人と言語の壁がない。また、台湾人はビザなしで中国で仕事ができるため、制度面の壁もない。台湾と中国は密接になりやすい。

▼関連記事

中国・台湾・香港の違いをサルでも分かるように解説
中国・台湾・香港の違いを誰でも分かるようにまとめました。知識ゼロでも頭を使わずにサラッと読めるように書いたつもりです。質問などがあればお気軽にどうぞ。
マカオ(澳門)と香港の違いをサルでも分かるように解説!
マカオ(澳門)・香港の違いを誰でも分かるようにまとめました。知識ゼロでも頭を使わずにサラッと読めるように書いたつもりです。質問などがあればお気軽にどうぞ。
台湾国旗はどっち?どれ?中華民国旗、オリンピック旗、独立旗絵文字
どうも〜、台湾在住のゴダ(@oogoda1)です。 今回は台湾の国旗について解説します。 具体的には...

コメント

タイトルとURLをコピーしました