香港の古住宅を改築したYHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)が最高

YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)の部屋 ※Booking.com より

YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)の部屋 ※Booking.com より

どうも〜、ゴダです。

今回は香港のYHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)をご紹介します。

一言で「ユースホステル」といっても実は一般のユースホステルとは異なります。

ここは以前紹介したPMQや大館と同じように元々はイギリス時代の建築でした。

ここは香港の旧公共住宅であり、そこを改築してユースホステルにしたわけなのです。

つまり「泊まれる歴史的建築」といったところでしょうか。

もちろんユースホステルなので価格が安く、立地・設備・清潔度なども最高でした。

(といってもホステルにしては高い方。1泊180ドル(約2541円)くらい。)

実際に宿泊してかなりアリだと思ったので、安く快適に過ごしたい人にオススメしたいです!

香港の物価についてまとめた記事。香港の宿泊費にも言及しています。

【香港の物価】香港の交通費、食費、宿泊費について

※予約はこちらから→YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)

スポンサーリンク

香港YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)とは?

香港・メイホーハウスユースホステル(美荷樓)とは?

香港・メイホーハウスユースホステル(美荷樓)とは?

美荷樓(メイホーハウス)は、この香港最古の公団住宅の一部でした。火災で家を失った何千人もの住民のために1954年に建設された29棟のコンクリート住宅の中で、現在、まだ立っているのは美荷樓のみ。今では珍しいH型の構造が特徴です(2棟が共有部分で連結されている)。

香港政府観光局より

冒頭から何度も書いてますが、実際の公共住宅に宿泊することができます。

もちろん内部は綺麗にリフォームされているので、中に入ると全てピカピカなんですけどね。

香港ユースホステル協会(YHA)は、このグレードIIの歴史的建造物を見事に再生させ、2013年10月にYHA美荷樓青年旅舍(メイホーハウスユースホステル)としてオープンしました。

香港政府観光局より

歴史を保存しつつ商業につなげるという合理的な活用ですよね。

ただ税金を投入して保存するよりもこっちの方がよっぽど賢いと思います。

また当時の様子を紹介した博物館部分は、宿泊者以外にも無料で開放されています。

近くに寄ったついでに博物館を参観してみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

香港YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)への行き方・アクセス方法

Block 41, Shek Kip Mei Estate, Sham Shui Po, Kowloon

メイホーハウスユースホステルの最寄駅はMTR深水埗駅です。(徒歩7〜8分)

深水埗はゴチャゴチャしていますが、道順自体はシンプルなので心配しないでください。

深水埗の様子

深水埗の様子

深水埗は有名な電気街であり、日本でいうと秋葉原のような場所です。

毎日お祭り騒ぎで見ているだけでも楽しいので、また別の記事に情報をまとめますね。

深水埗方面から歩いていくと、このような角度でメイホーが見える

深水埗方面から歩いていくと、このような角度でメイホーが見える

深水埗電気街を抜けるとメイホーが見えてきます。(写真中央)

あとはこの交差点を渡るだけ!

スポンサーリンク

香港YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)に宿泊した様子をレポート

メイホーハウスは1泊180ドル(約2541円)くらいでした。

香港で一番安いクラスのホステルが1泊1000円〜1500円くらい。

だからメイホーハウスはそれらに比べると2倍程度ということになります。

でもメイホーにも様々なグレードの部屋があります。

わたしは一番安い「10人部屋」をチョイスしました。

もちろん人数が少ない部屋や個室に泊まると高くなる傾向にあります。

気になる人は実際にメイホーのホームページを見て値段をチェックしてみてください。

では実際に私が宿泊した様子をレポートしていきます。

メイホーハウスの入口

メイホーハウスの入口

メイホーハウスの入口に着きました。

メイホーハウスの形状はH型になっている

メイホーハウスの形状はH型になっている

メイホーハウスは二棟が並んでおり、その中央部分がつながっているので、H型のような形をしています。

裏にはカフェテラスがある

裏にはカフェテラスがある

表側は大通りに面してますが、裏側は小高い山に面しています。

静かな環境の中でゆっくりコーヒーを飲むことができます。

お土産屋さん

お土産屋さん

中には香港っぽいグッズを売るお土産屋さんがありました。

宿泊者向けにアルコールやスナックなんかも提供しているようです。

香港っぽいグッズ

香港っぽいグッズ

カップや置物など。

安くはなかったですが、お土産が欲しい方はぜひ。

レストラン

レストラン

中には外部の人も利用できるレストランが併設されていました。

清潔でおしゃれ。スペースは広くないですが、音楽の音も小さくて落ち着ける雰囲気でした。

レストランはたくさんの個室に区切られている

レストランはたくさんの個室に区切られている

レストランはたくさんの個室に区切られています。

また、宿泊者は朝ここで朝食をとることになります。

中華粥セット

中華粥セット

洋食セット

洋食セット

宿泊客は無料で朝食をとることができます。

中華風、香港風、西洋風など、数種類から1つをチョイスする感じです。

私は1日目は中華風お粥、2日目は西洋風を選びました。

「ホステルの無料朝食」というと美味しくなさそうな気もしますが、私は美味しいと感じました。

清潔で設備もしっかりしてることから分かるように、一つ一つがしっかり運営されているイメージです。

廊下

廊下

廊下はものすごく清潔です。

このドアを開くとシャワー室やトイレがあります。

あいにく写真を撮り忘れましたが、シャワー室もトイレもピッカピカでしたよ!

無料ロッカー

無料ロッカー

わたしは1部屋に10ベッドくらいある大部屋に泊まりました。

ホステルにしては値段がやや高いので、マナーの悪いお客さんもおらず快適でした。

二段ベッド

二段ベッド

やや暗いですが、これが私の部屋です。

一番奥の二段目のベッドに寝ていました。

私が寝ていたベッド

私が寝ていたベッド

写真には撮れませんでしたが、枕元にはコンセントがたくさんありました。

また無料ワイファイも早く、ストレスなく使用することができました。

2階部分はくつろぎスペース

2階部分はくつろぎスペース

2階にはくつろげるスペースもあります。

香港は暑いので、くつろぐなら夜がいいかもしれませんね。笑

スタッフについて

実は私の友人がここで働いていました。

その関係でスタッフの人たちとちょっと会話しましたが、スタッフはみな本当に親切。

日本語は通じないですが、英語に堪能で、キビキビと対応をしていただけました。

裏の小高い丘にも登ってみたよ!

ちょっと余談になりますが、裏の小高い丘にも登ってみました。

裏の小高い丘

裏の小高い丘

角度が急でけっこう疲れますが、香港のビル群を見下ろすことができるのでオススメです。

急な坂もけっこうある

急な坂もけっこうある

でも柵がない場所もけっこうあるので、夜には絶対に行かない方がいいです。

ここから落ちるとほぼ確実に死んでしまうので、本当に気をつけてくださいね!

香港の夜景はビクトリアピークかビルの上から見るようにしましょう。笑

香港YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)の詳細

所在地:Block 41, Shek Kip Mei Estate, Sham Shui Po, Kowloon

最寄駅:MTR深水埗駅

価格帯:1泊2500円から(一番安いクラスです)

※予約はこちらから→YHAメイホーハウスユースホステル(美荷樓)

<香港には他にもリフォームした観光地がたくさん>

香港大館は必見。旧香港警察本部を改築したオシャレな歴史遺跡。

香港PMQ(元創方)は香港の必須スポット!最新アートがオシャレ!

香港関連記事の一覧

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー