台湾マンゴーの聖地・台南楠西。マンゴー狩り達人の愛文が絶品すぎ!

台湾マンゴーの聖地・台南楠西。マンゴー狩り達人の愛文が絶品すぎ!

台湾マンゴーの聖地・台南楠西。マンゴー狩り達人の愛文が絶品すぎ!

どうも〜、ゴダです。

先日、台南郊外にある「楠西」という地区に行ってきました。

ここは天下の「玉井」に勝るとも劣らないマンゴーの聖地。

実際に行ってみて分かりましたが、本当にどこを歩いてもマンゴー畑だらけなんですよね。笑

結論、新鮮なマンゴーが安く食べられるので、台湾フルーツ好きにとっては天国みたいな場所でしたよ。

そして今回は特別に農家さんの畑に入らせてもらい、達人の技や旬の絶品マンゴーを楽しんできました。

映像にもしっかり残してきたので、マンゴー園のリアルな様子を見てみてくださいね。

※今回訪問したのは楠西ですが、実際に観光で行く場合は玉井がオススメです。この記事の最後で玉井へのアクセス方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

台南市楠西区の概要と場所

今回行ったのは楠西という台南の郊外にある地区。

行政区分でいうと台南市楠西区になります。

地図を見ていただくと分かりますが、玉井と楠西は隣同士なんですよ。

だから気候も同じで、生産しているものもほぼ同じ。

なんで玉井だけネームバリューがあるか謎ですよね〜。

ちなみに台南市内から楠西までは車で1時間程度かかります。

バスでもタクシーでも行けますが、当たり前ですけどバスの方が安いですよね。

詳しい行き方や金額はこの記事の最後の方に記載しています。

まずは私の楠西訪問レポートからご覧ください!

スポンサーリンク

台湾マンゴーの里・楠西訪問レポート

マンゴー工場を見学!そこにはまだ緑色のマンゴーがたくさんあった!

今回はある筋のコネクションで、楠西のマンゴー農家を訪ねることに成功しました。

マンゴーを箱詰めする場所

マンゴーを箱詰めする場所

案内されて入った場所には、いきなり大量のマンゴーが並べられていました。

「なんでこんなにも大量のマンゴーを地面に置いているんだろう?」

と思ったのも束の間、農家の社長さんが採れたてのマンゴーを見せてくれました。

以下は28秒の動画です。サラッと見ることができます。

出荷される前の緑色のマンゴーも綺麗ですよね。

市場に着くまでには時間があるので、緑色のものを出荷するんですって。

収穫したばかりのもの

収穫したばかりのもの

熟れると黄色になる。

熟れると黄色になる。

ちなみにこれは「金煌」と呼ばれる種類で、熟れると赤色ではなく黄色になります。

酸味よりも甘味が強く果肉が多いわりには値段が安いのが特徴です。

マンゴー園を見学!そこは果てしなくマンゴーが広がる”マンゴーヘヴン”だった!

マンゴー園

マンゴー園

彼らが管理するマンゴー園も見せてもらいました。

先ほど紹介した「金煌」だけでなく、赤くて酸味のある「愛文」や、甘味の強い「西施」、小ぶりな「土芒果」など、様々な品種が栽培されていました。

以下は26秒の動画。マンゴー園の様子になります。

動画には少しの範囲しか映ってないですが実際はこの畑がめっちゃ遠くまで続いています。

というか途中から山になっていて畑の範囲がどこまでかよく分かりません。笑

なお「マンゴー園」は蚊がたくさんいるのでかなり過酷な環境となります。

ちょっと滞在しただけだったけど4箇所くらい刺されちゃった・・・。

名人のワザを目撃!美味しいマンゴーを瞬間的に見極め、ハサミを自由にあやつります!

マンゴー狩りに同行

マンゴー狩りに同行

このオバサン、ただのオバサンじゃないんです・・・。

オバサンのハサミさばき。

オバサンのハサミさばき。

遠くからでもマンゴーの熟れ具合を瞬間的に見極めます。

また、ハサミを自由自在に操り、マンゴーを丁寧に切り取ります。

以下は29秒のショートムービー。

名人の技、すごすぎる・・・!

採りたての新鮮マンゴーを実食!!!

それではさっそく、お楽しみの実食タイムです。

というかほとんどこの瞬間のために楠西まで来ました。

新鮮マンゴーを実食!!!

新鮮マンゴーを実食!!!

さっきのオバサンがカットしてくれました。

ちなみに右が「愛文」で左が「西施」となります。

ちまたでは愛文のネームバリューが強いですが、実は西施も同じくらい美味しいです。

というかこれは完全に好みの問題ですね。

西施は酸味が少ない品種なので純粋に甘いマンゴーが食べたい人にはオススメです。

(逆に、ほどよい酸味があったほうがいいという人には愛文がオススメですね。)

スポンサーリンク

楠西と玉井へのバスでの行き方(アクセス)

冒頭でも申し上げたように、楠西・玉井方面へはバスでもタクシーでも行けます。

タクシーで行く方法は説明する必要がないので、ここではバスでの行き方をまとめました。

<玉井へバスで行く方法>

①台鐵(火車)で台南駅まで行く。(新幹線で行かないこと)

②台南駅北バスターミナルのところに7-11があるので、そこから興南客運という会社のバスに乗る。

③切符は一人片道119元。

④玉井のバス停で降りる。

<楠西へバスで行く方法>

①上の経路を通り、バスで台南駅から玉井まで行く。

②玉井のバス停で「綠20 往永興吊橋」「綠22 往梅嶺」「綠23 往雙溪新社區」「綠24 往曾文水庫」「綠25 往大埔」のうちどれかのバスに乗り換える。

③楠西のバス停で降りる。

時間はどちらも1時間から1時間半くらいです。

不便ではありますが、一番安い方法です。

なお、バスの本数は少ないので、時間には十分に注意しましょう。

楠西や玉井に着いたら、どこに行けばいい?

楠西や玉井に着いたら、どこに行けばいい?

楠西や玉井に着いたら、どこに行けばいい?

実は適当に道端をぶらぶらしているだけで、マンゴーを売っている移動販売を見つけることができます。

ただ、それではその場で食べることができないので、ちゃんと以下のような場所に行って食べるようにしましょう。

玉井青果市場(玉井の青果市場)

熱情小子芒果冰館(マンゴーかき氷の有名店)

玉井芒果批發市場(マンゴー卸市場)

※クリックでGoogle Mapに飛びます。

玉井ではとりあえずこれらの場所に行っておけば正解ですね。

玉井のバスターミナルからも近くて便利ですよ。

一方、楠西に関してはマンゴーが食べれる場所が見つかりませんでした。

楠西は玉井ほど観光地化されておらず、ひたすらマンゴー畑が広がってるだけのようでした。

というわけで、今回は楠西を紹介しましたが、観光で行く場合は玉井の方が圧倒的にオススメです。

マンゴーのシーズンは5月末から8月上旬なので、暑さ対策をしつつ楽しんじゃってください。

それでは今回の記事はここまで。

台北で気軽にマンゴーを楽しむならこの店!!

【CNN推薦!】永康街のマンゴーかき氷店・思慕昔(スムージー)

関連記事:【台湾旅行】夏の気温や服装まとめ。4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月

関連記事:【kkday台湾】台湾の新幹線が常に2割引!日本語で簡単購入!

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー