スポンサーリンク

台湾旅行におすすめの時期は?航空券が安い季節(シーズン)はいつ?

台湾旅行におすすめの時期は?航空券が安い季節(シーズン)はいつ?

台湾旅行におすすめの時期は?航空券が安い季節(シーズン)はいつ?

どうも〜、台湾在住8年目のゴダです。

ここでは台湾旅行に最適なシーズンについて解説しています。

「台湾っていつ行けば安いんだろう?」

「台湾ってどの季節が快適なんだろう?」

などなど台湾旅行のシーズンに関する疑問があることでしょう。

というわけで今回はこれらの疑問の答えをまとめました。

それでは早速見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

年末年始・GW・夏休みはできるだけ避けよう

以下の時期は日本人が一年で一番旅行する時期となります。

・年末年始(12月末〜1月上旬)

・ゴールデンウィーク(5月上旬)

・夏休み(7月、8月)

航空券・ツアーともに値段が高くなり、料金が普段の2〜3倍になることもあります。

よって、これらシーズンを外せるなら絶対に外した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

台湾の気候は南北で違う

台湾は沖縄より南にあり、日本人から言わせると夏は暑く冬は暖かいです。

でも実は台湾内でも気候の違いはあり、北部と南部の差はけっこう大きいのです。

具体的には、南部の方が夏が長く、北部の方が冬は寒くなる傾向にあります。

具体的な気温は以下にまとめたので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

参考記事:【台湾旅行】夏の気温や服装まとめ。4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月

参考記事:【台湾旅行】冬の気温や服装まとめ。11月、12月、1月、2月、3月

台湾旅行におすすめな時期について考える

それではいよいよ本題に入ります。

皆さまが読みやすいように、シーズンごとに分けてみました。

春の台湾旅行(4月〜6月)

台湾の油桐花(4月中旬から5月初旬)

台湾の油桐花(4月中旬から5月初旬)

■気候・環境から考える

4月に限っては時々涼しくなる日もあります。

でもこのシーズン(4月〜6月)は基本的にほぼ毎日30度を超えます。

また、台湾の梅雨は日本よりやや早くきます。

5月下旬から6月中旬は雨が多い時期となりますので、雨具の用意をした方がいいでしょう。

ちなみに台湾には花粉症がありません。

だから花粉症がひどい人はものすごく快適に感じるかもしれません。

■値段から考える

4月は高くもなく安くもなくといったところ。

5月はゴールデンウィーク期間に関しては航空券やツアーの値段が跳ね上がります。

でも台湾についてからの消費については高いわけではありません。

だって台湾にはゴールデンウィークがありませんからね。

あと、6月は一般的に台湾旅行のオフシーズンと言われております。

航空券・ツアー・ホテル代などが軒並み下がっています。

ただしこの時期は梅雨のため、旅行がしにくいのも事実です。

また気温が高い日も多く、ジトジトむしむししています。

雨でも安ければそれでいいという人にはいいかもしれませんね。

■目的別(イベント)に考える

まずはみんなが大好きなマンゴーの季節から。

台湾のマンゴーは毎年3月くらいから収穫が始まります。

でも質・量ともに最高なのは5月末から8月にかけてです。

だから安く美味しいマンゴーが食べたいという人は、5月末以降に行くといいでしょう。

また、4月〜6月の台湾はイベントやお祭りもたくさんあります。

例えば、台湾の春と言ったら、春の花「桐花」のフェスティバルが超有名ですよね。

客家桐花季(日本語)のようなサイトから台湾各地の花見情報をGETすることができるので、興味がある人はこの時期を狙って旅行してみてください。

また他にも台湾の文化を感じられるイベントがたくさん開催されます。

澎湖海上花火フェスティバル

福隆国際サンドアートフェスティバル

鹿港の端午祝い

などなど…etc

台湾各地のイベントの情報を知るには、台湾観光局運営の以下のサイトが便利です。

日本語で書かれているので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

台湾イベントカレンダー(日本語サイト)

夏の台湾旅行(7月〜9月)

夏は台湾フルーツのシーズン。

夏は台湾フルーツのシーズン。

■気候・環境から考える

この時期は北部・南部にかかわらず、真夏日が続きます。

毎日35度前後になるので水分補給や熱中症対策は怠らないようにしましょう。

また、室内は冷房がガンガンかかっていることもあり、室内と室外の温度差にも気をつけたいところです。

矛盾するようですが、防寒対策に薄い上着を持っていると便利かもしれません。

それから、これは特に南部に当てはまることですが、午後に約1時間だけ豪雨が降る日が続きます。

いわゆるスコールというやつで、想像よりもすごい雨が短期間でザーッとふります。

だから外出時の服装や精密機器の扱いには十分な注意が必要です。

あと、一年の中で最も蚊が増えるのもこの時期です。

特に台湾の田舎には「小黒蚊」と呼ばれる危険な蚊がいたり、デング熱をもった蚊がいます。

田舎や山間部にいく方は虫対策をしっかりするようにしましょう。

最後に、実はこの時期が台風の最も多いシーズンとなります。

旅行時に台風が来る場合は外出せず、ニュースを見ながら安全な行動を取るようにしましょう。

間違っても海や川の近くには寄らないようにお願いします。

■値段から考える

7〜8月は夏休みなので、海外に行く日本人が増えます。

人が増えるということは料金も跳ね上がるということです。

航空券やツアーの料金がオフシーズンの倍になるということもあります。

なお、9月はシルバーウィークを除くとそこまで高くはならないです。

■目的別(イベント)に考える

夏は台湾フルーツのシーズンです。

7月はマンゴーが安くて美味しいので、マンゴー好きにはたまらないですよね。

またこの時期はパイナップル、ライチ、パションフルーツ、バナナ、スイカ、ドラゴンフルーツあたりも旬となります。

観光地で買うと高いですが、地元人が行くような夜市やスーパーだとかなり安く買えるので、毎日フルーツざんまいの旅行となるでしょう。

なお、この時期も台湾中でさまざまなイベントが催されています。

台湾国際バルーンフェスタ

貢寮国際海洋ロックフェス

福隆国際サンドアートフェスティバル

台湾美食展

日月潭遠泳大会

などなど…etc

詳しくは台湾観光局の台湾イベントカレンダーをご覧ください。

秋の台湾旅行(10月〜11月)

台湾の田舎。秋は朝晩が涼しくなってくる季節だ。

台湾の田舎。秋は朝晩が涼しくなってくる季節だ。

■気候・環境から考える

基本的には夏よりずっと涼しく旅行しやすい時期と言えるでしょう。

それでも日中は30度を超えることがあり特に南部は夏日が続きます。

よって熱中症対策は引き続き怠らないようにお願いします。

また統計的には数年に1〜2回、このシーズンに台風が上陸しています。

夏に比べると数は少ないですがまだまだ注意が必要なんです。

■値段から考える

この時期のチケットは高くもなく安くもないです。

気温も悪くないので、個人的にはオススメのシーズンとなります。

■目的別(イベント)に考える

毎年10月10日は中華民国の建国記念日「國慶日」です。

(正式には建国日ではなく辛亥革命の発端となった武昌起義の日ですが)

10月10日には建国記念セレモニーが行われ、町中には中華民国旗がはためきます。

ちょっと特殊な雰囲気で、いつもと違った台湾を感じることができます。

また、10月〜11月の台湾には、以下のようなイベントがあります。

日月潭サイクリング花火音楽フェスティバル

澎湖離島横断マラソン

タロコ峡谷マラソン

などなど…etc

秋なのでスポーツ系のイベントが多いですね。

秋の情報についても台湾イベントカレンダーを参考にすると便利です。

冬の台湾旅行(12月〜3月)

冬でもけっこう暖かい。

冬でもけっこう暖かい。

■気候・環境から考える

北部は平均で15度〜20度くらいですが、特に寒い日は10度を下回ることもあります。

また冬の北部は雨が多く、2日に1回くらいは雨が降っています。

一方、南部は平均で20度前後あり、暑い日は30度までいくこともあります。

また冬の南部は雨が少なく、旅行しやすいのが魅力です。

なお、2月は桜が満開になり、台湾の花見シーズンとなります。

台湾の桜は日本のものとは異なり、濃いピンク色をしています。

日本とはちょっと違う雰囲気の桜を楽しみたいという人にはオススメですよ。

■値段から考える

冒頭にも書いたように、年末年始は航空券・ツアー代ともに高くなってしまいます。

しかしそれ以降はわりと安く、特に2月〜3月は一年の中でも最も安いシーズンとなります。

だから安さを求めるなら2月〜3月がベストです。

ただ、旧正月は多くの店が閉まってるので避けた方がいいです。

※旧正月の具体的な時期は毎年異なります。だいたい1月末〜2月の1週間くらいです。

■目的別(イベント)に考える

台湾イベントカレンダーによると、冬の台湾もイベントで盛りだくさんです。

まず、冬のイベントとしてすぐに思い浮かぶのが、台北101での新年カウントダウン&花火でしょう。

ただ、当日はかなりの数の人が集まるので、歩けないほど道が混雑します。笑

人混みでも大丈夫という人だけ行くようにしましょう。

また、平渓の国際天灯祭り(ランタンフェスティバル)や鹽水蜂炮(危険な爆竹祭り)も超有名ですよね。

詳しい情報はやはり台湾イベントカレンダーを見るとたくさん載っているので、興味がある人は一度のぞいてみてください。

まとめ

今回はたくさんの情報がゴチャゴチャしてて、分かりにくかったかもしれません。

というわけで最後に、以下で今回の内容をシンプルにまとめました。

①とにかく安さ重視の人

→2月、3月、6月がオススメ。

※ただし2月に行く場合は旧正月を避けること。

②気候の快適さ重視の人

→11月〜4月が暑くないのでオススメ。

※ただし北部の冬は雨がよく降ります。

③美味しいフルーツ重視の人

→5月末〜8月上旬がマンゴーなどありオススメ。

※ただしイチゴやナツメ(棗子)は冬が旬です。

まとめるとこんな感じでしょうか。

他にも気づいたこと・分かったことがあったら追加していきたいと思います。

関連記事:【台湾旅行】夏の気温や服装まとめ。4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月

関連記事:【台湾旅行】冬の気温や服装まとめ。11月、12月、1月、2月、3月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー