台湾人嫁もウマさに震えた!神戸南京町「老祥記」の豚まんが絶品

老祥記の豚まん

老祥記の豚まん

どうも〜、大阪旅行をしているゴダです。

先日、大阪からちょっと足を伸ばして神戸まで行ってきました。

神戸では、異人館、旧居住地、神戸港、中華街(南京町)などを回ったのですが、

なかでも特に印象的にのこったのが”中華街の名店「老祥記」の豚まん”です。

結論からいうと、ダシがしっかり効いた餡が最高な絶品豚まんでしたので、絶対にみんな食べた方がいいです・・・。

というわけで今回は、わたしの台湾人嫁も絶賛した「老祥記」の豚まんをご紹介します。

スポンサーリンク

「老祥記」の場所、アクセス(行き方)

最初に恒例の場所、アクセスの説明からです。

兵庫県神戸市中央区元町通2丁目1-14

老祥記に行くには、まず中華街を目指しましょう。

中華街へはJR/阪神電車の元町駅からが近いです。

駅からは歩いて5分もかからないですし、道案内や地図がたくさん出ているので安心してください。

神戸中華街(南京町)の入口

神戸中華街(南京町)の入口

というか上のような門があるので見過ごすことはないでしょう。

すっごく分かりやすいので安心してくださいね。

そしてこの門を入って行くと・・・

中華街の公園

中華街の公園

中華街内にちいさな公園が出てきます。

老祥記はこの公園のすぐそばにあるので、公園に着けば老祥記に着いたも同然です。

スポンサーリンク

店舗の雰囲気

実は老祥記には、店舗が二つあるんです。

古い方の店舗

古い方の店舗

一つは”兵庫県神戸市中央区元町通2丁目1-14“にある店舗。

こちらは古い方ですね。

ただ、日によってはあいてないこともあります。

実際わたしが行ったときは閉まってました。

代わりと言っては変ですが、古い店舗が閉まってるときは新しい店舗が営業しています。

新しい店舗

新しい店舗

こちらが新しい店舗。

中華街の公園をはさんで古い店舗の向かい側にあります。

なぜか店名が「曹家包子館」となっていますが、ここは間違いなく老祥記です。

時間帯にもよりますが、たくさんの人が並んでいるので見つけやすいと思います。

店内の様子

店内の様子

さっそく並びます。

この日は平日の午前11時ごろ。

まだお昼時ではないんですが、すでに5組以上が並んでいました。

それでもオペレーションは早くて、10分も待たなかった気がします。

また、店内にはイートインスペースがあり、椅子が8個くらいありました。

スポンサーリンク

豚まんの値段

値段は1個90円。

一人3個から買うことができます。

たくさん買っても割引があるわけではありません。

(100個買っても9000円)

「老祥記」の豚まんを実食!

「老祥記」の豚まんを実食!

「老祥記」の豚まんを実食!

それでは早速「老祥記」の豚まんを実食するとしましょう!

わたしは最低単位である3個を注文しました。

老祥記の豚まん

老祥記の豚まん

常にできたてのホカホカを出してくれます。

生地も美味しい

生地も美味しい

驚いたことに、生地がけっこう美味しいんです。

繊細な舌触りがやみつきになりそう・・・!

餡はプルプル、味は奥深いダシの味

餡はプルプル、味は奥深いダシの味

一口目の感想は、「うますぎてビックリ」です。

こんなに美味しい豚まん初めてかもしれません。

もうね、「美味しい」としか形容できないのが悔しいんですよ。

「台湾人の嫁も、あまりの美味しさに震えていた」と言えば伝わりますでしょうか?

台湾といえば中華料理のメッカ。エルサレム。ブッダガヤの菩提樹。

絶品の小籠包や豚まんが星の数ほどあることで有名です。

ですが、そんな台湾出身のワイの嫁はんが美味しさのあまり言葉を無くしていたんです。

もうね、言葉でいくら伝えても伝わらないので、皆さんには実際に南京町まで来てもらいたいですね。

老祥記・まとめ

今回の記事はいかがでしたか?

実際に食べてみたくなった人がたくさんいることでしょう。

神戸が遠くて行けないという人も多いでしょう。

でも、何かの用事で神戸に寄る際はぜひトライしてみてくださいね!

老祥記

営業時間:10時〜18時半

定休日:月曜日

電話番号:078-331-7714

所在地:兵庫県神戸市中央区元町通2丁目1-14

公式サイト:http://roushouki.com

値段:豚まん1個90円

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー