名古屋・覚王山のおすすめ6選。ぶらぶら散歩に最適な名古屋の代官山

名古屋・覚王山でぶらぶら散歩デート!

名古屋・覚王山でぶらぶら散歩デート!

どうも〜、ゴダです。

先日、名古屋の覚王山という町に行きました。

名古屋によく行く人なら知ってるでしょうが、この町はとにかくオシャレ!

東京でいうと代官山に下北沢をプラスしたような雰囲気で、歩いてるだけで楽しいんです。

というわけで今回は名古屋・覚王山について。

おしゃれなレストラン特集のサイトはネット上にたくさんあるので、

ここでは覚王山をぶらぶら散歩した様子やおすすめのスポットを紹介します。

スポンサーリンク

覚王山とは?場所やアクセスは?

覚王山日泰寺 (かくおうざん にったいじ)

覚王山日泰寺 (かくおうざん にったいじ)

覚王山(かくおうざん)は、愛知県名古屋市千種区にある覚王山日泰寺を中心として広がるエリアを指します。

覚王山の街並み

覚王山の街並み

おしゃれな雑貨屋さん、カフェ、レストラン、美容室などがあり、散歩してるだけで楽しくなりますよ。

覚王山はH15の駅

覚王山はH15の駅

覚王山駅は名古屋市営地下鉄東山線にあります。

名古屋駅から乗り換えなしで7駅(約15分)で、アクセスはとってもいいんですよ。

スポンサーリンク

覚王山のおすすめスポット・見どころ6選

それでは早速、覚王山周辺のおすすめスポットをご紹介していきます。

覚王山は日泰寺だけでなく、他にもおしゃれなお店・遺跡・神社などがあります。

日泰寺参道(日泰寺商店街)

日泰寺参道(にったいじさんどう)

日泰寺参道(にったいじさんどう)

覚王山駅から日泰寺に至るまでの参道に、おしゃれな店が点在しています。

みたらし団子

みたらし団子

お腹が空いたらちょっと買い食いしたり、

インドっぽいお店

インドっぽいお店

インドの雑貨屋さんを見たり、

ドライフルーツを売るお店

ドライフルーツを売るお店

ドライフルーツのお店で試食したり買い物したり、

おしゃれなカフェ

おしゃれなカフェ

おしゃれなカフェ2

おしゃれなカフェ2

おしゃれなカフェで休憩したり、

日泰寺が見えてきた

日泰寺が見えてきた

ふらふら歩いてるうちに日泰寺が見えてきました。

なお、この参道では毎月21日に縁日が催されるのだとか。

あいにく私は21日以外に行ったので縁日は見られなかったですが、

縁日の日には屋台が100個くらい出店してものすごく賑やかになるそうです。

日泰寺参道

アクセス:覚王山駅のスターバックス横の道が参道です。

日泰寺(にったいじ)

日泰寺の山門(正門)

日泰寺の山門(正門)

日泰寺はタイ国王から贈られた仏舎利を安置するための超宗派の寺。

いずれの宗派にも属さない日本で唯一の超宗派寺院で、「日泰寺」は「日本とタイの寺院」という意味になります。

五重塔

五重塔

高さ30mの五重塔がありました。

本堂

本堂

本堂にはタイ国王より寄贈された金銅釈迦如来像(元タイ国宝)が祀られています。

国宝を他国に贈るってすごいですよね・・・。

鐘

寺院内では至るところにタイ文字が見られます。

わたしが訪問したときにはタイ人の参拝者もおり、改めてここが日本とタイのお寺であることを実感しました。

日泰寺(にったいじ)

所在地: 愛知県名古屋市千種区法王町1-1
電話番号:052-751-2121
開門時間:午前5時~午後5時
受付時間:午前9時~午後2時
入場料:無料

覚王山アパート

覚王山アパートの外観

覚王山アパートの外観

築約48年(2003年時)の建物の中に、作家の手づくり作品を扱うお店やアトリエ、古本カフェなど、アーティストやクリエイターの多い覚王山らしいお店が集まっています。

覚王山アパート公式サイトより

雰囲気的には東京の下北沢にありそうな感じでした。

雑貨屋さん

雑貨屋さん

お土産にできそうな可愛い雑貨がたくさん。

もちろんどの作品も買うことができます。

古本屋さん

古本屋さん

他にも古本屋さんやカフェが入っていました。

日泰寺への参道沿いに看板がある

日泰寺への参道沿いに看板がある

行き方はそこまで難しくありませんでした。

覚王山駅から日泰寺に向かう参道を歩いていると、左手側に看板が出ています。

そして、ここを矢印の方に曲がって行くと、下のような坂があるので、

坂

この坂を下っていくと右側にあります。

参道を曲がってから1分もかからないので簡単に見つかりますよ。

覚王山アパート

所在地:名古屋市千種区山門町1-13
アクセス:覚王山駅1番出口から徒歩5分
電話番号:052-752-8700
営業時間:11時〜18時
定休日:火曜日、水曜日
入場料:無料
公式サイト:http://kzapt.nagoya/index.html

揚輝荘(ようきそう)

 ※左が北園にある伴華楼(ばんがろう)で、右が南園にある聴松閣(ちょうしょうかく)です。

揚輝荘(ようきそう)は、愛知県名古屋市千種区法王町にある庭園。

元々は松坂屋の前身でもある「株式会社いとう呉服店」の初代社長・伊藤次郎左衞門祐民の別荘として、覚王山日暹寺(現在の覚王山日泰寺)に隣接する約1万坪(35,000平方メートル)の森を拓いて築かれた。

Wikipediaより

ここは建築や庭園が美しいことで有名な別荘。

北園と南園に分かれていますが、それぞれ徒歩5分ほどなので移動は楽チンです。

なお、特に注目したいのは、南園にある「聴松閣(ちょうしょうかく)」という建物。

地上三階の各室は各国様式がミックスされており、地階は全体がインド様式されているという、かなりユニークな建物なんです。

ちなみにこれらの建築は名古屋市の指定文化財となります。

覚王山に来たらぜひ足を運びたいところですよね。

揚輝荘(ようきそう)

北園の所在地:愛知県名古屋市千種区法王町2丁目5-21
南園の所在地:愛知県名古屋市千種区法王町2丁目5-17
電話番号:052-759-4450
営業時間:9時半〜16時半
定休日:月曜日、年末年始
入場料:北園無料、南園300円

城山八幡宮

城山八幡宮

城山八幡宮

厄除け開運、交通安全、縁結びが有名な神社。

特に縁結びのご神木「連理木」や恋みくじが人気でカップルや若者が多く訪れます。

ただ城山八幡宮は日泰寺とは別の方向にあり駅からも徒歩10分ほどかかります。

決してアクセスは良くないですが、ぶらぶら散歩しながら行くのも悪くないでしょう。

城山八幡宮

所在地:愛知県名古屋市千種区城山町2丁目88
電話番号:052-751-0788
通常受付時間:祈祷(9:15~16:00)/祈祷以外(9:15~16:30)

古川美術館

古川美術館

古川美術館

古川美術館(ふるかわびじゅつかん)は、愛知県名古屋市千種区にある美術館である。ヘラルドグループの創業者で初代館長である古川為三郎が収集した美術品コレクションを寄付し、1991年(平成3年)11月にオープン。近代日本画を中心とし洋画、陶磁器、工芸品などの作品を約2800点を収蔵している。また、分館として為三郎記念館がある

Wikipediaより

覚王山駅から徒歩5で行ける美術館。

日本画や洋画が多く常時展示されており、時季によって変わる展覧会もあります。

古川美術館

所在地:愛知県名古屋市千種区池下町2丁目50番地
電話番号:052-763-1991
営業時間:10時〜17時
定休日:月曜日
入館料:大人1000円

スポンサーリンク

最後に

日本とタイのお寺、高級住宅街、おしゃれなカフェやレストラン、下北沢にあるような雑貨屋さんがあったりと、様々な顔を持つ覚王山。

それゆえに、参拝、デート、買い物、観光など、様々な目的でまわることができます。

名古屋駅からも近くとても簡単に行くことができるので、遠方から来た方にもおすすめですね。

私は愛知県生まれ愛知県育ちなのですが、今回はじめて行ってちょっとハマりました。

是非是非みなさんも足を運んでみてくださいね。

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー