スポンサーリンク

ウェルスナビの運用実績をブログで報告。3ヶ月目はプラス1.8万円

ウェルスナビの運用実績をブログで報告。3ヶ月目はプラス1.8万円

ウェルスナビの運用実績をブログで報告。3ヶ月目はプラス1.8万円

どうも〜、ゴダです。

当ブログでは毎月ウェルスナビの運用実績を報告しています。

ウェルスナビとは、ロボアドバイザー(AI)による自動投資サービスのことです。

人工知能が投資先を選定してくれるので「投資したいけど本業に時間をさきたい人」に最適なんですよね。

なお結論から書くと、わたしの3ヶ月目は合計で1.8万円のプラスで終わりました。

2ヶ月目がプラス3.4万円で終わっていたので、1ヶ月で資産が1.6万円減ったことになります。

ウェルスナビ開始以降はじめての資産が増えない月となりましたが、トータルで見るとまだプラスです。

というわけで今回は、現在のポートフォリオ状況やマイナスになってしまった理由について書いていきます。

スポンサーリンク

運用3ヶ月目。現在のポートフォリオ状況。

運用3ヶ月目。現在のポートフォリオ状況。

運用3ヶ月目。現在のポートフォリオ状況。

7月3日時点でのポートフォリオは上記のようになります。

最初に100万円入金して、毎月1万円ずつ積み立ててるので、合計で103万円入金したことになります。

3ヶ月の運用を終えて、現在は18,552円の増額ということになりますね。

ただ、2ヶ月目はプラス3.4万円で終わったので、1ヶ月で1.6万円も減ってしまったことになります。

具体的には、新興国株と金が赤字になり、日欧株も大きく値下がりしたことが、全体を押し下げた要因となりました。

残念ではありますが、まだ全体でマイナスにはなってません。

これからもウェルスナビ投資を継続していきたいと思います。

スポンサーリンク

3ヶ月目で資産額が大きく減ってしまった理由。

新興国株、金、日欧株が6月後半からぐっと下がりました。

これにはいろいろと政治的な要因が絡んでいるようですね。

一部では以下のようなニュースも流れています。

「急落の背景については、中国・上海株や米株価指数先物の時間外取引での下落がきっかけとなったが、背景には6日に期限が迫った米国による中国への追加関税の発動を前に、米中貿易摩擦への警戒感が改めて意識されたことがある。日経平均が500円近くも急落したことで、5月30日の取引時間中の安値2万1931円65銭を下回り、調整局面入りが濃厚となった」

明日の株式相場見通し=急落の後遺症で下値模索、米中貿易摩擦の懸念継続

つまり、上海総合指数が下がったことによって、日経平均にも影響が出たというわけです。

こりゃあ新興国株も日欧株も下がっちゃうわ。

まあそんな中でも米国株や米国債券がしっかり伸びているのはさすがとしか言いようがない。

全体としてはそこまでダメージを受けないで済んでますからね。

むしろ今回のような暴落を経験してもまだプラスを保ってるウェルナビはすごいと思います。

私はまだまだウェルスナビ投資を続けますよ!

こうした部分的な値下げも考慮した上での分散投資だと思うので、まだまだウェルスナビを信頼しています。

実際、まだマイナスになってないですしね。

それにウェルスナビは長期で稼ぐ投資なので、こんな短期間であーだこーだ判断しない方がいいですね。

日々の値動きを見ているといろいろと一喜一憂してしまいますが、その必要はないというわけです。

AIロボによる自動投資なので日々の時間はまったくとられないし、しばらくは運用報告をしていくのみとしましょう。

というわけで今回は3ヶ月終了時点での運用報告でした。

まずは無料診断してみよう

まずは無料診断をしてみよう

まずは無料診断をしてみよう

まずはスマホアプリの無料ダウンロード or 公式サイトから無料診断をしてみましょう。

まず、現在の年齢、年収、金融資産額、毎月の積立額などを入力します。

するとウェルスナビで投資継続した場合の資産の増加額が表示されます。

ちなみに私の場合は「460万円が、70%の確率で850万円以上になる」と診断されました。

ゲーム感覚でちょっと楽しいので、ウェルスナビをやろうか迷ってる人も、一度試してみることをオススメします。

【スマホアプリの無料ダウンロード】

※スマホからのみ閲覧可能

【ウェスルナビに登録する】

※スマホ、PCどちらからでも閲覧可能

■過去の運用実績はこちら

ウェルスナビの運用実績をブログで報告シリーズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー