一流講師のみが在籍するオンライン中国語のTTレッスン
Profile(自我介紹)Contact(聯絡我)

小中学校時代の卒業文集を公開。あの頃から私はアホだった・・・。

小学校の卒業文集

小学校の卒業文集

どうも〜、ゴダ(@oogoda1)です。

現在愛知の実家に帰ってきているのですが、

部屋の整理をしていたら小中学校の卒業文集を発見しました。

というわけで今回はわたしの卒業文集を公開します。

有益な情報ではないので興味がない人はスルーしてください。

 

スポンサーリンク

小学校時代の卒業文集

自己紹介欄 小6

自己紹介欄 小6

まず自己紹介欄を読んで思ったことが、

「小6のときのオレ、めちゃイキってる」

ということ。笑

まず、顔の周りがキラキラ輝いてて画像補正がすごい。

電話欄の「ファンが殺到するかも」というコメントも相当イキってますね。

電話は一切ならなかったので、その心配はありませんでした。

今もネット上にメアドやツイッターをさらしてるけど殺到していません。笑

 

小6のときの夢

小6のときの夢

今のわたしからは想像できないでしょうが、むかしは学校の先生になりたかったんですよ。

父が教員をやっているので当時はその影響が強かったんですよね。

でも現在は台湾に住んで自営業をしています。

オンライン中国語学校をやっているので、教育関係の仕事をしているのは間違い無いのですが。

台台レッスンの評判・口コミ・感想は?オススメの理由を解説します。
このたびオンライン台湾華語教室の『台台レッスン』を設立しましたので、告知させていただきます。スクールの特徴は、1レッスン25分480円〜という業界最安値水準、訓練された台湾人講師のみ在籍、講師全員が日本が堪能、簡単レッスン管理機能などです。台湾華語に興味がある方はぜひお試しください!!!

 

スポンサーリンク

小学校時代の修学旅行記

次にめっちゃ笑ったのが「修学旅行記」。

とにかくツッコミどころ満載でした!笑

 

小学校の修学旅行記1

小学校の修学旅行記1

まず、冒頭の「ぼくは、(大胡田)」という部分からして変です。

自分の名前を書く必要が全くありません。笑

そしてさらに面白いのが次の赤線箇所。

「バスにのるときにもつをバスの下にのせた。ぼくは、このバスすげェなと思った。」

当時の私はこんなことで感動していたのか・・・。

人生の経験値が低すぎる。

 

小学校の修学旅行記2

小学校の修学旅行記2

夕食後の出し物で「古畑任三郎」をやった同級生がいました。

あのときテレビで流行ってたもんな〜古畑任三郎。

懐かしいですね!

 

小学校の修学旅行記3

小学校の修学旅行記3

「見フィーバー」

このページでは同級生の「柳見沢くん」の名前を使って横読みを作ってました。

この自由な発想はどこから来たんでしょう?

担任の先生、わたしを世話するの大変だっただろうな・・・。

 

小学校の修学旅行記4

小学校の修学旅行記4

この旅行記は原稿用紙20枚くらいの長文ですが、出来事が書かれてるだけで、感想がほとんどありません。

感想らしい感想は最後のページの「とにかく楽しくいい思い出になった」くらい。

先生からも「ただ楽しかっただけでなく自分達のやる気の結束をこれからも大切に!」と突っ込まれる始末。

ブロガーとして情けない限りです。せめて今はいい文章を書けるよう頑張りたいですね。

 

スポンサーリンク

中学校時代の卒業文集

中学の卒業文集にもツッコミどころがいくつかありました。

 

中学校の卒業文集1

中学校の卒業文集1

いろいろと変なことが書いてありますが、最も注目したいのが最後の箇所。

「僕は将来、世界中を旅していろんな体験をしたいと思っています。」

おおお、ちゃんと夢が叶っている!!!

台湾留学やデンマーク留学をし、ヨーロッパ一周旅行を経て、今は海外で自営している。。。

見事に夢が叶っててちょっとビビりました。

やっぱり昔から海外に興味があったようです。

実際、得意科目は英語や地理や世界史で、海外に関係があるものでした。

 

中学校入学時の自己紹介

卒業文集ではないですが中学入学時の自己紹介文も発見しました。

なかなか面白かったのでついでに公開しちゃおうと思います。

 

中学校入学時の自己紹介

中学校入学時の自己紹介

まず、好きなタレントの欄に「中村玉お」とあります。

一度も好きになった記憶がないのでネタで書いたんでしょうが、ネタって分かりにくいですよね・・・

そして更に注目したいのが愛読書欄の「まんゆうき」「地獄甲子園」「ちんゆうき」。

分かる人は分かるでしょうが当時はロクでもない漫画ばかり読んでたんです。

それから尊敬する人欄に「シド」とありますが、これは当時飼っていた私の愛犬の名前です。

そもそも「人」ではないので、答えとしてどうなんでしょうね。

そしてきわめつけは特技欄の「悪霊ばらい」。これも一度も特技にした覚えがありません。

こんな感じで私は当時からかなりふざけた少年でした。

終わり

コメント

タイトルとURLをコピーしました