ゴダのプロフィールはこちら(自我介紹)

仕事ができないから毎日が辛い人へ。心が楽になる3つの考え方。

Escape

Escape

 

※今回はわたしみたいな若造が人生について偉そうに語ることをお許しください。

 

今の世の中、仕事ができなくて辛いという人はたくさんいる。

 

かくいう私も、日本で働いていた頃は仕事ができず上司に怒られ、

 

また、同僚やクライアントに迷惑をかけて辛い思いをしてきた。

 

これだけ仕事ができないと、

 

「自分は他人に比べて劣った存在なのかもしれない」

 

と思ってしまうけど、

 

個人的には全然そんなことないと思っている。

 

結論としては、仕事ができるかどうかは仕事との相性によるところが大きい。

 

仕事の内容があっていないのか、一緒に働く人があっていないのか、

 

その仕事の先にある自分の姿と自分の理想があっていないのか、

 

理由は様々だと思うけど、とにかく仕事との相性が悪いのだろう。

 

というわけでここでは、仕事との相性について個人的に思うことをまとめた。

 

「自分は他人に比べて劣っているからダメだ」と悲観的にならないで、

 

「もしかしたら仕事が自分に合ってないだけかも」と考えるようにしてほしい。

 

そうすることで鬱病をはじめとしたリスクから身を守ることもできるはずだ。

 

スポンサーリンク

仕事の内容があっていない

そもそも仕事の内容が自分にあっていないという可能性はないだろうか。

 

人には、どんなに頑張っても変えられない性格というものが存在する。

 

だから「自分はダメだ」と結論を出す前に、まずは仕事の内容が自分に合っていないことを疑いたい。

 

スポンサーリンク

一緒に働く人があっていない

経験的に、一緒に働く人はとても重要だ。

 

合わない人と一緒に働いていると、仕事がとてもつまらなく感じてしまう。

 

だから「自分は人と上手にやっていくことができない。だめ人間だ。」とふさぎ込む前に、まずは環境を疑いたいところだ。

 

スポンサーリンク

その仕事の先にある自分と理想があっていない

これは、その仕事を通して理想の自分になれるかどうかということだ。

 

そして当然ながら、隣で働く上司を見て「この会社で出世したらこんな風になるんだな。嫌だな。」と思いながら働くのは相当辛い。

 

未来は不確定だし、未来を美化しすぎるのも良くないと思う。

 

だけど、ちょっとでも自分の理想に近づいてる感じがほしいのも確かだ。

 

最後に

今やっている仕事が自分に合っていないことがわかったら、最終的にはやはり転職するしかない。

 

だが、このご時世、転職すると年収が下がってしまう可能性もある。

 

だけど毎日辛い思いをしながら嫌な仕事をやるより、給料が下がっても自分が楽になれた方がいいと考える人は、ぜひ転職も視野に入れた方がいいだろう。

 

だって万が一鬱になっちゃったら社会復帰するのに時間がかかるし、その方がダメージが大きいですから。

 

自分の身の安全を第一に考え、健康的に生きていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました