台湾の麻辣火鍋・おすすめチェーン店6つ。ハーゲンダッツ食べ放題!

台湾の麻辣火鍋・有名チェーン6店舗まとめ。高品質&食べ放題!

台湾の麻辣火鍋・有名チェーン6店舗まとめ。高品質&食べ放題!

どうも〜、ゴダです。

皆さんは麻辣火鍋って聞いたことがありますか?

麻辣火鍋とは、漢方などを入れた辛い鍋料理のこと。四川料理の一種です。

漢方というと薬っぽい味がしそうで食べる気がしない人もいるかもしれませんが、

麻婆豆腐のピリ辛に似た風味がするので、辛いものが好きな日本人は好きな確率が高いです!

かくいう私も実はかなりの麻辣火鍋マニアで、多いときは週1回くらいで食べてます(笑)

このとおり日本人でもハマってしまうくらい美味しい麻辣火鍋ですが、やはり台湾人にも大ファンは多いようで、台湾中に麻辣火鍋のチェーン店があります。

というわけで今回は台湾の美味しい麻辣火鍋チェーン店を紹介していきたいと思います。

辛い料理が苦手な人には合わないですが、辛いのが好きな人には是非トライしてみてほしい店ばかりです。

※店名をグーグルマップに入力すると、最寄りの店舗が検索できるよ!

スポンサーリンク

最初に 〜麻辣火鍋とは?〜

麻辣火鍋(マーラーひなべ、マァラァフオグオ、má là huǒ guō)は、中国で広く食される火鍋料理の一つである。火鍋子とも言い、辛い味付けが特徴である。重慶市で容易に見られる重慶火鍋は、麻辣火鍋の一種。

麻(中華山椒)、辣(唐辛子)などの麻辣味香辛料をベースとしたスープに野菜、肉団子、魚、鶏肉、臓物などを入れて煮込み、薬味を入れたごま油を付けて食べる。

麻辣火鍋は、台湾の火鍋にも「台湾式麻辣火鍋」として、そのバリエーションを見ることができる

Wikipediaより

上記のとおり麻辣火鍋はもともと四川料理なんですが、

美味しすぎて今では台湾で最もポピュラーな鍋料理の一つとなっています。

それほどまでに台湾人から愛されている麻辣火鍋。

では、一般の日本人旅行客はどこで麻辣火鍋を食べればいいのでしょうか?

以下で旅行の際でも気軽に入れるお店を紹介していきますね!

スポンサーリンク

台湾でオススメの麻辣火鍋店

鼎王麻辣鍋

まず、台湾のチェーン系麻辣火鍋店といったらまっ先に名前が挙がるのがここ。

台湾のチェーン系麻辣火鍋店のなかでは高級路線です。

特選霜降り牛肉 290元(約1060円)

豚肩ロース 280元(約1030円)

ホルモン 280元(約1030円)

エビとスミイカ盛り合わせ 299元(約1100円)

エビのつくね 268元(約1000円)

キャベツ 100元元(約366円)

などなど。

2人で食べると合計で2500元(約9164円)くらいはいきます。

まあでもクオリティが高いのでこの値段にも納得です!

なお、休日の夜でなければ予約なしでもスッと入れる可能性が高いですが、

それでも平日や昼間でもお客さんは多いので、

最悪待つことがあるのも想定してゆとりを持って行きましょう。

店舗情報

馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋

日本人の間ではあまり有名じゃないけど、現地ではかなり人気のチェーン店!

馬辣は食べ放題のお店です。

肉や海鮮や飲み物だけでなく、ハーゲンダッツなどデザート類も食べ放題なんです!!!

そしてなんと酒好きには有難いのですが、馬辣ではワインやビールのアルコール類も飲み放題です。

この通りか・な・り危険なお店ですので食べ過ぎ注意です!

ランチ 598元(約2200円)

ディナー 698元(約2555円)

週末・祝日 698元(約2555円)

値段もかなり良心的です。

アルコール飲み放題、ハーゲンダッツ食べ放題、肉の質も良い

この値段で本当にやっていけるのか心配です!

なお、鼎王と同じくこの店もいつも混み合っています。

休日は予約必須で、昼間でも待つ可能性が非常に高いです。

店舗情報

老四川

ここも台湾では定番中の定番。

中華風のレトロな雰囲気が素敵なチェーン店です。

食材は新鮮で種類も豊富。

とにかくクオリティが高い麻辣火鍋なんですが、

辛いものが好きな私でもけっこう辛かった記憶があります。

「小辣」と伝えると辛さ控え目にしてもらえるので、

「辛いのがそんなに得意じゃないけど食べたい!」という人は「小辣」と伝えてみましょう。

なお、値段はメニューが多岐にわたるので一言では言えませんが、

だいたい1人1000元(約3660円)くらいです。

店舗情報

太和殿

ここは台北1店舗、新竹1店舗、高雄1店舗と小規模なチェーン店ですが、

台北店は101タワーの隣の駅にあるので旅行客でも行きやすいです!

ちなみに値段は普通に食べて1人1000元くらいです。

店舗数が少ないためネット上の日本語情報も少ないですが、

公式サイトには日本語もあるので、写真を見るとイメージが湧きやすいかと思います!

公式サイト

無老鍋

こちらも台湾人の間では人気のチェーン系麻辣火鍋店。

「どれだけ麻辣火鍋のチェーン店があるんだ!?」と言いたくなりますが

それだけ台湾で麻辣火鍋が愛されている証拠です。

そうそう、ここは最近いってきたので、写真がいっぱいあります!笑

店の雰囲気は落ち着いててオシャレ

店の雰囲気は落ち着いててオシャレ

鴛鴦火鍋(二つの味がある)

鴛鴦火鍋(二つの味がある)

みよ!この牛肉の鮮度を!

みよ!この牛肉の鮮度を!

海鮮盛り

海鮮盛り

名物の冰淇淋豆腐(アイスクリーム豆腐)

名物の冰淇淋豆腐(アイスクリーム豆腐)

アイスクリームのような滑らかで柔らかな食感が特徴的なお豆腐。

私はそこまででしたが、ハマる人はハマるようです。

ゆずシャーベットジュース

ゆずシャーベットジュース

麻辣火鍋を食べていると、さっぱりした「ゆずシャーベット」が飲みたくなります。

素敵なサイドメニューですね。

というわけでここもかなり人気の麻辣火鍋店なのですが、

わたしは他店と比べると味が薄いように感じました。

「もっと辛いのがいい」という場合は、「加辣」と伝えてみましょう。

また、値段は他のチェーン店とあまり変わらず。

だいたい1人1000元くらいです。

店舗情報

辛殿麻辣火鍋

ここは店舗数が少なくあまり有名ではありません。

でも味は決して劣ることはなく、むしろ今回紹介した中では一番美味しかった気がします。

しかも食べ放題で値段も割安。かなりオススメです。

↑ここもつい最近行ってきました(笑)

店の雰囲気は落ち着いている。椅子もふかふか。

店の雰囲気は落ち着いている。椅子もふかふか。

ここも馬辣と白湯の鴛鴦鍋(2つの味)

ここも馬辣と白湯の鴛鴦鍋(2つの味)

薬味の種類がとても多かったです!

薬味の種類がとても多かったです!

肉!

肉!

海鮮!

海鮮!

ハーゲンダッツも食べ放題

ハーゲンダッツも食べ放題

食べ放題とは思えないほど、どの食材を食べても美味しかったです。

特に海鮮系は安っぽい味がせず新鮮でした。(ありきたりな表現ですみません汗)

チョコケーキ

チョコケーキ

チーズケーキ

チーズケーキ

マンゴープリン

マンゴープリン

特にここはハーゲンダッツが食べ放題なだけでなく、各種ケーキ類も食べ放題。

この日はデザートだけで2000カロリーくらいとったんじゃないかってくらい甘いものを食べました!(悲報→そして太りました)

とにかくオススメな辛殿なのですが、

何と言っても値段の安さが一番のポイントのような気がします!

平日ランチ 498元(約1823円)

平日ディナー 598元(約2190円)

休日 598元(約2190円)

※プラス10%のサービス料

本当にこの値段で大丈夫なのか心配になってきますよね!

店舗情報(まだ台北に2店舗のみのようです)

スポンサーリンク

麻辣火鍋チェーン店まとめ

みなさん、今回のまとめ記事はどうでしたか?

きっと台湾好きな人や麻辣火鍋好きな人の中には、

知ってる情報がたくさんあったことでしょう。

これらの店は私が実際に食べ歩いて美味しいと感じた店ばかりなので、

辛いもの好きな日本人の皆さんにも合うことと思います。

小籠包やマンゴーかき氷も美味しいですが、

たまには本格的な麻辣火鍋も食べてみてはいかがでしょうか?

番外編!家でも馬辣の味が楽しめる!

なんと上で紹介した「馬辣」の麻辣火鍋のスープが、台湾のスーパーで購入できます!

スーパーで売ってる麻辣火鍋スープの素

スーパーで売ってる麻辣火鍋スープの素

中には5種類の袋が!

中には5種類の袋が!

お湯を準備します

お湯を準備します

調理袋を全て入れるとこんな色に!!!からそう!

調理袋を全て入れるとこんな色に!!!からそう!

スーパーで買ってきた食材を入れてしゃぶしゃぶします

スーパーで買ってきた食材を入れてしゃぶしゃぶします

ご覧の通り、作り方は全てのものを鍋に入れるだけ。

水の分量さえ間違えなければ、誰でも美味しく作ることができます。

ちなみに私がこれを買ったのは「全聯」という台湾のチェーン系スーパー。

台湾中のスーパーで購入できると思いますので、ぜひ旅行の際に探してみてくださいね♪

値段は200元くらいだったかな?

では、今回はここまで。

SNSでのシェアや保存はコチラ

SNSでゴダラボをフォロー