香港・天壇大仏の行き方(寶蓮寺/ポーリン寺)と参拝レポート!

香港・天壇大仏への行き方まとめ

香港・天壇大仏への行き方まとめ

どうも〜、ゴダです。

先日、香港のポーリン寺に行ってきました!

その目的は・・・そう。

香港の有名な天壇大仏を見るためです。

結果的に景色が良かったし、香港の違った一面を知ることができたし、行って大正解でした!

でも行き方がちょっと複雑だったりと、何かと大変なこともありました。

というわけで今回は、アクセス方法など詳細をまとめていきます。

スポンサーリンク

香港・天壇大仏とは?寶蓮寺(ポーリン寺)のでっかい大仏

寶蓮寺(ポーリン寺)

寶蓮寺(ポーリン寺)

わたしが今回訪問したのはランタオ島(Lantau Island/大嶼山)にある寶蓮寺(ポーリン寺)です。

ここ寶蓮寺には大仏があり、香港で大仏(big buddha)というと必ずここを指すみたいです。

寶蓮寺は1906年に建てられた比較的新しい仏教寺院であり、その歴史はそこまで深くはありません。

ただ、周辺にはお土産街やレストランが立ち並んでおり、観光地としての設備はすごく整っていると感じました。

ちなみにわたしが感じた寶蓮寺の良さは以下の通り。

・観光できる

・空港から近い

・香港で大自然を楽しめる

・ロープーウェイに乗れる

などなど。

香港の市街地(=大都会)とは一味違った魅力が楽しめますよ。

なお、お寺と大仏の開放時間は午前9時半から午後18時です。

中にあるレストランの営業時間も午前11時半から午後17時と決まっているので、お気をつけください。

スポンサーリンク

香港・天壇大仏への行き方。まずは東涌に行こう。

天壇大仏へ行く方法は、主にバスとロープウェイです。

ただし、いずれの方法をとるにしてもまずは「東涌」という場所まで行く必要があります。

空港から東涌への行き方(バス一択!)

空港から行く場合は、S56のバスに乗っていきます。

香港空港にあるS56のバス停

香港空港にあるS56のバス停

香港空港のバスターミナルの位置(この周辺にS56はあります。)

香港空港のバス停はかなり広いので、S56を見つけるのはけっこう大変です。

ただ、一応標識がたくさん出ているので、その方向に進んでいけば大丈夫です。

もし標識が見つからない場合は、スタッフさんに聞けば一発です。

香港市内から東涌への行き方(MTRがオススメ!)

香港MTRの路線図

香港MTRの路線図

香港市内から東涌に行くには、MTRが一番便利かと思います。

時間は40分程度で、料金は20香港ドル前後です。

時間・値段ともに一番バランスが取れた方法になるのでオススメですよ。

また、バスで行くことも可能ですが、香港のバスは種類が多いため、慣れてない人にとっては厳しいです。

バスはMTRに比べて時間もかかり、値段も高いため、よっぽどの事情がない場合はMTRに乗るようにしましょう。

スポンサーリンク

香港・天壇大仏への行き方。東涌に着いたらロープウェイかバスで山頂まで行こう。

東涌に到着したら、次はいよいよ山頂に登ります。

方法は①ロープウェイ、②バスの二種類です。

※もちろんタクシーでもいいですが、ここでは説明をカットします。

東涌から寶蓮寺への行き方①:昂坪ロープウェイ

昂坪のロープウェイ乗り場の位置

これは東涌から大仏にいく、もっともポピュラーな方法です。

時間が短縮でき、ロープウェイも楽しめますが、値段は高めです。

昂坪ロープウェイは中国語で「昂坪360」「昂坪纜車」などと表記します。

MTR東涌駅からロープウェイの乗り場までは歩いて3分ほど。

でっかい建物からロープウェイがどんどん出ているので見つけやすいです。

こんな感じでガンガン飛んでいます

こんな感じでガンガン飛んでいます

料金は、成人の往復きっぷが210香港ドル、片道きっぷが145香港ドルとなります。

下がガラスになっているタイプは、成人の往復きっぷが290香港ドル、片道きっぷが200香港ドルです。

ちなみに時間はどちらも25分ほど。

「スリルがある方が好き」「せっかく海外まで来たからトライしたい」という人は、ガラスのタイプを選んでみましょう。笑

公式サイトの料金表(英語)

東涌から寶蓮寺への行き方②:23番の昂坪行きバス

23番バスの乗り場の位置

これは時間がかかるけど、もっとも安い方法になります。

場所はロープウェイ乗り場のすぐ隣です。

こちらも比較的大きなバスターミナルなので分かりやすいかと思います。

バスターミナルへの道案内

バスターミナルへの道案内

こんな感じで道案内が出ているので、わりと親切かと思います。

23番バスの乗り場

23番バスの乗り場

すると「23 昂坪」と大きく書いてあるので、これまた見つけやすいです。

支払いは現金でも大丈夫ですが、オクトパスカード(八達通)があるとなお楽ですね。

ちなみに時間は片道50分弱で、料金は17.5香港ドルでした。

香港・天壇大仏・訪問レポート

今回は東涌からバスに乗って山頂まで行ってみました。

つまり、上記の②の方法を採用したというわけですね。

バスの中はこんな感じ

バスの中はこんな感じ

バスは普通の観光バスといった感じ。

みんなロープウェイに乗ってるせいか、バスはガラガラでした。

こんな山道を登って行きます

こんな山道を登って行きます

香港とは思えないような山道を走ります。

ビルばかりのイメージとは裏腹、田舎な風景にちょっと心が癒されます。

香港の漁村

香港の漁村

漁村らしき村落を発見しました。

「なんてゆう名前の村だろう」

とか考えながらバスに揺られます。

大仏のふもとに着きました。

大仏のふもとに着きました。

この白い門が見えたらそこがポーリン寺ですので、ここで下車をしましょう。

下車する時にカードをピッとやる必要はありません。直接下車してください。

昂坪市集の入口

昂坪市集の入口

下車してすぐに後ろを振り返ると、「昂坪市集」なるマーケットがありました。

実はロープウェイで行く場合はこの昂坪市集を通過しないとポーリン寺の入口までたどりつけません。

しかしわたしはバスで行ったので、この昂坪市集を抜けた場所に下車したのです。

というわけでバス降り場から昂坪市集を逆走することにします。

昂坪市集の中

昂坪市集の中

昂坪市集の中はお土産屋さんやレストランがあって、完全に観光地の雰囲気です。

セブンイレブン

セブンイレブン

スタバ

スタバ

コンビニやスタバもあって、完全に金の匂いがします。笑

完全に観光地化されたお寺というわけですね。笑

飲食店が集まる広場

飲食店が集まる広場

日本料理や中華料理がある広場を抜けると・・・

ロープウェイの到着口

ロープウェイの到着口

ロープウェイの到着口につきました。

東涌から出ているロープウェイは、ここにつながっているというわけなんですね。

昂坪市集(マーケット)の様子が一通りわかったので、また元の場所に戻ろうと思います。

ポーリン寺の入口

ポーリン寺の入口

さて、5分ほど歩いて元の白門まで戻ってまいりました。

早速この門から中に入って行くことにします。

待ってろ〜、大仏!(←罰当たり)

なぜか牛

なぜか牛

中をズンズン歩いていくと、なぜか放牧された牛を何頭か目にしました。

可愛いですが、ちょっと理由が分からず戸惑っちゃいます。

stairways to big buddha

stairways to big buddha

さあ、大仏へと続く階段に着きましたよ。

ポーリン寺をお参りする前に、まずは大仏さまを参拝することにしましょう。

階段

階段

何段あるかは分かりませんが、クアラルンプールのバトゥ洞窟よりは少なかったです。

でも普段運動しない人だったら確実に筋肉痛になってしまいますね。

ポーリン寺

ポーリン寺

やっと頂上に着きました。

ここは香港の市街地とは全く逆に位置するので、高層ビルが全然目に入りません。

香港と言われなければ全然気づかないほどの自然が目の前に広がっています。

香港の田舎

香港の田舎

香港の離島です。

中心地以外はわりと田舎なんですね〜。

香港・天壇大仏

香港・天壇大仏

大仏さまの内部へは入れるようになっていましたが、全面的に撮影禁止でした。

詳しくは知りませんが、お土産が少し売ってたり、宗教施設みたいになってました。

ポーリン寺の正面

ポーリン寺の正面

というわけで見るもの見たので下に降りてきました。

早速ポーリン寺を参拝することとしましょう!

ポーリン寺のお香

ポーリン寺のお香

エントランス周辺にはでっかいお香がたくさん立ててありました。

右奥の男性が持っているお香とか半端ない大きさですよね!?

だから「香」港なのか・・・。

(さぶいダジャレすみません。笑)

ベジタリアン・レストラン

ベジタリアン・レストラン

お寺の内部はまたしても撮影が禁止だったので、周辺施設をレポートしていきます。

ここは結構有名なベジタリアンの店なんだとか。

美味しそうな麺類やデザートがたくさん売られていました。

メニュー表

メニュー表

これがメニュー表になります。

全体的に中華メニューなので日本人にはあまり馴染みがないですが、英語も書いてあるので想像はできますよね。

とはいえわたしは台湾生活が長いので大体どんなものが分かります。

中華圏の食べ物は似たようなものばかりですからね。

中華スイーツ

中華スイーツ

マンゴーだの緑豆だの、まあだいたいこんな感じのものばかりです。

わたしは食べませんでしたが、かなりお客さんがいたので、噂通り本当に美味しいのでしょう!

最後に

というわけで香港の天壇大仏・ポーリン寺のレポートはここまでです。

意外にも見所たくさんだったので、個人的にはかなり満足してしまいました。

ただ、やはり辺鄙な場所にあることから、時間はたっぷり確保して行くべきだと思いました。

空港から近いとはいえ、あまりフライト前の時間を利用していくような場所ではないと感じました。

だから興味がある人には、半日以上の時間を確保してじっくりまわることをオススメいたします。

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー