スポンサーリンク

オイスターカードの払い戻し(返金)の方法を徹底解説!

オイスターカードの払い戻し(返金)の方法を徹底解説!

オイスターカードの払い戻し(返金)の方法を徹底解説!

どうも〜、ゴダです。

ここでは「オイスターカード」の払い戻し方法を解説します。

画像を使いながら簡潔に要点をまとめました。

この記事が皆さんの参考になることを願っておりますっ!

スポンサーリンク

オイスターカードの払い戻し(返金)ができる条件

返金の条件①:「在住者用オイスターカード」であること

オイスターカードには以下の2種類があります。

ビジター用オイスターカード(デポジット金:3ポンド)

在住者用オイスターカード(デポジット金:5ポンド)

カード購入時のデポジット金が違うことに注意してください。

ビジター用オイスターカードは、デポジット金が安い代わりに返金ができません。

在住者用オイスターカードは、デポジット金は高いけど返金できます。

というわけで在住者用オイスターカードのみ払い戻し手続きが可能です。

返金の条件②:オイスターカード内の残金が10ポンド以下であること

オイスターカード内の残金が10ポンド以下でないと払い戻しができません。

なお、この10ポンドにはデポジット金5ポンドを含みません。

スポンサーリンク

オイスターカードの払い戻し(返金)ができる場所

オイスターカードの返金ができる場所

オイスターカードの返金ができる場所

地下鉄(Underground)の券売機で払い戻しができます。

ただ券売機にも2種類あって、中には払い戻しに対応していない機体があります。

券売機に「refund」の文字があれば、それが払い戻し可能な機体です。

「refund」と表示があるかどうかを見定めて列にならぶようにしましょう。

オイスターカードの払い戻し(返金)の方法

払い戻しの手順①:日本語を選択する

払い戻しの手順①:日本語を選択する

払い戻しの手順①:日本語を選択する

ありがたいことに、ロンドン地下鉄の券売機は日本語に対応しています。

というわけで、まずは画面下の国旗を押してみましょう。

払い戻しの手順①:日本語を選択する

払い戻しの手順①:日本語を選択する

すると上のような画面にうつるので「日本語」を選択します。

もちろん英語ができる方なら、英語のままでも結構です。

ここでは日本語を選択した状態での画面を説明していきます。

払い戻しの手順②:返金したいオイスターカードを券売機にかざす

払い戻しの手順②:返金したいオイスターカードを券売機にかざす

払い戻しの手順②:返金したいオイスターカードを券売機にかざす

上の写真のとおりに、返金したいオイスターカードを機械右下の黄色い場所にかざしましょう。

カードをかざすと、カード内の残金が表示される

カードをかざすと、カード内の残金が表示される

すると機械がカードを読み取り、カード内残金を表示してくれます。

なお、上で述べたとおり、残金が10ポンド以下であれば払い戻し可能です。

払い戻しの手順③:「プリペイド払い戻し」を押す

「プリペイド払い戻し」を押す。

「プリペイド払い戻し」を押す。

画面右側にある紫色の「プリペイド払い戻し」を押します。

「確認する」を押す。

「確認する」を押す。

すると上のような画面にうつるので、画面右側の「確認する」を押します。

ここでもう一度カードをかざす。

ここでもう一度カードをかざす。

このタイミングでもう一度カードを黄色い場所にかざします。

払い戻し手続き完了です。

払い戻し手続き完了です。

これで払い戻し手続きは完了です。

お疲れ様でした。

払い戻し手続完了後のオイスターカードはどうすればいい?

払い戻し手続きが完了してもオイスターカードは回収されません。

もう2度と使うことはできませんが、記念に持って帰ることができるんです。

というわけで私はオイスターカードをロンドン土産にしました。笑

実用的な用途はありませんが思い出にはなります。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー