スポンサーリンク

香港PMQ(元創方)は香港の必須スポット!最新アートがオシャレ!

香港のトレンディスポット・PMQに行ってきた!

香港のトレンディスポット・PMQに行ってきた!

どうも〜、ゴダです。

現在わたしは香港を旅行していまして、古い観光地から新しい観光地まで幅広くいろんな場所を見て回っています。

なかでも先日訪問した「PMQ」は2014年6月にオープンした施設であり、香港の観光地の中では比較的新しい場所でした。

PMQはなんと、昔は既婚警察官用の宿舎であり、現在は様々なアーティストが作品を作って販売しているアート空間になっているんですよね。

個人的にはPMQは香港の歴史と先進的な一面を知ることができる素晴らしいスポットだと思います。

また、販売されているアート作品もかっこいいものばかりなので、香港土産にも悪くないでしょう。

というわけで早速PMQのご紹介をしていくことにしましょう。

スポンサーリンク

香港PMQ(元創方)の沿革・歴史

まず初めにPMQの簡単な説明からです。

(沿革や歴史背景に興味がないという人は、読み飛ばしてください。)

香港PMQとは?

香港PMQとは?

PMQの歴史は1862年にさかのぼります。

もともと中央書院(クイーンズカレッジ)という香港発の公立西洋式学校でした。

中央書院はエリートを多く排出し、近代中国建国の父・孫中山もここで学んだそうな。

しかしこの中央書院も第二次世界大戦で一度破壊され、1952年には既婚警察官用の宿舎として生まれ変わります。

この既婚警察官用宿舎は2000年ごろまで実際に使用され、その後はリノベーションして現在のようなアートスペースとして生まれ変わりました。

はい、これがPMQのだいたいの沿革です。

なお、PMQは「Police Married Quarters」の略であり、日本語にすると既婚警察官用の宿舎となるんですよね。

「既婚警察官用の宿舎」の頭文字をとってオシャレにPMQとしただけというわけです。

スポンサーリンク

香港PMQ(元創方)への行き方(アクセス方法)

PMQの所在地:35 Aberdeen St, Central

(↑クリックするとグーグルマップに飛びます。)

PMQの最寄り駅はMTR上環駅です。

駅構内にはE2出口が最寄りとありますが、実際はどんな風にでもいけます。

ぜひスマホでグーグルマップを使いつつ、自分で歩いて行ってみましょう。

徒歩10分以内で行けるのでそんなに遠くはないです。

少し坂があるので体力に自信がない方は注意しましょう。

(わたしはE2出口から行ってみました↓↓)

駅構内にはE2出口が最寄りとある。

駅構内にはE2出口が最寄りとある。

こんなオフィス街の中を歩いていきます。

こんなオフィス街の中を歩いていきます。

この坂を登りきり、ハリウッドロードを超えるとすぐにあります。

この坂(鴨巴甸街)を登りきり、ハリウッドロードを超えるとすぐにあります。

PMQに着きました!

PMQに着きました!

途中の道をはしょってしまいましたが、実際そんなに複雑じゃありません。

鴨巴甸街に着けばあとは坂を登っていくだけなので安心してください。

香港PMQ(元創方)の内部レポート!

というわけで早速お楽しみの内部の様子レポートです。

結論から言って、かなりオシャレで、高品質で、クリエイティブで、見ていて本当に飽きませんでした。

入口です

入口です

入口はわりと質素な感じです。

旧宿舎らしく、芝生が植えてありました。

昔は警察の家族がここを歩いていたのでしょう。

階段かエレベーターで上に行けます。

階段かエレベーターで上に行けます。

階段とエレベーターで上に行けますが、暑いのでエレベーターを選びましょう。

PMQの中央スペース

PMQの中央スペース

入口周辺はわりと質素だったので「PMQ本当に盛り上がってるのかな?」と心配になってましたが、それはただの杞憂に終わりました。

中に入ってみるとかなりオシャレに改装されており、平日だというのに観光客でいっぱいだったからです!

「なんだこのオシャレ空間と盛り上がりは!!!」

日本の女子高生?

日本の女子高生?

日本のアーティストによる、日本の女子高生の絵が描かれていました。

これにどういう意味があるかは分かりませんが、反対側にはチャイナドレスを着た中華美女が同じようなポーズをしていたので、日中の何かを表しているのかもしれません。

(中途半端な分析ですみませんw)

日本風のカフェ

日本風のカフェ

一階には飲食店や服屋さんが立ち並んでいました。

ここは日本風のカフェです。

台湾ビール

台湾ビール

日本風のカフェでなぜか台湾ビールが売られていました。

宿舎の一階部分

宿舎の一階部分

それでは早速、宿舎の一階部分に入っていくことにしましょう。

宿舎の無機質な空間に、オシャレなお店やアトリエのような場所がぎっしり入っています!

これが7階まであって、さらに同じ建物がもう一棟あるんだから、店がいかに多いかが分かります。

オシャレそうなアトリエ

オシャレそうなアトリエ

オシャレそうなアトリエで、女性職人が何かを作っていました。

カンカンで作った腕時計

カンカンで作った腕時計

ウィンドウ越しにのぞいてみると、ここはカンカンで作った腕時計を制作・販売しているようでした。

1個700香港ドルと安くはなかったですが、他では買えないのでいい香港土産になりそうです。

SOILという謎の店

SOILという謎の店

こちらは手作りのお皿などを売っていました。

値段はしっかり見ていないですが、安くなさそうでしたよ。

日本風のお茶碗など

日本風のお茶碗など

こちらも食器を売っていました。

途中で気づいたのですが、日本風の食器や小物を売っている店が多い気がします。

香港では街中でも日本の店を多く目にしますし、全体的に日本のものが人気なんですかね?

階段

階段

建物内部の所々に階段があります。

こちらも無機質な作りで、宿舎だったということが伝わってきますね。

どことなく無印良品っぽい雰囲気を感じるのはわたしだけでしょうか?

絵のアトリエ

絵のアトリエ

絵描きさんのアトリエのようなスペースもありました。

ここまでくると商業施設というよりも、完全に作業場といった雰囲気ですよね。

ただ、ここではその場で絵も買うことができるので、やはり商業施設といえます。

廊下

廊下

廊下を歩きます。

次にどんなお店があるか想像つかないので、歩いていて楽しいです。

ABC クッキングスタジオ

ABC クッキングスタジオ

日本でもおなじみのABC クッキングスタジオがありました。

てゆうかコレ、日本企業ですよね。

台湾にもあるので、かなり海外展開しているんですね。

ABC クッキングスタジオはガラス張りでオシャレな外観なので、

PMQのようなアート空間や最新のショッピングモールとの相性は抜群ですよね。

廊下から向かいの宿舎を眺める

廊下から向かいの宿舎を眺める

宿舎は二棟あって、廊下の至る所から向かいの棟を眺めることができます。

中庭もあります

中庭もあります

4階部分には中庭もありました。

オシャレな雰囲気ですが、くそ暑いのでここで休みたくはありません。

写真だけ撮って退散しました(笑)

ふと見上げると高層ビル群

ふと見上げると高層ビル群

ふと見上げると、そこには上環の高層ビル群が広がっていました。

最新のアートスペースとは言え、PMQの建物は古いです。

だから観光中はずっと香港の歴史を感じていましたが、

周囲を見ると急に国際金融都市にいることを思い出します。

香港はこのような新旧のギャップが感じられる魅力的な都市です。

これからも都市開発や再利用がどんどんなされると思うので、随時チェックしていきたいものです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー