ジョーブログ「瞬発力の高め方」レビュー。買った、読んだ、感動した

ジョーブログ「瞬発力の高め方」レビュー。買った、読んだ、感動した

ジョーブログ「瞬発力の高め方」レビュー。買った、読んだ、感動した

どうも〜、ゴダです。

先日、YouTuber「ジョーブログ」が新しく出版した本を購入しました。

そのタイトルは、「瞬発力の高め方」。

どうですか?タイトルからして良さそうですよね?

読んだ感想の結論をいうと、控え目に言って最高。みんな読んだ方がいいぜ。

読むと勇気がもらえて「一回きりの人生楽しもう!」という気分になります。

というわけで早速感想まとめていきます。イェイ!

スポンサーリンク

「ジョーブログ」とは?

ジョーブログのジョーさん

ジョーブログのジョーさん

ジョーについては過去の記事で説明しました。

【カリスマYoutuber】ジョーブログのヤバすぎる挑戦と名言まとめ

あれから約1年・・・。

当時のチャンネル登録者数は48万人だったけど、今はもう110万人を超えてるんですね。

ジョーを一言で説明することは非常に難しいです。

でもあえていうと「常に面白いことや限界を探し求め、挑戦し続ける男」といったところでしょう。

具体的には、北朝鮮に行ったり、殺人率世界一の都市カラカスに行ったり、南米で幽体離脱する薬を飲んだり・・・etc

とにかくぶっ飛び体験をユーチューブにアップしまくっているかなりクレイジーなYouTuberなんです。

しかし彼のこうした挑戦は多くの人を感動させ、ものすごくコアなファンが多いのも事実です。

というわけで私も彼の熱烈なファンの一人なのですが、今回はそんな彼が新しい本を出版したということで、電子書籍版を購入してみました。

スポンサーリンク

「瞬発力の高め方」にはアツイ言葉がいっぱい

以下、私が感動した箇所を引用します。

自己啓発本的な内容ですが、他の自己啓発本よりも心を揺さぶられます。

実体験に基づいた偽りのない言葉だから響くのでしょう。

アツイ言葉①

他のやつらが

絶対にやらないことをあえてやれば

チャレンジの価値ははね上がる

この言葉はありきたりな感じがするけど、人と違うことをやり続けたジョーのいうから重みがあります。

今の世の中はコンテンツが飽和しており、面白いことや個性的なことで溢れかえっている。

だけど絶対に世間の裏をかくことはできる。実際、ジョーがそれをやった。

人と違う自分を認めよう。チャレンジをし続けよう。

アツイ言葉②

やりたいことが見つからないときほど

ワクワクするときはない。

これはマジで目からウロコ。

これまで私は「やりたいことが見つからない=つまらない状態」と思っていました。

だけどジョーいわく、やりたいことを探している行為自体が楽しいらしい。

うん、なんかこの感覚わかる気がする。

例えが下手かもしれないけど、「両思いより片思いの方が楽しい」みたいな?

そしてこの章の最後でジョーは以下のように締めくくっています。

大事なのは、そのメッセージをいつでも感じられるように、

感情の扉を開けっ放しにしておくこと。

よく笑い、よく泣くことや。

現状で好きな人(=やりたいこと)は見つからなくてもいい。

だけど、好きな人に出会えたときに「好き」って思える自分でありたいですね。

アツイ言葉③

たいていのものはいらん。

誰かに欲しがらされてるだけやで。

うわっ、これ超わかるな・・・!

人に影響されやすい私だからこそ、胸に刺さったこの一言。

実は私もこれまで頑張っていろんなものを捨ててきました。

「みんなが送りたい生活」ではなく「自分が送りたい生活」を追求してきたんです。

これからも自分の気持ちを大切にしていきたいですね。

アツイ言葉④

本を読みながらメモっているから

読み終えるまではめっちゃ時間がかかるし、

読んだ一冊の本に対して、かなりの数のメモ帳が必要になる。

でもそのおかげで、読み終わった頃にはやりたいこと、

考え方がだいぶ前進していることになる。

これもスゲー分かる。分かるぞジョー。

私もブログのネタのために、日々メモ帳を持ち歩いて行動しています。

本を読むときもそうで、一瞬の気持ちを忘れないためによくメモをとります。

メモを普段からつけてると考えがまとまるし、ブログ執筆の時間も抑えられます。

そして、考えがまとまってるから普段の決断も早くなるのです。

アツイ言葉⑤

おれは丸二年間ホームレスをしていた。

究極のどうしようもないパターンや。

なぜか私の周りにはホームレスをやったことがある友達がちらほらいます。

そうですね、今ざっと数えただけでも4人くらいいるかな。

これ、一回会っただけの人とか、友達の友達とかじゃないですよ。

大学時代の友達とか、一緒にルームシェアしてた友達とかですよ。

なんでこんな人たちばかりと友達なんだろうって考えた時に、一つの答えが浮かびました。

「そうだ、おれ自身がそういう人間だからや」

実は、私自身はホームレスをしたことがありません。

でも話を聞いてると、私の考え方はあまりにも彼らと似過ぎています。

類は友を呼ぶってやつで、昔から似たような友達がたくさんいたわけですね。

詳しいことは本を読んでいただきたいですが、私にはホームレスになる人の気持ちがわかります。

アツイ言葉⑥

才能がないからこそ、人の3倍考えて、人の3倍努力する。

ジョーのようなチャンネル登録数110万人のYouTuberでも才能がないと思ってるらしい・・・。

こういうのを聞くと、人並みのことしかせずに「おれなんかどうせ」と言ってるのが恥ずかしく感じますね。

アツイ言葉⑦

やりたいことには賞味期限、消費期限があり、

その期限すぎたらやらなくなったり

落ち着いちゃったりする。

うん、これ分かるな。

私も賞味期限切れになったパッション、たくさんあるよ。

でも「あの時やってればよかった」とか後から後悔しても仕方がないんだよね。

アツイ言葉⑧

まっしぐらに走ってるやつは、ジャンルをとわず無条件に応援したくなる

これはもう本当かもしれない。

わたしも去年の4月に「台湾の路上で餅を売る」って言ったら、最初はバカにしてくる人がたくさんいた。

でもやってるとだんだん「ゴダすごいな」っていう目で見てくれる人が出てきて、なんか知らないけど応援されたりもした。

だからこのジョーの言葉は本当なんだと思う。

そして、最近の自分はチャレンジ精神が欠けてると反省した。

スポンサーリンク

最後に

「瞬発力の高め方」にあるアツイ言葉たちはいかがでしたか?

ここで紹介した言葉だけでも瞬発力が高まりそうですが、本を読むとこれどころではありません。

もし「おれの人生くすぶってるなー」とか「いまいち勇気が出ない」とか思ってる人がいたら、ぜひ読んでみてくださいね。

超オススメです。

追記 ♪

今回「瞬発力の高め方」を読んで感動して、新たな活動を始めることにしました。

それは「謎の最強チャレンジャー集団を作るプロジェクト」です!

詳細はまた別の記事で報告ますが、ジョーに習ってとにかくオリジナルなことがしたくて始めることにしました。

興味がある人は当ブログやツイッターをフォローしてくださいね。

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー