スポンサーリンク

ドイツ・フランクフルト発!ライン川下りで古城めぐりとビールを堪能

地ビールをいただく

地ビールをいただく

どうも〜、ゴダです。

先日ドイツ旅行をしまして、その際にライン川クルーズに参加しました。

ライン川クルーズの目的は、なんといっても古城めぐりです。

ワインやビールを飲みながら優雅に中世の古城を眺めることができちゃいます。

とはいっても、古城があるエリアは都市部から離れていて正直いうと田舎です。

だから自分で行くのはちょっと面倒くさいんですよね。

というわけで今回はフランクフルトからveltraの現地ツアーに参加してきました。

今回はその方法とクルーズの様子を簡単にご説明していきたいと思います。

★ドイツのオプショナルツアー予約VELTRA★

スポンサーリンク

フランクフルト近郊のライン川クルーズは現地ツアーがオススメ

フランクフルト近郊・ライン川クルーズができるエリア

フランクフルト近郊・ライン川クルーズができるエリア

フランクフルト近郊でライン川クルーズができる場所は、上の赤い丸のエリアです。

ここまでは自分で鉄道で行くこともできるし、自分で船のチケットを買うこともできます。

でもやっぱりそれは大変ですよね。ドイツ語か英語でチケットを予約することにもなりますし。

というわけで私はveltraというサイト経由で現地ツアーを予約しました。

ツアーは、フランクフルト中央駅からバスで赤いエリアまで行けて、チケットも手配してあり、夕食も込みで1人1万円くらいでした。

結論、かなり楽にまわれた上に、食事も添乗員さんもついていたので満足でしたよ。

ちなみにveltaのライン川クルーズは出発着のポイントを自分で選択することができます。

わたしはフランクフルトに宿をとっていたので「フランクフルト発着」を選択することに。

もちろん「フランクフルト発ケルン着」や「ケルン発ケルン着」のようなプランもあります。

いろいろ選べて便利なんです。

<以下から選べます>

★ドイツのオプショナルツアー予約VELTRA★

スポンサーリンク

ツアーに参加せずにライン川くだりする場合(個人旅行)

ライン川のクルーザーを運航しているのは「KDライン」という会社です。

以下のサイトからチケットを予約できますが、当然サイトはドイツ語と英語です。

KDラインの英語サイト

また、以下がKDラインのクルーザーの停泊ポイントとなります。

KDラインのクルーザーの停泊ポイント

どの停泊ポイントから乗るかを決め、そこまで自力で行く必要があるというわけですね。

停泊ポイント沿いに宿をとってない限り、現地ツアーの方が絶対に楽ですよ。

フランクフルト発・ライン川クルーズ古城めぐりの様子

それでは実際に古城めぐりした様子を写真付きで紹介します。

午後15時:フランクフルト中央駅近くの旅行会社に集合

時差ボケが心配だったので、午後15時からのツアーに参加しました。

veltraはいろんな時間帯に対応してくれています。

フランクフルト中央駅近くの旅行会社

フランクフルト中央駅近くの旅行会社

veltraが提携している現地の旅行会社に集合です。

看板には「観光ツアー」の文字が

看板には「観光ツアー」の文字が

日本人の利用者が多いのか、看板にも「観光ツアー」の文字がありました。

しかもフランクフルト中央駅から徒歩3分ほどでした。

超便利!

黒い大型バンでライン川を目指します

黒い大型バンでライン川を目指します

旅行会社で受付を済ませたら、大型バンに乗り込みます。

この日のツアー参加者はアメリカ人、日本人、イタリア人、中国人など、いろんな国籍の人が乗っていました。

16時半:停泊ポイントの村を散策

ライン川沿いの停泊ポイント

ライン川沿いの停泊ポイント

フランクフルト中央駅から車を走らせること1時間半ほど。

わたしたちはライン川沿いのとある停泊ポイントに着きました。

クルーザーが到着するまでまだ少し時間があるとのことなので、停泊ポイントのある村を軽く散策します。

停泊ポイントの村の古城

停泊ポイントの村の古城

名前は分かりませんが、この村にも古城がありました。

停泊ポイントの村

停泊ポイントの村

この村は歩いて10分くらいで見て回れる規模でした。

小さな村ですが、宿、レストラン、売店などがありました。

可愛いヨーロッパの村をしばし観光します。

16時50分:乗船&古城めぐりクルーズ開始

乗船します

乗船します

20分ほどで村にクルーザーが到着。

クルーザーは思ったよりも大きくて清潔で、かなり快適でした。

中にはレストラン、売店、トイレがあり、空調もしっかり効いていました。

(8月でも18度くらいしかなかったので、寒い人は船の中から景色を楽しめます。)

地ビールをいただく

地ビールをいただく

乗船して少し経つと、ウエイターさんがメニューを持って回ってきます。

何もいらない場合はnoと言えばオッケーですが、私はせっかくなので地ビールをいただくことに。

よく知らないビールですが、味はコクがしっかりあって美味しかったです。

ちなみに値段は1瓶3ユーロでした。

美味しいビールと美しいライン川の景色

美味しいビールと美しいライン川の景色

美味しいビールを飲みながら、しばしライン川の景色を楽しみます。

たった3ユーロでしたが、注文して本当に良かったです。

可愛いヨーロッパの街並みがたくさん見える

可愛いヨーロッパの街並みがたくさん見える

途中でいくつも町や村を通過します。

人々の生活や立派な建築を見ることができます。

立派な教会

立派な教会

それぞれの村(集落?)には必ず教会があります。

古城

古城

5分ごとくらいに古城が見えてきます。

古城ズーム

古城ズーム

その昔、ライン川を通過する船に税を要求するため、その関所的な役割として城をたくさん建てたようです。

昔は関税をとりたて、今は観光客からの収入源となっている古城たち。

古城の経済効果は本当に凄まじいですね!

かっこいい古城

かっこいい古城

先程の古城に比べると、わりと大規模な古城が見えてきました。

ちなみに、現在これらの古城はほとんどがホテルになっているようです。

ドイツ人ってどこまで効率的に経済利用するんだ・・・。

今度ドイツに行ったら古城に泊まってみたいな〜って思いました。

さらにかっこいい古城

さらにかっこいい古城

かっこいい古城が続きます。

子どもの頃にやったドラゴンクエストのお城に似ています。

いやその逆で、ドラゴンクエストがヨーロッパのお城を真似したのかな。笑

可愛い街並み

可愛い街並み

私は古城も大好きでしたが、どちらかというと両岸に見える可愛い街並みの方が好きです。

いやー、本当に素敵な街並み。

ちなみに、有名なローレライの岩ですが、写真に撮るのを忘れてしまいました・・・笑

ローレライの岩近辺は川の流れが早く、その昔、船の事故が絶えなかったそうです。

そのため、美少女が船頭を魅惑するという伝説があります。

関連があるかは分かりませんが、この辺りは人魚伝説もありけっこうカオスな状況です。笑

フランクフルトからライン川クルーズをする場合は必ず通るので、皆さんは写真を忘れないようにしましょう。笑

18時:停泊ポイントで船を下り、夕食をとる

わたしたちはこの停泊ポイントで船を下りた

わたしたちはこの停泊ポイントで船を下りた

1時間強のクルーズを終え、わたしたちはこの停泊ポイントで船を下りました。

ここもまた可愛らしい村です。

船の中の様子

船の中の様子

ツアー客みんなで下ります。

私たちが乗っていたクルーザー

私たちが乗っていたクルーザー

ちなみに私たちが乗っていたクルーザーはこんな感じ。

私は最初から最後まで一番上にいました。

上にも書きましたが、夏でもけっこう寒いので上着はマストです!

(この日は18度以下でした)

450年の歴史があるホテル

450年の歴史があるホテル

実はこの村は、450年の歴史があるホテルがあるのです。

ホテル クローネ アスマンシャウゼンというホテルでして、外国人でも泊まることができます。

ドイツの片田舎の歴史あるホテルを体験したい人にはアリですね。

歴史あるホテルの隣のレストラン

歴史あるホテルの隣のレストラン

この日の夕食は、歴史あるホテルの隣のレストランで食べました。

不思議な内装

不思議な内装

内装はかなりゴチャゴチャしていて不思議な感じ。笑

ぶどう農園と船の中をイメージしたような作りになっています。

ドイツ料理の代表・シュニッツェル

ドイツ料理の代表・シュニッツェル

夕食はわりとシンプルで、シュニッツェルとポテトのみでした。

日本人から言わせるとちょっと寂しい感じがします。

でもこれは立派なドイツ料理でして、個人的にはけっこう満足でした。

この辺りはワインも有名

この辺りはワインも有名

ちなみに、このあたりはブドウとワインの生産でも有名です。

ドイツといえばビールのイメージですよね。

でもここでは、日本にも輸出している美味しいワインが楽しめるんですよ。

19時:ワインの試飲会

ワインの試飲会

ワインの試飲会

食事のあとは別の部屋に移動して、ワインの試飲会がありました。

まあ正直な話、旅行会社としてはワインを買ってほしいという狙いがあるのだと思います。

でもタダでいろんな種類のワインが飲めて、これも個人的には満足でした。

辛口のものから甘口のものまで、5種類くらいの地ワインが飲めてとっても楽しいです。

もちろん、値段もそこまで高くなかったので、気に入ったら購入するのもありでしょう。

21時:フランクフルト中央駅に到着

フランクフルト中央駅に到着

フランクフルト中央駅に到着

帰りは道が混んでいたので、21時ごろにフランクフルト中央駅に到着しました。

ずっとバンに乗っていて疲れましたが、歩いてはないので足は疲れていません。

これなら翌日からもしっかり歩くことができます。

ツアーは1人1万円だったので、自分で全てを手配するよりは確かに高いです。

でも内容的にかなり満足できたライン川クルーズでした。

フランクフルト発・ライン川クルーズのまとめ

最後にライン川クルーズのポイントをまとめたいと思います。

・自力でライン川クルーズに行こうと思ったらけっこう大変。

・veltraのようなツアーサイトから予約すると楽。

・ツアーはフランクフルト駅やケルン駅から出発できる。

・値段は夕食も込みで1人1万円程度。(時期により変動あり)

・船の上は夏でも寒いので、厚手の上着を持っていこう。

・ライン川沿いはワインも有名。美味しいワインをお土産に買える。

★ドイツのオプショナルツアー予約VELTRA★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー