ノマド生活が3週間経過した今、素直に思っていること。バリ島にて。

バリ島のビーチがこの日のオフィス

バリ島のビーチがこの日のオフィス

どうも〜、ゴダです。

4月に始めたノマド生活も3週間が経ちました。

先日シンガポールを離れ、現在はバリ島に来ています。

大都市から南の島へ・・・。

環境が大きく変わったこともあり、色々と感じることもありました。

というわけで今回は恒例のノマド生活で感じたことシリーズ第3弾です。

まだ1と2を読んでない方は以下からどうぞ。

ノマド生活で感じたことシリーズ

スポンサーリンク

思ったこと①:英語上達の条件は「必要かどうか」。ただそれだけ。

バリ風豚丼売ってるこのおっちゃん、英語ぺらぺらでした。

バリ風豚丼売ってるこのおっちゃん、英語ぺらぺらでした。

バリ人の英語力、けっこうすごいですよ。

特にサービス業の人はフィリピンと同程度です。

(※フィリピンの公用語は英語)

それもそのはず。

バリ島はお客さんの大半が外国人であり、観光業で経済が成り立っている場所です。

英語の必要性が非常に高いため、英語がしゃべれないとダイレクトに仕事に影響が出るんですよね。

これはよく言われることですが、ヒトは必要性が高いと勉強しますし、吸収も速くなります。

だから結局日本人の英語が下手なのは英語を勉強する必要がないからなんですよね。

というわけで外国語が上手になりたかったら、まずは環境づくりから始めるべきでしょう。

スポンサーリンク

思ったこと②:バリ人には長期視点がない

1GBのSIMカードを6GBだと偽り買わされた

1GBのSIMカードを6GBだと偽り買わされた

バリ島によく行く方は知っているでしょうが、初めての方は注意してください。

バリでは両替、SIMカード、タクシー、レストランなどの会計でお金を騙されることがよくあります。

私はこれでバリ島2回目。

元々このことはよく知っていたので、今回はかなり注意してました。

でもSIMカードだけ見事にやられてしまいましたね・・・。

1GBのSIMカードを6GBだと偽り買わされました・・・しかも高額で。(1800円くらい)

SIMカードのパッケージにはマジックペンで大きく「6GB」と書かれていました。

でもよく考えると普通はペンで書いてあるはずないですよね。

だから本来はこの時点でおかしいと思わなければいけなかったのでしょう。

でもこの時はバリ到着直後でちょっとテンション上がっており、気持ちが緩んでいました。

自分としたことが、かなりうっかりしていましたね・・・。

ぜひ両替、SIMカード、タクシー、レストランの会計時は注意してくださいね。

合計額やお釣りが間違っていたら勇敢に立ち向かいましょう。

そしてここからが本題です。

ネットで検索すると、お金を騙された人の経験談がたくさん出てきます。

そこで私は思うのです。

「こんなことを続けていたらバリに来る人が減り続けるのではないか?」と。

基本、サービス業で必要なのは、気持ちよく買い物してもらいリピーターになってもらうことです。

長期的に自分たちのお客さんになってもらうという視点がないとサービス業は成り立たないでしょう。

だからバリ人て長期視点が欠けていて商売が下手だと思うんですよね。

また、現代はネット上に口コミを書くことができる時代です。

あるレストランで会計を騙されそうになったからグーグルマップに口コミを書いた

あるレストランで会計を騙されそうになったからグーグルマップに口コミを書いた

ブラック企業のような悪い人たちは淘汰されていき、クリーンな人たちだけが生き残る時代がやってきます。

そう考えると、このままいくとバリ島には暗い未来が待っているかもしれませんね。

スポンサーリンク

思ったこと③:僕は安定とひきかえに、自分の時間を手に入れた

わたしは企業で働いていないので収入が安定しません。

いまだに学生みたいな金銭感覚で生きていて、欲しい物も買えやしない。

当然、食べたい物だって気軽に買うことができません。

このように経済的な安定はないですが、それと引き換えに自分の時間を手に入れました。

毎日目覚まし無しで起きて、仕事中でも眠くなったら昼寝をする。

日本にいても台湾にいてもバリ島にいてもいいし、嫌な人とは一切仕事をしない。

最初は貧乏になるのが怖かったけど、貧乏を受け入れたら自分の時間が戻ってきた。

人生は一回きりなので、この選択は間違ってなかったと私は思います。

思ったこと④:なんでもお金をかければいいってもんじゃない

お金がらみの話が続いて恐縮です・・・(笑)

わたしはお金のパワーを否定しません。

お金っていいですよね。

お金があると便利だし、楽しいし、もしかしたら人だって助けることができちゃうかもしれない。

でも何でもかんでもお金で解決できるかと言ったらそれは嘘ですよね。

実際わたしはバリ島で150円のマンゴージュースを飲んでてもわりと楽しい。

まあ、これは子どもがいない責任の軽い身分だから言えるセリフなんでしょうけど。

というわけで今回は以上となります。

来週もおそらくまだバリ島にいるので、バリで思ったことを引き続き書いていきますね〜。

過去の「ノマド生活で思ったこと」シリーズはこちらから

ノマド生活で感じたことシリーズ

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー